フェレットの値段の差まとめ。原産地や色は?飼育グッズは?

フェレットはペットとして人気の高い小動物です。古くはヨーロッパの家庭で可愛がられていて、現在は世界中で飼育されているペットです。

平均寿命は6年程度で、長く一緒にいることができますよ。

今回はフェレットを購入するときに気をつけるべきポイントと、販売価格など、飼育するにあたって気になる情報をまとめました。

 

フェレットの値段、販売価格は?

フェレット

値段

  • 2~3万円

フェレットの平均価格は2~3万円程度です。ハムスターなどの他の小動物に比べると高価ですね。希少な動物というわけでもないのに、なぜ高価なのでしょうか。

フェレットはペットショップで売られている段階から去勢・避妊の手術が済んでいることがほどんどです。手術代が販売価格に上乗せされているため、フェレットは他の小動物よりも高価なのです。

相場と比較して極端に安いフェレットは、避妊・去勢手術がされていない場合があります。購入前に手術が済んでいるか問い合わせをしてから購入するようにしてくださいね。

また、臭腺除去という手術もしてあるフェレットは、特有の臭いがかなり軽減されるので、臭いが気になる方は手術の有無を確認するのがオススメです。臭腺除去をしている場合は、その分の費用も値段に含まれています。

 

フェレットの値段、個体差がでる理由は?

フェレット_20160714_4

値段に差がでる理由

  • 毛色の違い
  • ファームの違い

毛色の違い

「セーブル」「チョコレート」「シナモン」「アルビノ」「シャンパン」「パンダ」などフェレットの毛色はたくさん存在しますが、個体数の少ない毛色が存在します。

中でもアルビノのフェレットは個体数が少なく珍しいので値段が上がります。「セーブル」や「チョコレート」は人気カラーなので、値段は一般的な価格相場に従いやすいですよ。

フェレットの毛色として公式に認められていないカラーも存在します。この場合「ミスカラー」と判断されて値段が下がることもありますよ。

 

ファームの違い

ファームごとにフェレットの値段設定が違います。たとえば外見と性格が全く同じ個体がいたとしても、ファームが違えば値段が変わることがあるのです。

 

フェレットの原産地、ファームの特徴は?

フェレット

フェレットは素人による繁殖が困難なので、ファームと呼ばれる繁殖場で生まれ、各地に輸出されます。ファームによって体格の違いや毛色などに特徴があります。主要なファームについてご紹介します。

 

マーシャル(アメリカ ニューヨーク)

日本に初めてフェレットを輸入したファームです。マーシャル産のフェレットは、細めでおとなしいフェレットが多いです。マイクロチップも入っており、保証が充実していますよ。

 

マウンテンビュー(アメリカ ニューヨーク)

おとなしい個体が多く、カラーはマーシャルに似ています。国内での流通量は少ないので、入手しづらいです。オスは大きく成長する個体が多いです。

 

パスバレー(アメリカ ペンシルバニア)

カラーの種類が豊富です。しっかりとした体つきで、丈夫なフェレットが多いですよ。ペットとして飼育されるフェレットの最大級のファームです。

 

人気のフェレットのファーム、色は?

フェレット_種類

フェレットの価格はファームと色の組み合わせによって決まります。人気の組み合わせであるマーシャルファーム産の、ホワイトファーブラックアイという色だと10万円を超える値段で販売されることもあります。

他のペット用小動物と比較すると高価ですが、フェレットが高いのは初期費用だけではありません。フェレットは金銭的余裕がある人にオススメのペットといえます。

 

フェレットを選ぶポイントは?

フェレット

 

フェレットを選ぶポイント

  • 年齢
  • ファーム
  • 性格

 

年齢

フェレットの寿命は6〜8年です。できるだけ長く一緒に暮らすためには赤ちゃんのフェレットを選んであげてくださいね。ただトイレのしつけや噛みぐせの矯正をする必要があり、少し大変かもしれません。

しつけ等に自信のない飼い主さんの中には、2〜3歳の大人のフェレットを選ぶ方も多いですよ。フェレットは犬と違って、大人から飼い始めても飼い主さんになつきやすいのです。

ファームできちんと育てられていればトイレや噛みぐせのしつけも完璧にされています。

 

ファーム

ペットとして飼育するにあたって「避妊や去勢手術」「臭腺除去の手術」が済んでいるかは意外と重要な項目です。販売価格が安くても、手術費用にお金を取られてしまうこともあるからです。

有名なファーム出身であれば必要な手術は済んでいるので安心ですね。

 

性格

購入前には、元気な個体であるかを必ず確認してください。抱きあげて、実際に触ってみるのがオススメです。

爪が伸びていないか、耳垢がついていないか、その他目や口、肛門周辺に汚れがついていないかなどをくまなくチェックします。店員さんに最近の様子も聞き、総合的に判断してください。

 

フェレットの飼育グッズは?月々の飼育費用は?

shutterstock_232610689

 

飼育グッズ

  • ケージ
  • トイレ
  • 水入れ
  • エサ入れ
  • サークル
  • リード
  • ハンモック

フェレットを飼った場合、最初の環境作りで3~5万円程度のお金がかかります。家となるケージ、その中のトイレや水入れ・エサ入れ、運動をさせるためのサークル、散歩のためのリード、ハンモックの用意が必要です。

月々かかる金額は、エサ代やトイレの砂、毛玉の除去剤など5,000円を目安と考えてください。加えて室内の温度管理が必要なので、エアコンの電気代がかかります。

また、フェレットは病院通いが必須な動物です。加齢による老衰が激しいので、5歳を過ぎたあたりから病気になりがちで、病院代がかさんできます。

手術になると1回で50万円ほどかかる場合もあるので、小さいうちから貯金を続け、困らないようにしておきたいですね。

 

フェレットの飼育には経済的余裕も必要!

フェレット_20160714_2

犬や猫に比べれば購入費用は手ごろですが、何かと飼育にお金がかかるフェレット。

動物病院への通院に備えてペット保険に加入もひとつの選択肢です。フェレットを飼う際は、余裕をもって準備するようにしてくださいね。