ペキニーズの性格やしつけ方法、飼い方は?大きさや特徴は?

ペキニーズは「北京の犬」を意味する中国原産の犬です。かつては王宮だけで飼育されていた高貴な犬として知られていますよ。今回の記事では、ペキニーズの性格やしつけの方法といった飼い方のコツをご紹介します。

 

ペキニーズってどんな性格?

ペキニーズ_2匹

ペキニーズの性格

  • マイペース
  • 媚びない
  • 負けず嫌い

ペキニーズは、犬なのに猫のような性格をしているといわれ、自由気ままでマイペースです。飼い主に干渉したり依存したりしないため気楽に飼えると評判ですよ。

 

マイペース

多くの犬は人懐っこく、愛想を振りまいて「かまって!」とアピールしますが、ペキニーズにはそういった面がほとんどありません。ペキニーズはマイペースで媚びない性格から一人で遊ぶことが好きな犬種なため、犬と一緒に遊ぶ時間が取りづらい飼い主さんにはおすすめですよ。

 

媚びない

マイペースであるため、飼い主に媚びることもない様子もペキニーズの特徴です。愛くるしい表情をしていながら、自尊心が強く頑固でプライドが高い性格がペキニーズの魅力なのです。

 

負けず嫌い

自分から他の犬に仕掛けるタイプではありませんが、他の動物から喧嘩を売られたら勇敢に立ち向かう一面もあります。何事にも負けず嫌いな性格といえますね。

 

ミックス犬の「ペキックス」は遊びが大好きで愛情深いミニチュアダックスフンドとペキニーズの交配犬種です。温厚でおとなしいペキニーズの性格都の組み合わせで、ペキニーズに比べると社交的な犬種ですよ。

ペキックス

 

ペキニーズの性格、散歩には注意?しつけ法は?

ペキニーズ 

ペキニーズのマイペースで負けず嫌いな性格から、散歩中はふとしたきっかけで他の犬や飼い主以外の人間に対して攻撃的になることもあります。体の大きさが倍以上ある大型犬にも、すれ違いざまに吠えて立ち向かうことがありますよ。

「こどもの騒ぎ声」を苦手とするペキニーズは多いので、こどもに対して攻撃的になってしまうこともあります。

 

しつけ法

散歩中のオススメのしつけ法

  • リーダーウォーク

散歩中はとっさの出来事に対応できるように、リードをしっかりと握っていつでも引き寄せられるようにしておいてくださいね。

飼い主さんが常に犬をリードしながら歩く「リーダーウォーク」という散歩法がオススメです。何かに吠えたり興味を示して勝手に走ったりした時には「逆方向」に歩いてリードを引っ張ってあげます。

「散歩中は飼い主さんのいうことを聞く」と認識してくれたら、次は立ち止まる練習をします。何度も繰り返し練習することが大切ですよ。立ち止まることもできるようになれば、ほかの犬や人に立ち向かっていくことが圧倒的に少なくなりますよ。

 

褒めて伸ばすは通用しない

よく犬のしつけで大切とされる「いつでも褒めてあげる」しつけ法は、ペキニーズにはあまり向きません。独立心が強い犬種なので、飼い主さんのいうことを常に聞かせるしつけ法のほうが問題行動を抑えられるからです。

 

ペキニーズはしつけが大変な犬?

ペキニーズ 

ペキニーズは自由奔放な性格なので、しつけは苦労することが多いといわれています。例えば、散歩中に納得がいかないことがあると、じっと座り込んで動こうとしないこともあります。基本のしつけを根気強く教え込んであげてくださいね。

ペキニーズは大人になればなるほどプライドや自由奔放さが高くなり、しつけが大変になります。できるかぎり子犬のうちからしっかりとしつけを行うのがおすすめですよ。

 

ペキニーズのしつけ、ペースに振り回されないで

ペキニーズ_子犬

ペキニーズにしつけをするためには、犬のペースに合わせないことが大切です。ペキニーズのペースに合わせていると、飼い主を格下に見てしまい、指示を聞いてくれなくなるからです。犬は本来、自分の信頼するリーダーから指示を出されると、使命感を覚えてしっかりと従う習性を持っています。飼い主がペキニーズにとっての信頼できるリーダーになってあげることが、長い期間一緒に暮らす上でのポイントになります。

「犬にもある程度の自由があった方がいいのでは?」と自由にさせてしまうと、飼い主の言うことを聞かなくなってしまいます。この状態の犬は「自分がリーダーシップをとらないと!」と思ってしまうので、犬にとっても幸せとはいえないのです。

 

ペキニーズのしつけは「飼い主主導」「短時間集中」がコツ

ペキニーズ_女性と

ペキニーズのしつけのコツは「飼い主が主導で行う」ことと「長時間続けて行わない」ことです。ペキニーズは性格がマイペースなので、ペキニーズの気分に合わせてしつけをしても効果が薄くなってしまいます。飼い主が主導でしつけを行うことは、マイペースなペキニーズにルールや緊張感を与えることができます。リーダーが誰かを伝えることにも繋がりますよ。

また、しつけの時間は1回15分ほどを目安に短期集中で行ってください。一度にたくさんのことは教えないようにしてくださいね。1日に1回、1つのテーマに絞って教えていくことが、ペキニーズをしつける一番の近道なのです。

 

ペキニーズの大きさや被毛の特徴は?

ペキニーズ

大きさ

  • 体重:3.5~6.0kg
  • 大きさ:20~30cm

ペキニーズの大きさは体重が3.5~6.0kg、体長20~30cmほどの中型犬に分類されます。シーズーやパグの祖先といわれている犬種で、大きさも2犬種と同じくらいの大きさになっていますね。

 

特徴

外見がっちりとした体型、つぶらな瞳、クシャ顔
毛質ダブルコート
毛色ホワイト、ブラック、フォーン他様々

ペキニーズはがっちりとした体型が特徴の犬種です。後ろ足よりも前足が太くなっています。まるでライオンのような外見をしていますがつぶらな瞳とクシャッとした顔立ちが可愛らしいですよね。体高より体長がやや長い、少々ずんぐりとした胴体をしています。

前肢を使って横に揺れながら歩く姿は「ローリング」と名前がついており、ペキニーズの姿をより優雅に魅せているポイントです。

 

被毛

被毛は厚めのアンダーコードと硬くて長いオーバーコードのダブルコートです。全身の被毛は長いものの顔周りの被毛は短く目には掛かりません。

被毛が眼に入ることによる「外耳炎」「結膜炎」などの目の病気には心配いりませんが、ペキニーズは「ドライアイ」になり易い犬種なので、別途注意してあげてくださいね。

被毛カラーは定番の「ホワイト」「ブラック」「フォーン」の他にも「レッド」「ブラックタン」「パーティーカラー」など明確な毛色の規定がないほど多彩です。

 

ペキニーズの飼い方は自由を楽しんで!熱中症に注意

ペキニーズ

ペキニーズは高級感が漂う上品な見た目が魅力的なので、飼ってみたい方も多いのではないでしょうか。ペキニーズは飼い主に依存する性格ではないので、犬と一定の距離感を持って接したい飼い主の方におすすめの犬種です。

鼻先が短く体温調節を行う呼吸がスムーズにできないため、熱中症にかかりやすい犬種ですよ。ペキニーズを飼う際には以下の関連記事をよく読み、夏場の散歩や車での外出を充分に注意してくださいね。