猫に元気がない理由は?ご飯を食べない?危険なときのサインは?

大切なペットには、いつでも元気でいて欲しいものですよね。しかし、ペットも生き物ですから、時には体調を崩すことがあります。

その中でも、愛猫が突然ご飯を食べなくなっちゃった…って経験はありませんか?

「風邪を引いたのかな…?
「まさか病気にかかったの…?」
「何か悪いものを食べちゃった…?」

と、原因がわからないと不安になりますよね。でも、猫がご飯を食べなくなる理由は、病気だけではありません。

ご飯を食べなくなる理由って?
どうしたら食べてくれる?
そういう時におすすめのフードって?

など、この記事では、猫に元気がない理由やご飯を食べない理由と対策、病気の見分け方などについてまとめています。

普段から様子をよく観察し、気になるときにはすぐに対応できるように心がけてください。猫を飼っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

猫に元気がない理由は?

猫_もみもみ_ウールサッキング

猫は一日の大半を寝て暮らしていますが、それでも起きているときは元気で食欲もあり、おもちゃで遊んだり、盛大に爪研ぎしたりするものです。それが、名前を呼んでも反応しない、食事を出しても食べないなど、明らかに普段と違った様子で元気がなくなることがあります。主な理由はいくつかに分類できるので、以下でご紹介しましょう。

体的な理由

知らないうちに高いところから飛び降りて骨が折れてしまった、足の裏の肉球を何らかの事故で傷つけたなど、発見しにくい体的な障害がある可能性があります。骨折など骨に関する場合は、損傷個所が見えないため、獣医師に診てもらわないと発見は難しくなります。

心理的な理由

引越をした、新しいペットや家庭内に赤ちゃんが増えた、また、気候が暑かったり寒かったりするだけでも猫にとって大きなストレスになって元気がなくなることがあります。人間にとっては気にならないようなことでも、猫にとっては突然の出来事で心の整理ができていないこともありますよ。

猫が病気のときに見られる症状は?

猫_病気

猫の病気に多く見られる症状としては、「食欲が無くなる」「何度も吐く」「咳をする」「元気がなくなり、疲れやすくなる」「触られるのを嫌がる」「尿が出なくなる」「下痢・血便をする」などがあります。いずれも、普段から猫のことをよく知っている飼い主でなければ気づけないことが多いといえます。

普段から猫の食事量や水を飲む量を把握し、トイレ掃除はできれば排泄のすぐ後にするなどして、早期発見を目指したいものですね。

猫は弱っていることを隠す

野生など基本単独行動をする猫は、体調が悪いと他のものに見つからないような場所で安静にし、回復を待つ習性があるようです。飼い猫の場合でもそういうことをするため、飼い主が気付く頃には病気も相当に進んでいる場合があります。

猫といえばよく寝る生き物ですが、その寝方で体調が悪いことを見抜ける場合があります。いつもと違う場所で寝ていたり、お腹を守るよにして寝ているなどしていれば、それは不調のサインかもしれません。

また、それは食事にも現れます。うちの子は偏食だから…という方も多いかと思いますが、食べない時間が長ければそれは危険です。

以下では猫が食事を摂らない原因や、可能性のある病気について説明していきます。小さな異変にもできるだけ早く気づいてあげ、元気で過ごせるようにしてあげましょう。

食欲がなく、ご飯を食べない原因とその対処法は?

猫 素材

そもそも猫の偏食は本能?

そもそも、好き嫌いをせずなんでも食べてくれる猫の方が少ない、というのはご存知ですか?

