秋田犬の性格、しつけ方、大きさや体重など体の特徴は?

秋田犬は「忠犬ハチ公」として知られ、日本だけではなく世界中から愛されています。可愛らしさと凛々しさを兼ね備えた外見や、飼い主への忠誠心の厚さが魅力的な犬種です。しかし、猟犬・闘犬としての性質も持つ秋田犬を飼う上では、正しい飼い方としつけをすることはとても大切です。今回の記事では、秋田犬の性格、大きさ・体重など体の特徴、しつけのポイントをご紹介します。

 

秋田犬ってどんな犬?天然記念物でもある秋田犬の歴史

秋田犬_子供

秋田犬は天然記念物に指定されている日本犬種の中で、唯一の大型犬です。熊の猟犬として活躍していた「秋田マタギ」が秋田犬の先祖にあたります。本来は中型犬でしたが、江戸・明治時代に、闘犬に出させるため、強くて大きい犬と交配させ、大型化したという歴史があります。かつては絶滅の危機にも瀕したのですが、秋田犬の保存会の尽力により、絶滅を避けることができました。

 

秋田犬の体の特徴は?大きさ・体重はどれくらい?

秋田犬_全身

秋田犬は、肉付きの良い、がっしりとした体型と長い足が特徴です。三角形の耳と目には力強さがあり、尻尾は太い巻き尾をしています。成犬の体高はオスで64~71cm程度、メスは58~66cm程度です。体重はオスで39~59kg、メスは27~50kg程度です。均質の取れた体は世界中で「美しい!」と評されているようですね。

猟犬・闘犬として活躍していたことから、強い力と優れた体能力、そして非常に大きな声量を持っています。立派な二層の被毛で覆われ、冬の寒さに強いのも特徴です。見た目の通り、暑さには弱いようですね。

 

秋田犬の性格の特徴は?

秋田犬は飼い主に忠実で、よく言うことを聞き、家族をしっかり守ろうとするため、番犬としても高い能力を持っています。しかし、頑固で独立心も強いため、飼い主以外には攻撃的になり、威圧感を与えることも多いようです。個体差も大きいので、全ての秋田犬が「忠犬ハチ公」のようになるわけではないことを覚えておきましょうね。さらに、感受性が強い犬なので、急に驚かすなど嫌なことをされると、驚きや不快感から危害を加えてしまう危険性もゼロではありません。

ペットとして飼うのは簡単ではありませんが、賢く従順で、飼い主に寄り添う、素晴らしい犬種です。

 

秋田犬にはどんなしつけが必要?

秋田犬1

秋田犬を素晴らしい家庭犬に育てるには、何よりも正しいしつけが重要です。海外でも、映画などの影響から人気が高まり、飼育する人も増えましたが、それだけに重大な噛み付き事故も残念ながら起きています。大型犬の中でも事故が多い犬種であることを認識し、主従関係をしっかりと覚えさせたしつけを行う必要がありますよ。

しつけのポイントとしては、まずは「飼い主がリーダーであること」を子犬のうちからしっかりと教えることが大切です。溺愛して過保護に育てると、成犬になってから大変な思いをします。主従関係を教えた上で、「噛み癖」「吠え癖」は厳重にしつけを行いましょうね。秋田犬はとても声が大きいので、吠え癖がついてしまうと室内で飼うことは難しくなります。

徹底したしつけが必要な犬種なので、始めて犬を飼う方には飼育が難しいといわれています。初心者の方が秋田犬を飼う場合、ドッグトレーナーに相談するなど、経験者のサポートを受けることをおすすめします。

 

秋田犬におすすめのドッグフードは?

カナガンドッグフード

秋田犬におすすめのドッグフードは「カナガンドッグフード」です。

カナガンはグレインフリーのドッグフードです。合成添加物も使っていない、最高品質のドッグフードですよ。

原材料には人間の食事と同じ品質水準のものを使っています。栄養バランスにも優れていますよ。

粒はドーナツ型になっているので、噛み砕きやすく、喉につまらせる心配もありません。

 

秋田犬におすすめな最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

秋田犬、飼う上での注意点は?

いくらしつけをきちんと行っても、犬がストレスを溜め込んでしまうと攻撃的になってしまう可能性があります。犬がストレスを感じることがないよう、毎日散歩に連れて行き、エネルギーを発散させてあげてくださいね。また、犬が愛情不足を感じることがないよう、ブラッシングをしながらスキンシップをとることで、愛情をたくさん注いであげてください。

秋田犬は、正しく飼育できれば素晴らしいパートナーになる犬種です。しつけや飼育の注意点を守りながら、飼い主に寄り添い、守ろうとしてくれる秋田犬とすばらしい毎日を送れるといいですね。

秋田犬がかかりやすい病気についてはこちらの記事です。

秋田犬の飼い方についてはこちらの記事です。