猫のノミ(ネコノミ)の症状、おすすめの駆除・取り方は?人間にうつる?

猫を飼う上で、気をつけたい身近な病気のひとつに「ノミ」という寄生虫があります。ノミが寄生すると、猫は強いかゆみに苦しむので大きなストレスがかかってしまいますよ。今回は猫のノミについて、症状や駆除・ノミ取りの方法、そして予防の方法をご紹介します。

 

猫に寄生するノミ「ネコノミ」とは?人間にもうつる?

猫_かゆい_ノミ

ノミには、「ネコノミ」「イヌノミ」など数多くの種類がありますが、猫の場合はほとんど「ネコノミ」が寄生します。ネコノミは人間にもうつる怖い寄生虫です。

ネコノミは体長2~3mmの大きさで、気温18~27℃、湿度75~85%程度の環境で活発化し、猫の体表で産卵して増殖します。ノミは成虫1匹につき、1日4~20個ほどの卵を産み、条件が揃うと、一生のうち1匹で1000個以上の卵を産むといわれています。

卵は早ければ2日で幼虫になるのであっという間に繁殖します。春から夏にかけて繁殖しやすいノミですが、室内であれば年中、繁殖できてしまいます。

 

ノミが猫に寄生するとどんな症状が出る?他の病気につながる?

ノミは吸血虫ですので、猫に噛みつきます。噛まれた傷で強いかゆみが引き起こされるので、体を頻繁にかきむしるといった症状が見られるようになります。

さらに、ノミは他の病気を引き起こしてしまう厄介な寄生虫です。ノミが引き起こすかゆみで猫が体をかいて皮膚に傷ができると、ウイルスや細菌に感染しやすくなります。ノミの唾液にアレルギー反応を起こす「皮膚病」のほか、赤血球が異常化し貧血になってしまう「マイコプラズマ感染症(猫ヘモバルトネラ症)」などの病気につながることがあります。

ノミは他の寄生虫も媒介します。ノミの体内には、サナダムシともよばれる寄生虫「瓜実条虫(ウリザネジョウチュウ)」が寄生します。瓜実条虫の幼虫を持ったノミを猫が毛づくろいなどで飲み込んでしまうと、お腹の中に瓜実条虫が寄生してしまい、下痢や嘔吐を引き起こします。

 

猫のノミの駆除・ノミ取り方法は?つぶさないで!

猫_ノミ_退治

おすすめの駆除方法・ノミ取り方法

  • ノミ取りグシ
  • ノミを水につけておく
  • ノミをつぶさない

猫についたノミを駆除するには、ノミを体の表面から取り除いてあげましょう。猫の毛に付いているノミは「ノミ取りグシ」を使うと簡単に取れますよ。かゆみや傷があると猫は触られることを嫌がりますが、根気強くノミ取りグシで毛をブラッシングしてくださいね。シンプルな方法ですが、ノミは体が大きいのでクシで取ることができるのです。

取ったノミは水につけておくと、水の中で溺死します。ゴミ箱に捨てただけではゴミ箱の中で繁殖してしまいますので、忘れずに水につけておきましょう。ノミを物理的に駆除するのと同時に、動物病院でノミ駆除用の薬をもらい、猫に使うようにしましょうね。

一番やってはいけないのは「ノミをつぶすこと」です。つぶしてしまうと、ノミの体内にある卵が飛び散り、ノミを撒き散らしてしまいますよ。

 

猫にノミを見つけたら、家を徹底的に掃除して退治しよう!

猫_ノミ_掃除

おすすめの掃除方法

  • 電子のみ取りホイホイ

猫にノミが付いていたら、猫の行動範囲全てにノミがいるといっても過言ではありません。掃除機をかけ、ガムテープや粘着テープを使って絨毯や布団を掃除しましょう。おすすめのノミ退治グッズは、光に集まるノミの習性を利用した「電子ノミとりホイホイ」です。「電子ノミとりイホイ」を使うと、効率的に多くのノミを一箇所にまとめ、一気に駆除することができますよ。

ノミを徹底的に駆除するには、少なくとも1ヶ月はこういった掃除を続けてくださいね。ノミの成虫が1匹いるということは、その何倍もの幼虫や卵が家にいるということです。ノミ根絶はなかなか難しいのですが、数を減らすためにもノミ取りや駆除は続けることが大切ですよ。

Amazonで確認する

 

猫のノミ、予防はどうすればいいの?

猫_ジャンプ (1)

猫にノミが寄生するのを予防するには、ノミを寄せつけないことと、早期にノミを発見することが大切です。

外を散歩すると、どんなに駆除してもすぐにノミを体に付けてきてしまいますので、できるだけ室内飼いにしましょう。外に出ないとストレスが溜まってしまう猫の場合は、毎日ノミを駆除することが大切です。ノミ取りグシを使ったノミ取りを毎日行うほか、動物病院で販売されているノミ取り駆除薬を定期的に使うことで、ノミの寄生を防止することができますよ。庭に野良猫が入ってくる場合も、外に猫を出すのと同様に注意が必要です。野良猫には高い確率で寄生虫が付いているので、飼い猫の行動範囲内に野良猫が入ってこないようにしてくださいね。

ノミはとても小さな虫ですが、大きな病気に感染するきっかけになり、一緒に生活する人間も被害を受けてしまいます。ノミに寄生されることがないよう、予防を心がけてくださいね。