トイプードルを飼う上で大切な「トイレのしつけを教える」「留守番させる」方法は?

犬を飼ったら「トイレ」と「留守番」は最初に覚えさせたい重要なしつけです。

かわいいトイプードルをお迎えしたら、優先度を上げて教えてください。ただ、なかなか覚えてくれなくて困っているという飼い主さんが多いのも事実です。

この記事では、トイプードルを飼ううえで効率のよいトイレと留守番のしつけ方法をご紹介します。

 

トイプードルはしつけをしやすい?

トイプードル_兄弟
トイプードルは、多くの場合室内で飼われます。それだけにしつけは欠かせません。トイプードルはとても賢く従順な犬種なので、しつけがしやすいといわれています。ただ、愛情を注ぐだけではワガママに育ってしまいます。時には毅然とした態度を取ることも大切で、リーダーシップを見せて飼い犬にリーダーと認めてもらうことが重要です。しつけを始める前のポイントは、主従関係と信頼関係をしっかり築くことなのです。

 

生後5ヶ月頃のしつけが一番大切で難しい!

トイプードル

生後5ヶ月頃になると苦手だったことができるようになったりするため、日々の成長が分かる楽しい時期です。しかし言うことを聞かずにしつけが難しくなる時期でもあり、以下のような理由からしつけが難しくなります。

歯の生え変わりによる痛み

子犬の歯は、生後4~5ヶ月くらいから生え変わりが始まり、7~12ヶ月の頃には終わります。生え変わりのムズムズする違和感を紛らわすために色々な物を噛んだり、口に入れるものに血が付いたりします。歯の周りの痒みや痛みからイライラすることや、落ち着きがないことがあります。

 

ホルモンバランスの変化

生後5ヶ月頃からホルモンバランスの変化が激しくなり、反抗期に入ります。反抗期には聞き分けが悪くなったり、今までできていたことができなくなったりします。反抗期のトイプードルにきちんとしつけを覚えさせるには、飼い主さんが毅然とした態度をとり「無視」することが一番有効です。

 

権勢本能の芽生え

相手との上下関係を図り、どちらがリーダーかを決める「権勢本能」と呼ばれる性質が現れます。飼い主さんは下手に出ず、愛犬よりも上であることを分からせる必要があります。犬は自身の周り2~3mを安全エリアと考えていますが、そのエリアではなく飼い主さんの側にいれば安心と思わせることができれば、言うことを聞くようになります。

 

トイプードルのしつけ、コツは?

トイプードル 2匹

主従関係を明確にする

トイプードルは利口なので、最初に飼い主がリーダーであるという主従関係をはっきりさせておけば、しつけが楽になります。遊ぶときは犬が飽きるのを待つのではなく、終わりを飼い主さんが決めます。トイプードルがうまくできたときはおやつといったご褒美を与えて、訓練を毎日継続し刷り込ませていきます。

自分のわがままが通らないこと、飼い主さんが言う事に従えばご褒美がもらえることを認識させ、常に飼い主さん側がリードします。

 

褒めて伸ばす

褒めるときは声だけでなく、顔の表情やジェスチャーも合わせて大袈裟なくらいに褒めてあげます。褒めるにしても最初のうちは長い言葉を理解する事は出来ないので、短い言葉で伝えます。

言葉だけでは褒められていることに気づかないこともあります。そんな場合には「ご褒美」を活用し、褒められる=良いことが起こるというパターンを染みつかせるとしつけがうまくいきます。

 

ダメなことはすぐにしかる

いくらトイプードルが可愛いからといっても、ただ甘やかすだけではトイプードル自身によくありません。叱るべき行為の最中か直後にタイミング良く叱ることが肝心です。甘やかさず毅然とした態度を取り、低く強い声で一喝すると効果的です。声高に怒ったり、暴力をふるったりしてはいけません。

 

トイプードルにトイレはどうしつける?

