クジラはどこに住んでるの?動物園で会える?餌は?

クジラは、現存する生物の中で最大の大きさを誇る生き物です。

過去には体長34m、体重190トン近いシロナガスクジラも発見されていますよ。

この記事では、クジラの分布や生息地、会える動物園、食べている餌についてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

クジラはどこに住んでいる?分布は

クジラ4
クジラは世界中の海域に分布していますが、暖かい海に生息している種類が多いです。

ただ、恒温動物であり水温の影響を受けにくいので、餌を求めて寒冷な海域に姿を現すことも珍しくないですよ。

ヒゲクジラの代表種であるシロナガスクジラやナガスクジラなどは、オキアミやプランクトンが豊富な南極や北極付近に集まることでも知られています。

 

クジラは動物園で会える?

クジラ3

関東近郊でクジラに会える動物園は?

  • 八景島シーパラダイス(神奈川県)
  • 新江ノ島水族館(神奈川県)
  • 鴨川シーワールド(千葉県)

関東近郊でクジラに会える動物園は、「八景島シーパラダイス」「新江ノ島水族館」「鴨川シーワールド」などがあります。

ただ、日本の水族館で見られるのは「ゴンドウ」と呼ばれる種類で、ナガスクジラやマッコウクジラのような、いわゆる巨大なクジラを日本の水族館で見ることはできませんよ。

 

海外でクジラに会える場所は?

海外でクジラに会える場所として有名なのが「聖テレーズ聖廟(アメリカ)」「サンファン諸島」などです。

聖テレーズ聖廟はアメリカアラスカ州のジュノーから北西約35kmのところにあり、陸からたくさんのザトウクジラを見ることができますよ。

また、ワシントン州のサンファン諸島(シアトルから北西に約170km)でもクジラを見る事ができます。すぐ近くにあるライム・キルン・ポイント州立公園(Lime Kiln Point State Park)は、海岸からゴンドウクジラだけでなくシロイルカが観察できる絶好ポイントとしても知られていますよ。

 

クジラの餌は?何を食べる?

クジラ1
飼育下でのクジラの餌サバ(210kg)
サンマ(45kg)
シシャモ(50kg)
カタクチイワシ(30kg)
野生下でのクジラの餌イカ
大小さまざまな魚類
プランクトンやオキアミ

飼育下でのクジラの餌は、サバ・サンマ・シシャモ・カタクチイワシを食べています。

野生下では、イカを主食としている種類が多いですね。強靭な歯を持つハクジラは大小様々な魚類・イカを食べることが多く、マッコウクジラやトックリクジラの食べ物はほぼイカです。

ヒゲクジラは強靭な歯こそ持っていませんがヒゲ板と呼ばれる器官があるので、小魚やプランクトン・オキアミなどの小さな生物をこして食べていますよ。

 

生で見るクジラの迫力は想像以上!

クジラ2
生で見るクジラは、テレビや写真などの映像で見るよりもダイナミックな姿をしています。

野生動物なので必ず見ることができるわけではないですが、千葉県・沖縄県・高知県に出かける機会があったらホエールウォッチングにぜひ参加してみてくださいね。想像以上の迫力にびっくりすること間違いなしですよ。