野生の猫は肉食なので、ネズミ、うさぎ、小鳥、虫などを食べています。ですが、毎回同じものを食べるのではなく、さまざまなものを交互に食べていることがわかっています。

これは、ネオフィリックと呼ばれる本能によるもので、さまざまな食材を口に入れることで、栄養バランスの偏りを本能的に回避していると考えられています。

ただ、猫はネオフォビアという性質も備えていて、こちらは「新しい食べ物を警戒する」という本能です。同じフードを食べ続けると飽きてしまうこともあるし、かと言って突然フードを切り替えてしまうと食べなくなるということが起こります。

他にも、運動不足などが原因で消費カロリーが低くなってしまい、猫自身が「今の体にご飯は要らないな…」と本能的に判断して食事を摂らなくなることもあります。

本能以外だと、人間が原因で偏食となってしまうこともあります。

猫の好き嫌いは、子猫の間に形成されると言われています。そのため、子猫の時期に、好きなおやつばかり食べさせたり、適当な時間にご飯を与えたりしていると、偏食になってしまいます。

子猫のうちから、規則正しい時間に適切な量の、栄養バランスのいいフードを与え、ご飯のリズムを作ってあげることがとても大切です。

他にも、猫が偏食になる理由、突然ご飯を食べなくなってしまう理由はいくつかありますので、次はその理由や気をつけるべき食べない時間の長さについてご紹介します。

どの位食べないと危ない?その目安は?

愛猫が「1食分食べなかった」だけであれば、食欲不振かどうかは判断できません。問題は、いつも食べている食事量に変化があり、ご飯を食べない状態が続いた場合です。

また、年齢によって気をつけたい時間も違います。

年齢 時間
1ヶ月〜2ヶ月 8時間以上
2ヶ月〜3ヶ月 12時間以上
3ヶ月〜4ヶ月 16時間以上
1歳〜 24時間以上

この表にかかれている時間以上何も食べていない場合は、注意が必要です。

考えられる主な原因と対処法は?

猫は、食欲不振で飼い主を悩ませることが多々あります。ご飯を食べない場合、病気でなかったとしても栄養不足や免疫力、体力の低下が気になります。

猫がご飯を食べなくなる代表的な理由を6つ挙げました。食事をとらないのは健康上良くないので、それぞれの理由に沿った対策をとってみてくださいね。

猫がご飯を食べない理由

  • 同じメニューに飽きた
  • 新しい食事が気に入らない
  • 繁殖期
  • 夏バテなど季節要因
  • 外で何かを食べた
  • 器が深すぎ、汚い

同じメニューに飽きた

体調が良いのに餌を食べない場合は、餌自体に不満があることが考えられます。同じメニューを嫌がる場合は「栄養に偏りがあり、別の物を食べて不足分を補おうとする本能が働いている」という説もあります。

ご飯の内容を変えてあげると食べるようになることもありますよ。「ご飯が冷たくて嫌」「食べなければもっと美味しいものがもらえる」と学習している場合もあります。

食べ飽きているメニューもしばらくしてから出してみると、また食べ始めることもありますよ。

新しい食事が気に入らない

猫はとてもグルメな生き物です。味や臭い、食感にもこだわりがあり、好き嫌いがはっきりしています。美味しそうと感じたにおいのご飯は食べますが、気に入らなければ口をつけません

新しい食事も同様で、気に入らない時は鼻を舐めるしぐさをするようです。一度に全て変えてしまうと、驚いてしまい余計に食欲が減退することもあります。

サンプルなどで少量から試して、好きそうだったら徐々に増やしていく方法がおすすめです。

繁殖期

去勢していないオス猫や、避妊していないメス猫の場合、繁殖期になると食欲が落ちてしまいます。食欲より、異性への興味が勝るためです。

春(5~6月)、秋(10月)、冬(1~3月)は猫の恋の季節といわれており、食欲が落ちる猫が多いですよ。

夏バテなど季節要因

猫の食欲は3〜4ヶ月週期で変わるといいますが、その理由は季節の変化だとされています。食欲は夏が少なく、秋から冬にかけて多くなるものです。

夏バテで食欲が落ちるのは人間と同じですよね。特に脂っこいものは避ける傾向があります。夏になってからなかなかフードを食べてくれない場合は、水分を多めに含んだフードに変えてみてください。

