猫の口臭、よだれは病気?原因と対策まとめ

猫の口元のトラブルは多くみられ、特に高齢になるにつれて口臭が気になってきます。あまりに口臭がきつく、よだれが大量に出ると病気ではないかと心配になりますよね。今回は猫の口臭やよだれの原因と対策をまとめました。

 

猫の口臭に、歯茎の腫れや歯垢があるときは「歯周病」

アメリカンショートヘア子猫

口臭の他に歯グキが腫れている、歯に歯垢がついている場合、歯周病が原因の可能性があります。歯周病は歯垢や歯周ポケットの中の細菌が毒素を出し歯肉が炎症を起こします。

歯周病はどのような猫にでも起こりますが、腎臓病や糖尿病などの慢性疾患、猫白血病ウイルス感染症や猫エイズなどの感染症によって免疫力が低下していると悪化しやすい傾向があります。

 

猫の口臭の原因が歯周病だったときの対策は?

歯周病は最も一般的な口内トラブルですが、定期的な歯磨きで歯垢がたまらないようにすることで改善できます。定期的に歯や歯茎をチェックしましょう。

猫用の歯ブラシかティッシュ、綿棒を使って歯垢を除去し、仕上げにスプレータイプの口腔洗浄剤を使いましょう。歯茎から出血している場合や歯がグラグラしている場合はかなり症状が進んでいるため、動物病院を受診してください。

歯周病の場合は抗生物質の投与の他、全身麻酔で歯石を取り除く、抜歯をするなどの処置を行います。歯周病を治療しなければ、口臭のきつさは取れないので、症状の重さによって適切に対策をとってくださいね。

 

猫に口臭とよだれがあり、エサを食べられないときは「口内炎」

猫

猫に口臭とよだれがあり、エサを食べない場合は、口内炎の可能性があります。猫は口内炎を起こすと、口の中がねばねばし、血の混じったよだれを出します。

痛みから食事をとれなくなって体重が減り、同時に口の周りや前足のグルーミングをあまりしなくなるので次第に汚れてきます。また、口の中を見ると真っ赤にただれています。

口内炎になる猫は、ウイルスの感染や腎不全、糖尿病などの重大な病気が潜んでいることも多いため、「口臭、よだれ、エサを食べない」の3つの症状が揃ったら、気をつけてくださいね。

 

猫の口内炎、予防と対策は?

口内炎を予防するには、子猫の頃から栄養バランスのとれた食事を与えることが重要です。合わせて食後の歯の手入れを習慣づけ、歯垢や歯石がたまらないようにしてくださいね。

また、動物病院で口内炎の原因となるウイルスのワクチン予防接種を受けましょう。口の中の健康診断を受け、口内炎の早期発見・早期治療を心がけることも大切です。口内炎ができてしまったら動物病院で適切な治療を受けさせてあげましょう。

 

猫のよだれが止まらない原因は「口内異物」と「熱中症」

猫_くしゃみ

猫には「食べ物を前にすると、よだれが止まらない」という習性はありません。よだれが多くみられる場合、口の中に異物が刺さっていることが考えられます。

歯の間や上あご、舌などに何か挟まっていないかチェックしてみてください。また、真夏に閉め切った部屋で過ごしているときに、よだれを流しながら口を開けてハァハァと呼吸をしていた場合、熱中症が疑われます。

 

猫の口内異物や熱中症の対策は?

異物が刺さっている場合は速やかに取り除いてあげてください。熱中症が疑われる場合は体を水で濡らしたタオルで冷やしながらすぐに動物病院を受診しましょう。

夏場は必ず部屋の換気を行うなどして、部屋の温度を下げる工夫をすることも大切です。

 

猫の口臭に鼻水やくしゃみが出るときは猫風邪

口臭がきつくなり鼻水やくしゃみなどの症状がみられる場合、猫風邪の可能性があります。感染経路は「くしゃみ」「目やに」「よだれ」などの直接的なものと、「飼い主さんが他の病気猫を触る」「病気猫が使っていたモノに触れる」など間接的なものがあります。

潜伏期間は2〜10日です。軽いものであれば自然治癒しますが、症状が目立つ場合は動物病院を受診しましょう。

猫風邪はウイルス、クラミジア、マイコプラズマなど色々な病原体の複合感染によって起こることが多いです。特に症状を悪化させるヘルペスウイルス、カリシウイルスは、ワクチンがあり症状を予防または軽減することができるので、一年に一回はワクチンを予防接種しましょう。

 

猫の口臭、よだれは体調不良の兆候

猫_だっこ

猫の口臭やよだれは、思わぬ病気につながっているケースが多いのです。栄養バランスの取れた食事を与えることと同時に、日常的に愛猫の様子をしっかりチェックする習慣をつけることで、異変に気づいてあげてくださいね。