ドーベルマンの価格相場は?子犬の選び方のコツは?

見た目が凶暴そうなドーベルマンですが、実はとても甘えん坊な犬です。見た目とギャップがありますが、かしこく世話がしやすいのでペットとしての人気が高い犬種です。

いざドーベルマンを飼おうと思ったとき、どこで買うべきかや、価格の相場、選ぶポイントなどわからないことが多いですよね。今回はドーベルマンについて詳しくご紹介します。

 

ドーベルマンの子犬、価格相場は20~30万?

ドーベルマン

ドーベルマンの子犬の平均的な販売価格は20~30万円です。親犬がコンテストなどで受賞歴がある場合、血統の良さに比例して値段は上昇します。

購入する場合は平均価格と比較して高すぎないか、安すぎないかを確認してください。安いからといって飛びつくと、飼育が難しかったり、先天的な遺伝疾患を持っていたりすることもありますのでご注意ください。

 

ドーベルマンの子犬、正しい選び方

ドーベルマン

健康な個体は、被毛カラーははっきりとしています。ドーベルマンは黒や褐色の被毛カラーをしており、目の上や口元、のど、胸の前、足などにある斑も含めて、鮮明な色をしている個体を選ぶようにしてください。

皮膚トラブルを起こしていないかの確認も大切です。皮膚が傷つきやすいので、頭や耳の先などに若干の抜け毛のような白い点があると注意が必要です。毛をかきわけて、ダニがついていないかも確認してくださいね。

ドーベルマンは目の病気にかかりやすい犬種です。目が輝いているか、目ヤニがついていないかも重要なポイントです。

肛門周辺が汚れていないかも併せて確認してください。肛門が汚れていると、下痢をしている可能性が高く、内臓に問題を抱えているかもしれません。

子犬の場合、体重も確認が必要です。子犬の頃に体重が増えすぎると、細い足が曲がってしまう障害になります。ちょっと太りすぎていると感じたら、購入は控えることをおすすめします。

太っていなくても、すでに異常を持っている犬は歩行姿勢がおかしくなりますので、歩行姿勢から、しっかり歩いているかの確認も忘れないでくださいね。

 

ドーベルマン、アメリカンタイプ?それともヨーロピアンタイプ?

犬_ドーベルマン

ドーベルマンには、アメリカンタイプとヨーロピアンタイプの2種類が存在し、血統書を確認することで判別可能です。

一般的にヨーロピアンタイプは「大型で筋密度が高くガッシリした体型」で、アメリカンタイプは「小型で引き伸ばされた美しい筋肉がある体型」です。

性格はどちらも「人懐こく愛情豊か」ですが、アメリカンタイプの方が扱い易い傾向にあるようです。ヨーロピアンタイプは襲撃訓練等を教えてきた歴史から性格が荒いイメージを持たれがちですが、さほど他の犬種と変わりません。

ドーベルマンの犬種登録をしている団体はJKC(ジャパンケンネルクラブ)とPD(日本警察犬協会)の2つあります。アメリカンタイプの登録が多いのはJKC、ヨーロピアンタイプの登録が多いのはPDです。

それぞれの団体が開催しているドッグショーを観にいき、実際に両タイプを見比べてみると参考になるかと思いますよ。

 

子犬のドーベルマン、選ぶならブリーダーからがおすすめ

犬_ブリーダー

ドーベルマンの購入先としてどこが1番良いのか、ペットショップ・ブリーダー・里親を比較しました。それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

ペットショップ

ドーベルマンは人気の高い犬種なので、ペットショップでも比較的簡単に子犬をみつけることができます。

ペットショップはその場で、実際に犬を見たり、触ったりすることができるので、お気に入りの一匹を見つけやすいのがメリットです。

注意点として、「登録業者を証明する標識を掲示しているか」「店員の犬に関する知識は豊富か」「生後一ヶ月程度で売られていないか?」などしっかり確認をしてください。中には健康面で難のある個体が売りだされていることもあります。

値段は、ほとんどがブリーダーからの仕入れなので、少し割高になっています。

 

里親

ネットの里親募集サイトなどを使っても子犬のドーベルマンは手に入ります。里親の場合、基本的には犬を無償で引き取ることができ、運が良ければそれまで使っていた飼育グッズも譲り受けることができるので、初期投資がほぼかかりません。

里親が愛犬を手放す理由が「全くしつけができない凶暴な性格」「病気を持っている」というマイナスな場合もあります。引き取った後で苦労してしまいますので注意が必要ですよね。

 

ブリーダー

ドーベルマンの子犬の購入先として1番のおすすめはブリーダーです。ペットショップより格安で購入することができ、ブリーダーは飼育のプロなので、子犬のうちに必要なしつけなどを済ませてくれています。

飼育をしている際、分からないことがあればブリーダーに聞くことができるのもブリーダーで購入する魅力の1つです。ドッグショーに足を運んで気に入った個体がいれば、お話を聞いてみることをおすすめします。

気をつける点としては信頼できるブリーダーを見極められるかどうかです。金儲けのために表面的な知識でブリーダーを名乗っている悪徳ブリーダーや、劣悪な環境で数多くの子犬を産ませて金儲けをしている繁殖屋(パピーミル)が最近は多いです。購入前にブリーダーとコミュニケーションを取ったり、下調べなどをしたりしてブリーダー選びに失敗しないようにしてくださいね。

また大型犬なので新しいオーナーが見つからないと繁殖をしないというブリーダーが多く、平均1年前後待つ場合もあるようです。

 

選ぶ基準を作ってからドーベルマンを探そう

ドーベルマン

ドーベルマンの選び方や、どこで購入するのがおすすめか分かって頂けたかと思います。いくつかポイントがあるので、子犬の購入前にはどこを確認する必要があるか、ドーベルマンの特徴や飼われる家の条件などから、選ぶ基準を作ってから探し出すことをおすすめします。

是非参考にして、心強いドーベルマンをパートナーにしてくださいね。