猫草は必要?子猫にも与える?吐かないときはどうする?

園芸店の隅っこには必ずと言っていいほど、小さなイネ科の植物が置いてあります。パッケージには「猫の草」とあり、猫はこの草を食べることによって胃にたまった毛を吐き出すといわれています。外に出る猫には必要なく、完全室内飼いの猫に必要なグッズとされていますが、果たして本当に必要なのでしょうか?

 

猫が猫草を食べる理由は?

猫 ハーネス

猫が猫草を食べる一番の理由は、とがった葉っぱを食べることによって胃壁を刺激し、胃の中に溜まった毛繕いの毛などを吐き出すためです。ほかにも、食物繊維を取ることで排泄を促している、葉に含まれる微量のビタミンを摂取している、しゃりしゃりとした食感を楽しんで嗜好品として食べる、などの説もあります。

現在のキャットフードには適度な食物繊維が含まれており、猫草を食べて嘔吐しなくても自然と排泄されてしまう場合がほとんどです。嘔吐すると、食道などが胃液で荒れてしまうので、できるだけ便と共に排泄させてあげたいですよね。愛猫が長毛種の場合は、短毛種に比べて胃に停留することが多いので、飼い主が日々のブラッシングで抜け毛を取り去ってあげることも大切ですよ。

 

猫草は子猫に与えても大丈夫?

草原の猫

上記のように近年のキャットフードの進歩から、猫草の必要性はあまりないように思われますが、中には好んで猫草を食べる猫もいるので、与えても大丈夫です。しかし、あまり小さい子猫に与えると、消化しきれずに不要な嘔吐や下痢を引き起こす可能性があります。生後1年が過ぎるまでは食べないように注意してあげてください。

 

猫草を食べたのに吐かない!対処法は?

お悩み 塀の前 女性

なかには猫草を食べても吐かない猫もいます。「毛玉対策のために食べさせているのに吐かない…」と心配する必要はありませんよ。最近のキャットフードには、毛玉対策として適度に食物繊維が含まれていることがほとんどです。

猫にとっても上から出すのではなく、便と共に排泄させた方が負担も少ないので、毛玉を排出させるために猫草を与えている飼い主は毛玉対策を優先したキャットフードを取り入れるのがオススメです。

 

猫草を食べるのが好きな猫もいる

キャットフードの進歩から、最近では猫草が必要になる場面はあまりないかもしれません。しかし、生まれつき葉っぱ類が好きな猫もいます。室内のインテリアとして置かれている観葉植物などの葉をかじられてしまうのはショックですよね。

また品種によっては猫にとって害のある可能性もありますので、猫が嗜好品として草類を好む場合は、無理やり取り上げることはせず、適度に猫草を与えるようにしましょうね。