猫の発情期、時期や期間、鳴き声、対策は?綿棒での膣刺激が効果的?

猫には、子孫を残そうという本能に従い「発情期」があります。いつもと異なる愛猫のさまざまな行動に、初めて見た人は驚くこともあるはずです。ただ発情期の時期や期間は予測できるので、対処法を覚えてストレスなく猫の発情期を過ごせるといいですよね。

 

猫の発情期はいつ?時期は?

猫_子猫_じゃれる

発情の時期

  • 2~4月、6~8月

猫には発情期や繁殖期とよばれる、異性を迎える準備を整える期間が存在します。メス猫は生まれてから5〜9ヶ月ほどであらわれます。

発情期は2月~4月と6月~8月あたりの、温かい時期にピークがきます。温かい時期のほうが餌も豊富で過ごしやすく、子猫の生存率が高いからです。猫がそのことを知っているというよりも、動物の本能といえます。

また、日照時間の長さも関係していて、寒い地方の場合は多少時期が遅れることがあるようです。日本の気候であれば年中部屋が暖かい状態で室内飼いをしていても、通常通り発情期がきます。

オス猫の発情期はメス猫の発情期に呼応するので時期はほぼ一緒です。ただ、近くに発情したメス猫がいれば、すぐに発情するオス猫もいます。

 

猫の発情期、期間は?サインは?

時計 時間 経過

発情期の期間

  • 2~3週間

発情期のサインを出す期間

  • 3日ほど

発情期のメス猫のサイン

  • 地面に体をこすりつける
  • スプレーの回数が増える
  • 鳴く回数が増える
  • オス猫に優しくなる

猫が発情している期間は平均して2〜3週間ほどで、定期的に訪れます。

発情期の期間は年齢や周りに異性がいるかどうか、飼い猫か野良猫かで大きく異なります。中には生涯性欲を持ち続けるメス猫もいますよ。

発情期の前には様々なサインがみられます。メス猫は「地面に体をこすりつける」「スプレーの回数が増える」「鳴く回数が増える」「オス猫に優しくなる」など、日頃よく観察していると気がつくことができます。

ただし、サインを出す期間は3日ほどしかなく、全くサインを出さない猫もいるので一概にはいえません。サインがみられなくても、心配する必要はありませんよ。

 

猫の発情期、どんな鳴き声?

shutterstock_309471188

発情期の猫の鳴き声は、主にメス猫がオス猫を惹きつけるために発します。大きな声で「うおぉ~ん」というような盛り声を上げるのが特徴的です。

特にメス猫が満たされない気持ちを大きな鳴き声で表現し、それに応じる形でオス猫が同じように鳴き声を返すこともあります。

猫は夜行性の動物なので、夜中に鳴き声の応酬になることもありますよ。

 

オス猫の発情期、対策は?

猫_だっこ

 

オス猫の発情期対策

  • 去勢手術
  • メス猫との接点をなくす
  • またたび
  • 睡眠導入剤

発情期になると、やたら大きな声で鳴き声を出すが猫の習性です。一晩中鳴き続ける猫もいるので、お困りの飼い主さんもいると思います。

雄猫の発情期をおさえるためのもっとも効果的な対策は「去勢手術」で、その他に「メス猫との接点をなくす」「またたび」「睡眠導入剤」などが考えられます。

 

去勢手術

多くの飼い主さんがオス猫の発情期の対策として取る方法です。去勢をしない限りは老猫になっても発情期は続きます。

ただ、去勢手術にはデメリットもありますし、手術をしたからといってすぐに劇的な効果が期待できるわけではありません。

 

メス猫との接点をなくす

できるだけメス猫との接点をなくすことで、発情期をいくらか抑えることができます。

ただ、オス猫とメス猫を多頭飼いしていたり近所にメスの野良猫がいたりする場合は難しいですよね。発情期に異性に出会えないことで、ストレスも溜まってしまいます。

 

またたび

発情していたら、猫が好きなまたたびを与えることで気を逸らすという方法があります。しかし与え過ぎると呼吸困難などの可能性があります。

メス猫にもいえることですが、発情期のたびに与え続けることはあまりおすすめできません。

 

睡眠導入剤

動物病院で睡眠導入剤を処方してもらう方法もあります。発情を一時だけ抑える方法としては有効ですが、薬なので継続的に飲まなければなりません。

副作用も考えられますし、猫によっては効果が無いこともあります。

与え過ぎると悪影響が出ることもありますので、メス猫も含め、獣医さんに相談して愛猫にあった方法を試してみてください。

 

メス猫の発情期、対策は避妊手術?綿棒を使って膣刺激?

猫_子猫_綿棒

避妊手術以外の対策法

  • 湿らせた綿棒で膣を刺激

メス猫の発情期対策としては避妊手術が有効ですが、リスクがあったり費用もかかったりと、全ての飼い主さんが取る方法ではありませんよね。

避妊手術以外で、おすすめのメス猫の発情期対策は「綿棒」を使った方法です。湿らせた綿棒で膣を刺激し、排卵を促すことでメス猫の発情期を終わらせることができます。

猫は交尾排卵動物なので、交尾をした刺激で排卵が起こります。排卵が起これば、発情期は終わるので、綿棒で擬似的な交尾体験をさせ、排卵を促すのです。

成功すれば、約40日程度は発情期が来ないようになります。ただ、デリケートな部分を刺激するので、下手をすると体内を傷つけてしまうため、初めて行う場合は獣医さんに相談すると安心ですね。

正しい方法を覚え、丁寧に優しく処理をしてあげてくださいね。

 

猫の発情期との付き合い方

猫_獣医

本来、発情期に長く交尾をさせないと猫は重度のストレスを感じてしまい、寿命が短くなることもあります。また、交尾をしない発情期が続くと「子宮蓄膿症」などの病気にかかりやすくなるともいわれます。

子どもを作る予定のないメス猫は、避妊手術で卵巣除去をしてあげるのも愛猫のためですよ。ちなみに避妊手術をうけると、高確率でメス猫はオス猫に対して無関心になります。発情期との態度のギャップで、飼い主以上にオス猫もビックリするかもしれませんね。