猫のトイレ、しつけ方は?うんちやおしっこの回数は?場所・砂・掃除がコツ

猫を飼い始めるにあたって「トイレのしつけ」に不安を感じる方も多いのではないでしょうか。犬に比べると、猫のトイレのしつけは簡単だといわれています。ペットショップで子猫を入手する場合は既にトイレトレーニングが済んでいることもありますが、今回は猫のトイレのしつけ方について、場所・砂・掃除などのポイントをまとめました。

 

そもそも、猫のトイレ、排泄回数はどれくらい?

(動物以外)悩む少女
健康な猫だと、うんちを1日1~2回、おしっこを2~4回ほどします。小型猫か大型猫かで回数は異なりますが、1日うんちをしない、おしっこが1日1回しか出ないという症状が続く場合は、何らかの病気の可能性もありますので、注意してくださいね。

 

猫のトイレ、場所は固定する

猫_トイレ
しつけはトイレを覚えさせることから始まります。まずは置き場所を固定することから始めましょう。猫からするとトイレがあちこちに移動すると混乱しますし、トイレを移動させると、元あった場所に排泄してしまうこともあります。一度ここと決めた場所からは、トイレを移動させないようにしましょう。

 

トイレの砂には臭いのついたものを混ぜる

猫
猫には自分の臭いの残った場所で排泄する習性があります。この習性を利用し、猫の入手先で使っていたトイレの砂を少しもらってきて、新しく用意した砂に混ぜておくとトイレのしつけがスムーズにいきますよ。また、しつけの最中に砂を入れ替えるときも、古い砂を少し残して取り替えるようにしましょう。

 

トイレの砂はお気に入りを見つけて、使い続ける

猫_トイレ
入手先で使っていたトイレの砂と同じものがベストですが、処分の仕方によっては異なった砂に変更しなければならないこともあります。砂には紙製、鉱物製、オカラ系などのさまざまな種類があり、トイレに流せるタイプもあれば、ゴミとして処分するタイプもあります。猫と砂の相性は、使ってみなければ分からないので、根気よく色んな砂を試してみましょう。一度お気に入りの砂が見つかったら、頻繁には変更しないようにしてくださいね。

 

トイレ以外でオシッコ、ウンチをしたらキレイに掃除

トイレ_掃除

粗相をしてしまった場所には臭いが残り、また同じ場所で粗相を繰り返す原因になります。薄めた漂白剤や消臭グッズで臭いを完全にぬぐい去ることが、しつけを早めるコツです。また、猫はとてもきれい好きですので、トイレが汚れていると、トイレ以外の場所で粗相をする原因になります。猫がトイレで排泄をしたら、すぐに取り除くように心がけるのもポイントですよ。留守番させるときは、お出かけ前に掃除をし、できるだけトイレがキレイな状態にしてあげてくださいね。

 

猫はどんな時にトイレに行く?トイレの合図は?

ペピ友10
トイレをするタイミングは、目が覚めたときや食事の後で、うろうろと落ち着きなく動き回るときは、ウンチかオシッコの合図です。すぐにトイレに連れて行って、終わるまで静かに見守ってあげましょう。そして、上手にできたときは、よく褒めてあげてくださいね。猫も嬉しくなって、トイレのしつけがスムーズに進みます。

 

猫のトイレ、しつけは根気強く

猫_多数
トイレの場所を変えず、いつも清潔に保っていれば、猫のしつけはスムーズにいくことがあります。コツをつかめば、猫のトイレのしつけは難しくありませんが、飼う前の環境など個体差はあります。しつけがなかなかうまくいかなくても、イライラしたり、叱ったりしないであげてください。トイレのしつけを覚えさせて、愛猫との楽しい生活を満喫できるといいですね。