ドライフード中心に普段与えている場合は、ウェットタイプのご飯を加えるのもおすすめです。水分補給にもなって、脱水症状の対策もできますよ。

加えて夏の暑い時期には「新鮮な水をいつでも好きなだけ飲めるようにしてあげる」「お気に入りの場所を涼しく快適にしてあげる」など気を使ってあげると、食欲も復活しやすいですよ。

外で何かを食べた

外出する猫の場合はテリトリーを回っている途中で、何か食べて来た可能性も考えられます。ご飯をくれる場所があったり、野生を忘れていない猫の場合は小動物を捕まえて食べたりしているケースです。

一度愛猫がどこにいくのか付いていき、様子を観察してみると良いかもしれません。

食器が深すぎる、汚い

猫はヒゲが器に当たるのを嫌がります。浅くて広いお皿で、食べている間に動かないものがおすすめです。

また、猫はきれい好きなので、食器が汚れていたり臭いがついていたりすると顔を近づけるのを嫌がることもあります。

光る装飾がついていたり、華美すぎるものも苦手です。簡単に洗えて臭いも残らない衛生的な食器を使ってあげるのも重要なポイントなのです。

小分けにすると食べる?

上記6つの理由以外でご飯を残したり食べなかったりする時は、食事を小分けにしてあげてみてください。猫はもともと狩りする生活で、「狩る、食べる」を毎日10回以上繰り返していたといわれています。

一回の食事の量を減らして回数を増やすのが、野生本来の食事スタイルに近いのです。子猫の場合は一日4~5回、成猫は2~3回に分けて与えてあげると良いですよ。

その他にも「食事の温度や盛り付けを変えてみる」「好物と一緒に食べさせる」「水分量を増やす」など少しずつ好みに近づくよう試行錯誤してみてくださいね。

おやつの与えすぎに注意!

猫がご飯を食べなくなる理由のひとつに、「おやつの与えすぎ」もあります。

「欲しがるからついあげちゃう…」
「だってごはんを食べないから仕方ないじゃない…」
「何も食べないよりいいかと思って…」

と、おやつのせいでごはんを食べられなくなっていると気づいていても、なかなか改善できない飼い主さんも多いのではないでしょうか。

人間だって食事の前にお菓子を食べすぎたら、食欲がなくなってご飯を食べられなくなってしまいますし、その状態が毎日続いたら体に毒ということはわかりますよね。

猫は、「昨日おやつを食べすぎたから、今日はちゃんとご飯食べよう」なんて思わないので、飼い主さんがしっかり工夫して、おやつをあげすぎないようにすることが大切です。

おやつばかり食べてしまった場合、猫の体にはどういう影響があるのでしょうか。

栄養バランスが崩れて肥満に

どんなおやつを与えているかにもよりますが、おやつは栄養バランスが偏っているものが多く、特に脂肪分や糖分が多めに含まれているものが多いので、おやつばかり食べていると、猫はすぐに太ってしまいます

「ちょっとくらい太っても可愛いから」なんて悠長なことは言っていられません。猫の肥満は、骨や内臓に大きな影響を及ぼし、病気や怪我の原因になってしまうのです。

健康で長生きしてもらうためには、肥満は大敵です。

病気が悪化

ご飯から必要な栄養素を摂取することも難しくなるため、病気を悪化させてしまう原因にもなります。

猫に必要な栄養素の中には、体の中では生成できず、食事から摂取する必要があるものもあります。そういった栄養素がバランスよく含まれている、質のいいキャットフードを食べさせてあげることで、病気が悪化するのを防ぐことが期待できます。

偏食が酷くなる

「ご飯を食べないから」と言っておやつばかり与えていると、より偏食が酷くなって、ご飯を全く食べなくなってしまいます。

先ほど書いたように、おやつばかり食べていては、栄養バランスが崩れ、肥満や、そこから様々な病気につながってしまうこともあります。偏食は、直せる部分は直してあげる必要がありますよ。

愛猫の健康のために、おやつのあげすぎには注意してくださいね。

水も飲まない?適切な量は?

