犬の多頭飼い、注意点まとめ。ケージと相性がコツ!喧嘩をしたら?

犬好きな方なら、たくさんの犬に囲まれて過ごす「多頭飼い」に一度は憧れるのではないでしょうか。多頭飼いは犬を飼う楽しさを満喫できる一方で、デメリットや思わぬ苦労を招くこともあります。

今回は犬の多頭飼いに関して、「メリット・デメリット」「注意点」「ケージは分けるべきか」「相性の良し悪し」についてご紹介します。

 

犬の多頭飼い、メリットとデメリットは?

犬_多頭飼い

犬の多頭飼いの大きなメリットの1つに「先住犬が新しい犬にしつけを教えてくれる」ことがあります。先住犬が成犬の場合は特に、成犬が子犬に社会性を教えてくれますから、人間が教えるよりもずっと的確で効率のいい子犬育てになります。

他にも「先住犬が寂しくなくなる」「飼い主が犬との生活が何倍も楽しくなる」などのメリットも挙げられます。1匹飼いの時よりも愛犬のストレスが減り、以前よりも元気になったという例もありますよ。

一方デメリットもあります。「飼育費用が高くなる」「犬の散歩や病院に連れていく手間や時間がかかる」ことは事前に想定しておく必要があります。

相性の悪い犬種同士を飼ってしまうと苦労は数倍になりますし、去勢していないオス同士だと争いも起きやすいです。1頭が感染症の病気やアレルギーにかかると連鎖的に感染する場合もあり、治療費も倍増します。

先住犬が後から来た犬にしつけを教えるので、先住犬のしつけが完成していないと大変なことになる可能性もあります。多頭飼いを行う際はデメリットも十分に考慮してくださいね。

 

犬の多頭飼いの注意点1. 先住犬を優先する

犬_多頭飼い-ビーグル

複数の犬を同時に飼う際は、あくまで「先住犬を優先する」ようにしてください。犬は群れの中の順位を重んじる生き物ですから、後から飼い始めた犬ばかりをかまったり優先したりしていると、先住犬は精神的ストレスを溜め込んでしまいます。

帰宅時に頭をなでる順番や餌をあげる順番にも注意して、「先住犬を優先しているよ」ということが伝わるようにしてくださいね。

 

犬の多頭飼いの注意点2. 飼い主がボスであることを教え込む

犬 子犬 たくさん 柴犬

犬を多頭飼いした場合でも、「飼い主が群れのボス」であることは変わりません。犬同士で遊ばせる際も、飼い主が遊びをリードするようにしてくださいね。トラブルを防ぐためにも、はじめのうちは犬だけで遊ばせて放置することは避けたほうが良いですよ。

 

犬の多頭飼いの注意点3. ケージは分ける

ビーグル_ケージ

多頭飼いの際、ケージは頭数分だけ用意してあげることをおすすめします。ケージは犬の縄張りであり、最も安心できる場所です。一つのケージに複数の犬を入れておくと、ストレスを溜めてしまう可能性あります。

どうしても同じケージにいようとする場合には、無理に引き離す必要はありません。

 

犬の多頭飼いの注意点4. 安易に喧嘩をとめちゃダメ

犬_多頭飼い_喧嘩

犬同士が一緒に暮らしていると、ときおり喧嘩を始めることがあります。最初は喧嘩があまりに激しいので、ビックリしてしまうかもしれませんが、必ずしも相性が悪くて喧嘩をしているわけではありません。

群れの中での力関係を確定するために喧嘩していることが多く、犬にとっては大切なコミュニケーションです。下手に飼い主が仲裁に入るよりも喧嘩の決着をつけさせてあげることを優先させてくださいね。

大怪我をするぐらいに喧嘩がエスカレートしてしまうケースもあるので、その際は仲裁に入って止めてください。

 

ケージの除菌・消臭におすすめの消臭剤「カンファペット」

カンファペット

ケージやトイレ、染みついてしまった布などの除菌・消臭にはペット用消臭剤「カンファペット」がおすすめです。

カンファペットは一般的な「においを香りで上書きする」消臭剤とは違い、においの発生源を分解・変質させ、無害化することによってにおい自体を消し去ることを可能にした消臭剤です。

強力な除菌・消臭効果があるにも関わらず、ペットにとっては全くの「無害」です。原料は全て人間の食品用として認可されたものを使用しており、「財団法人 日本食品分析センター」でもその安全性を認められています。ペットの目や口に入っても安心・安全ですよ。

今なら初回限定で詰替えパックが1個無料になります。ぜひカンファペットの瞬間消臭効果を実感してみてくださいね。

内容量ボトル300ml
+詰替え用300ml
価格1,520円

カンファペットの商品購入ページへ

 

犬の多頭飼い、「性別」に注意!

shutterstock_128582750

犬の多頭飼いは「性別」の組み合わせを考慮して選ぶことが大切です。性別は雄と雌が最も相性がよく、ついで雌同士がよいとされています。雄同士は喧嘩が激しくなる場合があるため、複数で飼うのは簡単ではありません。

雄と雌の組み合わせの多頭飼いでは交配に注意が必要です。「妊娠したがこれ以上飼うことができない」という不幸な状況は避けなければいけませんよね。必要な場合は去勢及び避妊手術を考慮しておく必要があります。

雌同士は初心者に難しい面があります。雌はホルモンのバランスによって感情の起伏が激しくなるからです。

雄同士は生後6ヶ月前後の成熟期を迎えるころから、「他の犬よりも優位に立とう」とする生態から喧嘩が絶えません。

 

犬の多頭飼い、「体格」に注意!

チワワ 子犬 3匹

犬同士の「体格」の違いにも注意が必要です。体格差がある犬種同士が一緒に暮らすと、体格の小さい犬が思わぬ怪我をする恐れがあります。体格差の大きい犬同士の多頭飼いは避けることをおすすめします

どうしてもという場合は、個体差はありますが一般的には先住犬が小型犬で、新しい犬が大型犬の場合のほうがうまくいくとされています。参考にしてみてくださいね。

 

犬の多頭飼い、犬種での相性の良し悪しはある?

柴犬

同じ犬種同士の組み合わせが最も相性がよいです。犬種が異なる場合、体格の話を除けば「この犬種とこの犬種の相性がよい」という組み合わせはないといわれています。

テリア種は群れを好まないため多頭飼いに不向きだとされていますが、飼っている犬の性格によっては多頭飼いができる場合もあります。

運動量の相性も飼い主の負担を減らすうえで大切です。必要とする運動量や持っている体力にあまりにギャップがあると、散歩の負担が大きくなってしまいます。動くのが得意ではない犬種と運動能力抜群の犬種を多頭飼いするのは避けたほうがいいです。

また年齢の相性も大切ですよ。年齢が近すぎると幼犬期やシニア期など世話がかかる時期が被るので、飼い主の負担も倍増します。年齢の差は4~5歳がいいといわれています。

相性については「ケースバイケース」の要素が大きく、飼ってみないとわからない点も多いですね。

 

犬の多頭飼いは苦労も幸せも倍

幸せ_笑顔_親子

多頭飼いは、実際に行ってみないとわからない要素が多いのが現実です。苦労も増える分、上手に飼えれば幸せも倍以上になりますよ。愛犬の幸せを第一に考えて、一頭だけで飼うか多頭飼いをするかを決定してくださいね。