カニクイザルはどこに住んでるの?動物園で会える?餌は?

カニクイザルは霊長目オナガザル科マカク属に分類されるお猿さんです。ヒトと類似する点が多く、宇宙船のテスト飛行で乗船した猿としても知られていますよ。

この記事はカニクイザルの生息地、会える動物園、食べている餌についてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

カニクイザルはどこに住んでいる?分布は?

カニクイザル
分布域フィリピン
スマトラ島
ジャワ島
生息域水辺の森林
マングローブ林

カニクイザルは、フィリピンやスマトラ島、ジャワ島などの東南アジアに広く分布しています。低地から標高2000m程の高地まで幅広く生息しています。多くは河川や湖などに近い森林や海辺、マングローブの茂る湿地帯などを好み、群れを成して生活していますよ。

現在カニクイザルは、世界の「侵略的外来種ワースト100」に入っており、日本でも特定外来種に指定されていますよ。

 

カニクイザルは動物園で会える?

カニクイザル

日本でカニクイザルに会える動物園

  • 上野動物園(東京都)
  • 東武動物公園(埼玉県)
  • 天王寺動物園(大阪府)
  • 龍野公園動物園(兵庫県)
  • 日本モンキーセンター(愛知県)

日本でカニクイザルに会える動物園は、関東近郊では「上野動物園」や埼玉県の「東武動物公園」が有名です。

関東以外では大阪府の「天王寺動物園」や兵庫県「龍野公園動物園」などでも見ることができます。愛知県犬山市の「日本モンキーセンター」には世界中の珍しい猿類が飼育されており、カニクイザルも飼育されていますよ。

 

海外でカニクイザルに会える動物園

海外では生息地近辺の国で特に、カニクイザルに会える施設がたくさんあります。タイ南部の「ラエム・ソン国立公園」では群れの中に斧型の石で岩ガキや巻貝を割って食べる賢い個体がいますよ。

そのほか、クアラルンプール校外にある「バツー寺院」には野生のカニクイザルがたくさんいることで知られていますよ。機会があったら是非訪れてみてくださいね。

 

カニクイザルの餌は?何を食べる?

カニクイザル
飼育下での餌野菜・果実
鶏卵・ウズラの卵
サル用ペレット
野生下での餌野菜・果実
小鳥・魚・トカゲ

動物園で飼育されているカニクイザルの餌は、リンゴやサツマイモ、バナナ、白菜、キャベツ、広島菜、パン、鶏卵、ウズラの卵、煮干、サル用ペレット、落花生など「果実」か「野菜」が多いです。

ニンジンはあまり人気がないようですよ。中にはパンや落花生など高カロリーなものばかりを好んで食べるカニクイザルもいるらしく、おやつの時間にニンジンを与えるなどして、猿たちの栄養バランスを維持しています。

カニクイザルは雑食性です。名前の通りカニの捕食も行いますが、主食は果実や種子といった植物が多いですね。それ以外にも、葉や花、根、キノコなどを食べるほか、小鳥や魚、カエル、トカゲなどの動物質を食べることもありますよ。

 

人間に似ているお猿

カニクイザル

カニクイザルはヒトとの類似点が多いことから、ポリオワクチンの有効性チェックなど医療現場で活躍していた過去があります。

人間に近い存在で頭も良いです。地面に落ちている髪の毛を使って歯垢を取り除くカニクイザルもいたそうですよ。日本の動物園で飼育されている猿なので、興味ある方は会いに行ってみてくださいね。