猫ニキビとは?原因と治療法は?あごの黒いできものに注意!

人と同じように猫にもニキビができるのをご存じですか?猫のあごに黒いポツポツとした小さなツブがあれば、それは猫ニキビや、座瘡(ざそう)と呼ばれるものです。今回は猫ニキビの原因や治療法、対策をまとめました。

 

猫ニキビはあごの黒いできもの!原因は?

猫 寝転ぶ ゴロゴロ

猫ニキビとは、猫のあごの下にできる黒い、小さなできもののことです。動物病院では座瘡と呼ばれます。猫ニキビの原因はハッキリとわかっていませんが、以下の4点が主な原因ではないかといわれています。

 

毛根の汚れ

ストレスが溜まったりごはんが体質に合わなかったりすると皮脂が過剰に分泌され、毛根に脂やフケが溜まり、猫ニキビを引き起こすと考えられています。

毛づくろい

猫は自分で毛づくろいしますが、手を怪我したり、エリザベスカラーをしていたりして十分に毛づくろいができないと猫ニキビができるといわれています。

食器が不衛生

食器が汚れていると、猫がごはんを食べるときに汚れた食器があごに触れ、雑菌があごについて猫ニキビになることもあるようです。

避妊や去勢、病気を治すための薬

避妊や去勢、投薬によるホルモンバランスの乱れも猫ニキビを引き起こすといわれています。

 

猫ニキビ、治療法は?自然治癒はする?

猫_だっこ

自然治癒は難しいといわれています。猫ニキビは放っておくと猫がかゆみを感じて患部をひっかくため、出血や細菌感染による新たな病気を引き起こします。放っておいても治りづらく、他の病気を引き起こすので、猫ニキビを発見したらすぐに病院にいき、治療をしてもらってくださいね。

また、猫ニキビを潰したり、無理やり取ったりしないでください。傷口に細菌が感染し、赤くただれることがあるからです。動物病院を受診すると抗生物質やステロイド軟膏を処方されることが一般的です。使用頻度と使用量を守って処置してあげてくださいね。

 

猫ニキビ、予防法は?

基本的には患部を清潔に保つのがポイントです。お湯で濡らした柔らかいガーゼで定期的に患部をふいてあげましょう。特に食事のあとは口のまわりが汚れるのできれいにしてあげてくださいね。イソジンを薄めたものでガーゼを濡らすのも効果的です。病気を引き起こす細菌は湿気が大好きなので、患部を拭いたあとは濡れたままにしないでくださいね。

「あごの下の毛を短くカットして汚れが残りにくくする」「定期的に消毒薬を使って肌を消毒する」「食後に口の周りをふく」などをして、常に清潔な状態であれば、猫ニキビができにくくなりますよ。

 

猫ニキビは気長に治そう

猫

飼い主が気になって「早く治したい」と焦りがちな猫ニキビですが、気長に処置するのがポイントです。肌を清潔にすることを心掛け、毎日のケアを怠らないようにしてくださいね。