ハリネズミが冬眠や夏眠をしたら?対策まとめ!

ハリネズミカフェの人気と共にペットとして飼われることが増えたハリネズミですが、飼育に関する情報は少ないのが現状です。

冬眠や夏眠は命に関わる問題なので、不安に思う飼い主さんも多いですよね。

この記事では、ハリネズミの夏眠や冬眠ついてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ハリネズミにとって適切な温度と湿度は?

ハリネズミ

温度

  • 22~27℃

湿度

  • 40~60%

個体差はありますが、ハリネズミにとって快適な環境は温度22~27℃・湿度40~60%です。

冬は20℃を下回ると動きが鈍くなりますし、夏は30℃を超えたり湿度が高くなったりすると体に負担がかかります。数日ほど元気でいても、突然体調を崩すこともありますよ。

適切な湿度は40%といわれることが多いですが、乾燥しすぎても皮膚病になることがあります。様子を見ながら調整してあげてくださいね。

 

ハリネズミは冬眠・夏眠させてもいいの?

ハリネズミ
本来、野生のハリネズミ(ヨツユビハリネズミ)は冬眠をしません。

飼育下における冬眠は仮死状態であり、命に関わるので冬眠させないように飼育しなければなりませんよ。

また、夏眠もさせないように飼育する必要があります。

暑くなると動きが鈍くなり夏眠することがありますが、夏眠後には内臓に問題を抱えることが多く長生きできないことが多いですよ。

飼育下における夏眠のメリットは一つもないので、させないほうが賢明です。

 

ハリネズミの冬眠まとめ

ハリネズミ

ハリネズミの飼育に際しては、冬眠させない飼育を心がける必要があります。

 

冬眠した場合の症状とは

「動きが鈍くなる」「手の平に乗せたとき手足が冷たい」などの症状がみられます。

体を丸めて動かなくなったら、冬眠をしていると判断することが出来ますよ。

 

冬眠した場合の起こし方と注意点とは

起こし方

まずゆっくりと体温を上げます。

ペット用のヒーターの上にフリースなどを敷いて、その上にハリネズミを乗せてください。待っている間に、ハチミツを濃い目に水に溶かしておきます。

体が温まると動き始めるので、ハチミツ水をスポイトかシリンジで飲ませます。焦らず少しずつ飲ませるようにしてくださいね。

冬眠をすると内臓を痛めている可能性があるので、元通りに戻ってから病院で診てもらうことも忘れないでください。

 

注意点

冬眠しているのを見つけたら直ちに起こしますが、ドライヤーなどを使って急速に温度を上げないよう注意してください。

心臓に負担がかかって、そのまま亡くなってしまうことがあります。

 

冬眠しないようにするため、寒さをしのぐ方法は?

冬眠を防ぐ方法

  • エアコンで室温を上げる
  • ケージに保湿カバーを付ける
  • ペット用ヒーターを使う

ハリネズミを飼育している室内は、「エアコン」などを使って暖かくしておきます。

床の近くは思いのほか冷えていることが多いので、ハリネズミのケージを低い位置に置いている場合は小型の「扇風機」で暖かい空気を循環させてください。

ケージを使っている場合は、ケージ専用の「保温カバー」を取りつけます。なければ「アルミシート」や「発泡スチロール」でケージを覆うようにしてください。保温性の高い衣装ケースやガラスの水槽に引っ越しをする方法もありますよ。

ケージの中には、小動物用の「保温電球」や「ペット用のヒーター」を置きます。寝床の下を温めるときは、ヒーターは火傷防止と掃除のしやすさを考えて布を巻いておくと良いですよ。寝床に「フリースの敷物」を入れてあげても良いですね。

 

ハリネズミの夏眠、暑さをしのぐ方法は?

ハリネズミ
ハリネズミは暑くなると夏眠をしますが、同時に熱中症や脱水症状の危険もあります。

日本の高温多湿の夏を、うまく工夫して乗りきってくださいね。

 

夏眠した場合の症状とは

ケージの中が30℃を超えていると、ハリネズミはぐったりと動かなくなります。

夏眠なのか熱中症なのか区別は難しいですが、熱中症の場合は体温が上がるだけでなく呼吸が荒くなりヨダレもたくさん出てきます。重症化すると、けいれんを起こして最悪の場合は死んでしまいますよ。

 

夏眠した場合の対処方法とは

夏眠した場合、まずゆっくりと体温を下げます。

ハリネズミを涼しい場所に移動させてから、冷たく濡らしたタオルをビニール袋に入れてビニール越しに体を包むようにしてください。

元通りに戻ったら、必ず病院で診てもらうことを忘れないでくださいね。

 

夏眠しないように暑さをしのぐ方法は?

夏眠を防ぐ方法

  • クーラーで室温を保つ
  • 直射日光を避ける
  • 保冷剤をケージ内に入れる

ハリネズミがいる室内は、「クーラー」を使って一定の温度を保ちます。扇風機の併用もおすすめです。

ケージを直射日光があたらない位置に移動させたり、ケージの中にタオルでくるんだ「保冷剤」や「凍らせたペットボトル」を入れる方法もおすすめです。ペット用の「ひんやりマット」や「大理石の板」「陶器の皿」を入れておくと、ハリネズミが上に乗って涼みますよ。

 

ハリネズミの生活リズムを大切にしよう!

ハリネズミ
ハリネズミは暑さ・寒さに弱い動物です。

冬場は1日中寒いのでケージ全体を保温のために覆う必要がありますが、ずっと覆っていると体内時計が狂い生活のリズムが乱れます。

生活リズムの乱れは病気の原因にもなりかねないので、十分に気をつけるようにしてくださいね。

ハリネズミの特徴と飼い方のポイントと、飼育グッズまとめはこちらの記事で紹介しています。