犬に与えてはいけない食べ物、食べさせていいものまとめ。種類と理由は?

人の食べ物で、犬が食べると健康を害するものがあります。害になると知らずに愛犬へ与えないよう、種類と理由は覚えておいたほうがいいですよね。あわせて、犬に食べさせていいおすすめの食べ物も紹介します。

 

犬に与えないほうがよい食べ物は?

ワラマイヤー
人が食べられる物でも犬に与えてしまうと危険な食べ物があります。代表的なものにネギ類・ぶどう・アボガドがあります。野菜類、果物、魚類、他の食べ物も含めてご紹介します。

 

玉ねぎ・長ネギ・ニンニクなどのネギ類

犬が玉ねぎや長ネギ、ニラ、ニンニクなどのネギ類を食べると、中毒を起こします。ネギ類に、体内のヘモグロビンを酸化させるアリルプロピルジスルファイドという成分が含まれているためです。

玉ねぎ中毒は「溶血性貧血」や「高カリウム」血症を引き起こし命を落とすことがあります。エキスにも成分は含まれるので、玉ねぎと一緒に調理したものも与えてはいけません。

血尿や歯茎が青白くなっていた場合は、溶血性貧血の疑いがありますのですぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。

 

アボカド

アボカドに含まれるペルジンという成分が、嘔吐や下痢などの症状を引き起こします。死亡の危険性のある成分ですからアボカドの取り扱いには充分注意してあげてください。

最近では加工して有害成分を取り除くことで、アボカドを使ったドッグフードやおやつも販売されています。ASPCA( 米国動物虐待防止協会 中毒事故管理センター)はアボカドを使ったドッグフードに関して、

「ペットフードの製品に使用されれているアボカドが、どの種類のもので、どんな加工をして、どの程度の量を使用しているのか分からないため、危険かどうか答えることはできない」と意見しています。

アボカドに有害成分が含まれていることは確かなので、与えないようにすることが無難ですね。

 

ぎんなん

ぎんなんに含まれる「メチルビリドキシン」は、嘔吐やけいれん、めまい、呼吸困難などを引き起こす中毒成分です。

口にさせないことが一番ですが、散歩中に落ちているぎんなんを食べてしまう可能性があります。秋の散歩は心地良いですが、ぎんなんには注意が必要ですね。

 

ぶどう類

ぶどう類を犬が食べると、肝機能障害を起こすことがあります。嘔吐や下痢の症状が現れ、2日ほどで症状が悪化して死に至るケースもあります。

レーズン入りのパンなども与えないようにしてあげてくださいね。

 

プルーン

まだ詳しく解明されていませんが、愛犬にプルーンを食べさせたことで、呼吸困難やショック症状などの症例が報告されております。特に乾燥プルーンは毒素が凝縮されているので与えてはいけません。

カリウムが豊富に含まれるため、過剰摂取をしてしまうと腎機能に影響が出るともいわれています。

 

煮干し、鰹節

マグネシウムが多く含まれており、与え過ぎると尿路結石の原因になるとされています。下痢の原因となるケースも多いです。

 

生タコ、生イカ、エビやカニなどの甲殻類

生タコと生イカは消化不良を起こしやすいので犬の食事には向きません。生の貝類や甲殻類を大量に摂取すると酵素チアミナーゼがビタミンB1を分解してしまうため「 ビタミンB1欠乏症」になる恐れがあります。

加熱するとチアミナーゼは破壊されるので無害になりますが、過剰摂取は消化不良になりますので、あまり良い食材とはいえません。

 

スルメ

スルメは胃の中で水分を吸収して10倍以上に膨れることがあります。腸も食道も通過できずに詰まってしまうと、危険な状態になります。

飼い主から与えないようにすることはもちろん、食べかけのスルメを机に放置しないようにすることも大切です。

 

ししゃも

ししゃもには生魚の約5倍の塩分が含まれています。犬が必要とする塩分量は少量なので、ししゃもは塩分の過剰摂取となり「腎臓病」の原因となる可能性もあります。

 

ナッツ類、マカダミアナッツ

ナッツ類はししゃも同様、味付けに塩分がまぶされている事が多いので、基本的には与えないようにします。

マカダミアナッツは強い中毒性があり、食べて12時間以内に嘔吐や痙攣などの症状が現れますので、愛犬に触れない場所に保管してくださいね。

 

キシリトール

キシリトールは血糖値を下げる効果があり、犬の血糖値はキシリトールによって急激に低下します。「運動失調」や「けいれん」を起こし、最悪の場合「肝不全」になって死に至ります。危険度が高い成分といえますので、キシリトール含有のガムや歯磨き粉などは与えないようにしてください。

 

そのほか犬に害を与える食べ物

カフェインを含む「コーヒー」や「お茶」は中毒症状を起こし、窒息の危険性があります。

「猫用のキャットフード」も食べ続けると栄養過多になります。「お菓子」も塩分や糖分、添加物が大量に含まれているため病気の原因となります。与えないようにしてあげてくださいね。

 

犬に食べさせていいもの、おすすめは?