猫が1日に必要な水の量は、体重1kgあたり40ml程度が適切といわれています。体重4kgほどの猫であれば、ドライタイプのフードをメインに食べていても1日160mlくらい水を飲めば十分なのです。

水分は食べ物からも補えるので、ウェットタイプのごはんをメインに食べる猫は、ほとんど水を飲まないこともあります。

猫はにおいに敏感です。

猫が水を飲まない原因に、「器や水が気に入らない」という者があります。常に器や水は清潔に保ち、愛猫が気に入った器や水を使うようにしてあげてくださいね。

猫がご飯を食べない、病気の可能性は?

猫_目_病気

猫の食欲を低下する症状

  • 口内炎
  • 口内の腫瘍
  • 歯周病の悪化

子猫で半日以上、成猫で24時間、飲まず食わずの状態が続いた場合は、病気の可能性が疑われます。36時間以上何も食べない場合や、3日以上、少ししか食べない状態が続いている場合には、すぐに病院を受診してください。

また熱があったり、下痢や咳を頻繁にしたりする場合も、重篤な病気の可能性が
あるので、早めに動物病院へ連れていくようにしましょう。早めに受診することで原因を正確に把握し、病気が隠れている場合は、早急に治療を行う必要があります。

内臓などに問題がなく、ただ食欲だけが低下している場合、考えられる主な病気は「口内炎」「口内の腫瘍」「歯周病の悪化」など、お口の中の病気です。

「口内炎ならまあ、そのうち治るでしょ」と油断するのは危険です。自然治癒を望んで処置をせずにいると、免疫力が低下し、様々な病気を引き起こす可能性がありますので、こちらも早めに対処するようにしてくださいね。

口内炎

人間だけでなく、猫の口の中にも口内炎ができることがあります。口内炎ができると、普段の食事ひとつとっても、結構つらくなりますよね。

猫の口内炎には、3つの原因が考えられます。感染症、免疫低下、歯周病です。口内炎ができると、よだれが増え、食欲が減ります。まずはお口の中をチェックして、赤く腫れ上がっていないかを確認しましょう。

また、舌に口内炎ができていると毛づくろいをしなくなります。猫の様子をしっかりチェックして、口内炎ができたらすぐ病院へ連れていけるようにしておきたいですね。

口内炎の治療は、投薬治療がメインです。炎症を抑える薬や、鎮痛剤などを投与する場合が多いです。感染症が原因の場合は抗生剤なども出されます。

口内炎にレーザーを使う治療法もありますが、全ての獣医師の方が賛同している方法ではありません。

対症療法としては、食事、水分をしっかり与えることも大切です。口内炎があると食事を摂りたがらないですが、栄養が足りないと口内炎の状態は悪化してしまうので、食べやすくなるような工夫をして、食事を与えるようにしましょう。

水分や栄養が著しく足りていない場合には、点滴が必要になることもあります。

口内の腫瘍

口の中に腫瘍ができてしまった場合も、猫は食事を摂りたがりません。しかも、悲しいことに、猫の口腔内腫瘍は80%が悪性腫瘍、つまり、がんであると言われています

猫のがんは進行速度も速いので、異変を感じたらすぐに病院を受診するようにしましょう。

・食事を食べたがらない
・食事をするときに頭を振っている
・普段から口を気にしている
・首を傾けてじっとしている

などの症状が出たら要チェックです。また、よだれに血が混ざっている場合も、すぐに病院を受診しましょう。

歯周病の悪化

猫がかかる歯の病気のほとんどは、歯周病です。猫の口内は虫歯菌が生息しにくいので、虫歯にはなりにくいのですが、歯周病にはなりやすいと言われています。歯周病の原因は、細菌です。

細菌の温床である歯垢や歯石が歯に付着していると、それが原因で歯周病になってしまいます。他にも、糖尿病や猫白血病ウイルス感染症などを患っている場合など、免疫力が低下しているときに歯周病になりやすいと言われています。

