猫のマーキングとスプレーの意味は?やめさせる方法は?対処法は?

猫はマーキングという、自分の縄張りにニオイを付ける習性があります。マーキングにはいくつかの種類があり、スプレーという行為が悩みのポイントになります。猫がマーキングやスプレーを行う意味、やめさせる方法、対処法についてまとめました。


 

猫はなぜマーキングをするの?

猫_なでる

猫は犬と異なり、集団行動ではなく独立した行動をとる動物です。自分だけで縄張りを守るため、目印としてのマーキングを行うことが目的といわれています。マーキングは尿や糞、唇の両側(口周囲腺)などを使って行います。爪とぎもマーキングの一種です。目的によって複数のマーキング方法を使いわけます。代表的なものは以下の2つです。

 

縄張りのアピールをするマーキング

自分が元気で勢いのある猫だとアピールするときには、盛大に爪とぎをします。この時は肉球から元気をあらわすニオイが出ています。「強くて元気な猫がいるぞ、よそから入ってくるなよ!」と、テリトリーを守るためにするマーキングです。爪とぎに関するしつけや対策は、関連記事を参考にしてみてくださいね。

 

好きなものにニオイをつけるマーキング

家具や飼い主の足に顔をこすりつけてマーキングしているとき、猫はとてもリラックスしています。自分の縄張りの内側に信頼する飼い主がいて、とても安心しているのです。このとき猫は、頬やアゴにある分泌腺からニオイを出していています。猫がよく顔をこすりつけている場所を見ると、うっすらと色がついていることがありますよ。

 

猫のマーキング、スプレーとは?

猫_マーキング

猫のマーキングで、最も困るのがスプレーというマーキングです。不安を抱えているときや、見知らぬ猫が現れたときなどに、猫はいつもより濃いおしっこをすることで縄張りの存在を主張します。爪とぎや唇の両側(口周囲腺)の分泌物を使ったマーキングに比べてスプレーのマーキングはニオイが強いため、とくに室内飼いだと悩みの種になることが多いのです。

 

スプレーをやめさせる方法は?

猫 女性 ソファ 赤い

オス、メス問わずにスプレー行為をすることがありますが、今回はオスのスプレー行為をやめさせる方法をご紹介します。メスはオスに比べて頻度が低く、スプレー自体の範囲も狭いためです。スプレー行為をやめさせる最も一般的な方法は、オス猫が成熟する前に去勢手術を受けさせることです。ほとんどの場合これでスプレー行為を防げます。一度でもスプレー行為をした猫に去勢手術を受けさせた場合は、完全に防ぐことは難しいといわれています。スプレー行為は発情期になると覚える猫が多いので、生後5ヶ月をすぎたあたりから注意が必要です。覚える前に去勢するのがオススメです。

 

スプレーへの対処法は?

悩む_女性

猫がスプレーをするときのきっかけは、不安な気持ちです。不安なときに飼い主から叱られると、猫はますます不安を感じてしまい、スプレーの頻度を増やしてしまうことがあります。叱らないようにしてあげてください。

後始末を行う

まずは必ず後始末してください。特にニオイが残った場所では再びスプレー行為をしますので、完全にニオイを消す必要があります。スプレーされた場所を中性洗剤でよく拭き取り、アルコール、ペット用の消臭剤でニオイをよく消します。それでもニオイが残った場合、熱湯をかけてください。おしっこのニオイ成分は、熱湯によってほぼ分解されるからです。熱湯がかけられない場所の場合は、薄めた漂白剤で拭くのもおすすめですよ。

再発防止策は?

スプレー行為の再発防止策は「猫が不安に感じるものを取り除く」「スプレーされたくない場所には忌避剤(きひざい)という猫よけを使用する」などがあげられます。猫は、人間が気にならないような物音や、見知らぬ人、新しいものを警戒する傾向があります。忌避剤は、どうしても特定の場所へのマーキングをやめさせたいという場合の使用をおすすめします。ペットショップやインターネットで手軽に購入できますよ。

 

猫の気持ちを考えてあげてください

女性 猫 だっこ 甘える

猫がマーキングをするのには理由があります。人間には感じないニオイを出すマーキングでは実害はありませんが、スプレー行為の対処はとても大変ですよね。いつもと違うことが起きたとき、猫は強い不安を覚えます。飼い猫が急にスプレー行為を始めたときは、何か変化はなかったかを確認してください。原因になる要素を見つけて、取り除いてあげることができると愛猫は喜びますよ。