トイプードル_トイレ
お互いにストレス無く生活するために、トイプードルが子犬の頃からしつけをするのがポイントです。3ヶ月未満から始めるのがオススメです。犬は元々、トイレで排泄をしなければならないという概念がありません。人間の赤ちゃんと同じですね。なのでまずは、排泄をして良い場所=トイレだということから教えます。

・サークルかケージを用意する
・サークル(ケージ)内にトイレシーツを敷きつめトイレを作る
・トイレで排泄をさせる(子犬は起きてすぐや、食事の後、遊んだ後などによく排泄します)
・大げさなほど褒める
・サークルの外に連れ出し、扉は開けたまま遊んであげる
・30分ほどでサークルに戻してトイレシーツの上で排泄させる
(戻す前に排泄したそうだったら、サークルに戻してあげる)
・排泄している時に、
・トイレシーツの上で排泄できたら、大げさに褒める

を繰り返し、トイレシーツの上で排泄することを教えます。慣れてきたら徐々に、トイレシーツのスペースを狭くし、本来のトイレのサイズになるまで繰り返します。失敗することもありますが、怒らずにさっと片付けてください。怒ると排泄が悪いことだと勘違いしてしまうので、うまく出来たときに褒めることに重きをおいて、気長に忍耐強く取り組むことが大切です。

 

トイプードルの留守番のしつけは?

トイプードル

トイプードルはとても可愛いですが、24時間365日常に一緒にいることはできません。働いていれば、お留守番をしてもらう時間は特に長くなりがちです。飼い主が視界に入っていなくても、落ち着いて待っていることができるようになることは、犬と一緒に暮らしていく上で欠かせません。3ヶ月ぐらいから、様子を見て練習を始めてみてください。

・ケージを用意する
・ケージに犬を入れて、視界から消える
・短い時間で姿を見せる(吠えている時に戻らず、静かにできた時に戻る)
・ご褒美(おやつかおもちゃ)をあげる
・消える時間を徐々に長くする

慣れてきたら、留守番の時間をランダムにしたり、ご褒美をあげない回を作ってみたりしながら、色々なケースを学ばせます。実際に留守番をさせる場合は、「行ってきます」などと掛け声をせずに出かけるのが成功のポイントです。

 

トイプードルの無駄吠え、しつけは?

トイプードル

無駄吠えには3つのパターンが存在します。「犬が恐怖のため、身を守ろうとし吠える」「大切な仲間・家族を守ろうとして吠える」「自分の要求を叶えてもらおうとして吠える」というケースに分けられ、犬が飼い主さんよりも偉いと思っていると取る行動です。

トイプードルが吠えたら目を見て「ダメ」と言います。犬が吠えたときは手で口を軽く閉じながら掴みます。目を見て落ち着いた声でダメであることを伝えます。吠えるのを止めたら手を放してお利口だと褒めてあげます。根気強く繰り返し行うことで無駄吠えを無くしていきます。犬との関係性ができていないとなかなか効果が出ないですよ。

 

トイプードルの噛み癖、しつけは?

トイプードル

トイプードルの子犬は甘噛みが大好きで何でも噛んでしまいます。好奇心が強く噛んで口の中に入れることで、それが何なのか確かめています。人間の手も噛む対象になります。甘噛みを放置しておくと、噛みぐせのあるトイプードルに育ってしまうので、成犬になるまでにしつけることが大切です。

噛んだらすぐに叱る

手で犬とじゃれていると、テンションが上がり甘噛みをしてきます。 噛まれたらすぐに叱って、ゲージに入れて無視します。ケージに入れたら、目を向けたり、話しかけたりしないでください。 愛犬が大人しくなりしばらくしたら、ケージから出して遊んであげます。 これを3、4回繰り返すと、トイプードルは理解します。

 

噛まれたら口の奥に突っ込む

噛まれたらそのまま口の奥に入れるのも一つの方法です。犬が噛み付いて取ろうとして引っ張ると、余計に犬の感情が高ぶり、激しい引っ張り合いになります。

手などを噛まれたときは痛いですが、引っ張るより押したほうが離してくれます。 犬自身、口の中に物を入れられたくないので、自然と噛むのを止めます。

 

身を守るための威嚇かも?

歯茎を見せながら唸るのは威嚇で、自分の身を守ろうとしている証拠です。その場合はトイプードルが怖がることをしている可能性がありますよ。社交的で人が好きなトイプードルも小型犬ですから、自分を守るため必死な面もありますよ。

 

幼いうちからのしつけが大切!

トイプードル

以上のようにトイプードルが子犬のうちからしっかりトレーニングを行うことで、快適な生活を送ることができます。うまくいかない事もありますが、根気よく取り組んでみてくださいね。

 

トイプードルのブリーダーさんをお探しの方へ

トイプードル (3)

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のトイプードルのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のトイプードルの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。トイプードルは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在トイプードルの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。