歯周病になると、歯茎が腫れ、出血し、歯がグラグラして抜けるなどの症状が出ます。他に、口臭がきつくなったり、よだれが多くなったりすることも。そして、痛みで食欲がなくなり、ご飯を食べなくなってしまいます。

それだけではありません。歯周病が進行すると、くしゃみや鼻水、膿などの症状が出ます。それから、細菌が血管を通じて全身を駆け巡り、ほかの場所でも病気を引き起こす原因となるのです。

歯周病も、気がついたらすぐに病院へ連れていってあげたほうがいい病気です。

また、歯周病にならないために、子猫の頃から歯磨きをする習慣をつけることと、免疫力をしっかりつけてあげることが大切です。

免疫力アップにおすすめのキャットフードと、その理由は、こちらの記事から確認できます。

免疫力UPにオススメなキャットフードとその理由はこちらの記事から確認できます。

上記以外で、猫に元気がないときに考えられる病気は?

猫に元気がなく食事もとれないときは、口内以外の不調であるかもしれません。骨折などの外傷と、内臓疾患や肝臓疾患、アレルギー、尿路結石、感染症、フィラリア症、糖尿病など内科的な疾患の両方が考えられます。

ものかげに潜んでくつろいでいる様子もなく、警戒した姿勢でじっとしているときは、単なるストレスだけでない疾患を抱えていると可能性があります。複数の要因が絡み合っている可能性もあり、多くの場合素人判断は難しいため、動物病院を受診しましょう。

猫に元気がないときは一度様子を見てみる

時計 時間 経過

猫がおとなしいと感じたら、丸1日ほど様子をみてみましょう。体的な理由の場合は痛がって声をあげたり、違和感のある場所を引っ掻いたりと、普段と異なる仕草をすることが多いため気づきやすいです。

一方、心理的な理由の場合、食べ物をとらなくなることで栄養失調になる、免疫力の低下から病気に感染して悪化する、といったシナリオを心配しなければなりません。

猫は24時間くらい食事をとらなくても平気ですが、36時間を超える絶食は危険サインです。もし36時間を超えても、出した食事に口をつけなければ病院へ連れて行きましょう。また、食べ始めても、いつもより少ししか食べないときも要注意で、3日続けば病院へ行きましょう。

気になる初期症状は獣医師に相談してみる

愛猫の様子がいつもと違う、元気がないけどなぜかわからない。といった飼い主さんだからこそ気がつく初期症状を放置するのはよくありません。

できれば様子がわかる動画を撮ったうえで、些細なことでもまずは獣医師さんへ相談してみてください。

猫の食欲不振は経過観察が大切!

shutterstock_159315359

餌の時間、飼猫の「様子がおかしい」「何だかいつもと違うな」と感じたら、異変をカレンダーや手帳などにメモし、どんな症状がどれくらい続いているのか注意深く観察してください。

普段の様子と異なる小さなサインが重大な意味を持つ場合もあります。餌を食べない様子を小さなことからメモしておくと、動物病院を受診する際に役に立ちますよ。

編集部おすすめ!食いつきが良いキャットフードはこちら

猫 キャットフード

編集部おすすめのキャットフードはこちらの記事でまとめています。

年齢ごとにおすすめなキャットフードの条件が変わるため、年齢ごとの「おすすめフードランキング」を作成しております。

中でも「モグニャンキャットフード」は現在オトクなキャンペーンを実施中です。以下に詳細の說明がございますので、気になる方は是非チェックしてくださいね。

モグニャンキャットフード
商品名 モグニャンキャットフード
内容量 1.5㎏
特徴 100%無添加、白身魚65%、グレインフリー(穀物不使用)、愛猫が喜ぶ香り
通常購入価格 3,960円(税抜)
定期購入価格 3,564円(税抜)

\pepy見た方限定! /
モグニャン半額キャンペーン実施中!

初回50%OFF!
¥3,960(税抜)¥1,980(税抜)
※定期購入の初回価格が半額になるキャンペーンです。

詳しくは、「モグニャン公式サイト」をご確認ください。

モグニャンについてさらに詳しくまとめた記事はこちらです。