シェットランドシープドッグの特徴や性格は?価格や毛色、病気や散歩は?

シェットランドシープドッグはシェルティの愛称で知られる人気犬種です。

コリーのミニチュア版のような見た目をしており、優しく愛らしい顔つきをしています。

今回の記事では、シェットランドシープドッグの性格や価格、おすすめの購入先や健康管理のポイントなど、飼い方のコツをご紹介します。

 

シェットランドシープドッグの特徴は?

shutterstock_249528007
シェットランドシープドッグは、スコットランドのシェットランド諸島原産の犬種で、シープドックの名前が示す通り牧羊犬として活躍していました。

体高はオスが35〜39cm程、メスで33.5〜37.5cmが理想とされています。体重は8〜12kg程度と、中型犬と小型犬の間くらいの体格をしています。

学習能力や判断能力が高く、賢い犬種です。あわせて運動能力も高く、いつも元気はつらつで俊敏に走り回っている犬種です。粗食にも耐えられる我慢強さもあるので、家族の頼もしい一員になってくれますよ。

 

シェットランドシープドッグの性格は?

責任感が強い性格をしています。飼い主に従順で、飼い主の期待に応えようと頑張ってくれます。

愛想がよくしつけもしやすい犬種ですが、感受性豊かで用心深い面もあり、知らない人を警戒して甲高く吠えることもあります。

ただ、決して神経質というほどではありません。もともとが牧場の番犬なので、生まれつき吠えやすいのです。

 

シェットランド・シープドッグの子犬の価格は?毛色は?


シェットランドシープドッグの価格は、約10〜25万円です。スタンダードと呼ばれる体高30㎝前後の小柄な体型が人気なので、親犬がスタンダードに近い体型の場合価格が上がることがあります。

毛色によっても値段が異なります。シェットランドシープドッグの毛色は

・セーブル
・トライ(ブラック&ホワイト&タン)
・ブルーマール(ブルーマール&ホワイト&タン)
・バイブラック(ブラック&ホワイト)
・バイブルー(ブルーマール&ホワイト)

の5色が認められています。
すべてのカラーには頭、首、胸、四肢、しっぽの先に白いマーキングがあります。

ブルーマールやバイブラックは珍しい毛色なので、場合によっては30万円以上の価格がつくこともありますよ。

シェットランドシープドッグの中には、遺伝性の病気である「コリー眼異常」を持った個体もいるので、子犬の購入の際は、親犬に遺伝的な疾患がないかを確認してくださいね。

 

シェットランドシープドッグの病気や健康管理のコツ、散歩は?

shutterstock_191573636
シェットランドシープドッグは、「皮膚疾患」「外耳炎」「てんかん」「関節系疾患」などの病気になりやすいといわれています。

皮膚炎や外耳炎の防止のためには、皮膚・耳に正しいケアを行い、清潔さを保つことが大切です。関節系疾患は「高い所から飛び降りさせない」「フローリングなどで滑って転ばないようにする」「適切な体重を保つ」ことが防止につながります。

元々運動が好きな犬でもあるので、1日2回、30分以上の散歩をしっかり行い、食事をコントロールして肥満を防止してあげてくださいね。

 

シェットランドシープドッグは被毛のケアをしっかりしよう!


シェットランドシープドッグを室内犬として飼育する場合、被毛のケアが大切です。

中型犬の中でも抜け毛が多い犬種なので、皮膚疾患の防止のためにも毎日のブラッシングはしっかり行ってくださいね。加えて、月に1〜2回はシャンプーを行い、被毛に付いた汚れを落としてあげてください。

質の悪いシャンプーを使うと毛が硬くなってしまってブラッシングしにくくなるので、犬用の高品質なシャンプーを使ってあげるのがおすすめです。