犬_ごはん
与えてはいけないものとは反対に、犬の好物や栄養価が高く犬に与えた方がいい食べ物もあります。ドッグフードに混ぜて与えてあげるといいですね。

 

サツマイモ、サトイモ

サツマイモは食物繊維やミネラルが豊富に含まれていて犬の好物です。ビタミン類もバランスよく含まれているので積極的に与えてあげてください。

サトイモは消化機能を助け抵抗力を高めます。低カロリーなのでダイエットにも向く食材です。

胃腸の弱い犬は、食物繊維が下痢の原因になることもあるので、分量は徐々に増やすなどして調節してあげてくださいね。生で与えると中毒を起こすので、加熱調理をしてから与えるようにしてくださいね。

 

キャベツ、白菜、大根

キャベツはビタミンと食物繊維が多く犬に適した食べ物です。与える際の注意点はサツマイモと同様、生ではなく、湯がくなど火を通してからあげるようにしてください。

白菜と大根は生で食べさせてもよい食材です。熱に弱い酵素が含まれているため、生のほうが効率よく摂取することもできます。

白菜は繊維がやわらかいのでお腹にも優しい食材です。ビタミンCも豊富です。大根は葉に近い部分をおろして与えるのがおすすめです。芯をスティック状にしたものをかじらせれば、歯垢の蓄積を最小限にする効果も期待できますね。

 

ブロッコリー

ブロッコリーは茹でて適量を与える分には犬にとっていい食べ物です。特に茎の部分は茹でると甘く、こりっとした食感は多くの犬が好むのでおすすめですよ。

カロチン(ビタミンA)、ビタミンB群、カリウムなども含まれていて栄養価も高いです。犬に食べさせている飼い主さんも多い野菜です。

 

カボチャ

カボチャはベータカロテン、ビタミン、食物繊維が豊富です。茹でて食べやすい大きさにしてあげてくださいね。種は消化に悪く腸に詰まる可能性があるので取り除きます。

ただ、カボチャはカロリーが高いので主食にすると肥満の原因になります。

 

豆腐類

豆腐は低カロリー高タンパクな食材で、犬の健康にもよいとされます。柔らかく茹でたり、すり潰したりしてあげると愛犬にとって食べやすいです。納豆も同様に犬の健康に良いのですが、口臭が気になるかもしれませんね。

大豆アレルギーを持つ犬もいるので、初めて与えるときは少量から与えるようにして、大豆を食べても平気か確認しながら与えてあげてくださいね。

 

バナナ

バナナに含まれるカリウムには整腸作用があり、便秘解消が期待できます。白血球を活性化し、免疫力を高める効果があるともいわれています。

 

リンゴ、みかん、さくらんぼ、モモ

リンゴ、みかん、さくらんぼ、モモも犬が安全に食べられる果物です。みかんの薄皮・種やリンゴ、さくらんぼ、モモの葉・茎・種には犬に有害なので、取り除いて果肉だけをあげてくださいね。

果物は糖分を多く含んでいるため、与えすぎると肥満につながります。果物は少量ずつ与えることが大切です。

果物アレルギーを持っている犬もいます。与えると体が赤くなってかゆみを生じる症状が現れますので、症状が出た場合は、果物を与えないよう気をつけてください。

 

正しい知識で、愛犬の食事管理を

ケーキ
有害だと知らずにこれまで与えていた食材もあるかと思います。人間と犬では体の作りや、体内にもつ酵素が違いますので、愛犬に合わせた食材選びには正しい知識が必要です。

生で食べられる食材もありますが、基本的には加熱がおすすめです。また、調味料による味付けは犬にとって塩分の過剰摂取につながるので、行わないほうがよいです。

ドッグフード以外で犬に食べ物を与えたい場合は、専用の料理を作ってあげたり、専門店で購入したりすることをおすすめします。