トイプードルの多頭飼い、どんなことに気をつけるべき?よくあるトラブルと対策方法は?

トイプードルを多頭飼いしているご家庭は多いのですが、他の犬と仲良く出来ているのか、ストレスは溜まらないのかなど色々と心配になることもありますよね。この記事ではトイプードルの多頭飼いのポイントやトラブル対策方法をまとめました。

 

トイプードルの多頭飼い、気をつけることは?

トイプードル_アプリコット

多頭飼いのポイント

  • 生活リズムを先住犬に合わせる
  • 公平なしつけ

トイプードルは多頭飼いにも適した飼い主に従順な犬種ですが、「先住犬を優先させる」ことと「公平なしつけ」は飼い主さんが気をつけたいポイントです。

 

生活リズムを先住犬に合わせる

「先住犬」とは新しく犬を家に迎える以前から飼われていた犬のことです。新しく迎えた犬のことは「後住犬」といいます。

トイプードルの多頭飼いでは「生活リズムを先住犬に合わせる」というルールがあります。後住犬の生活リズムは先住犬にあわせてあげてくださいね。

後住犬がくるまでの期間を一匹で生活をしていた先住トイプードルには、一日の生活リズムが既に存在しているからです。

後住犬が加わることで先住犬の生活リズムが崩れてしまうと、ストレスから問題行動に繋がることもありますよ。野生の犬の世界でも、先住犬が「上の立場」となり後住犬は先住犬に従う性質があります。犬の本能的な習性といえますね。

 

公平なしつけ

生活リズムは先住のトイプードルを優先させますが、しつけに優劣をつけてはいけませんよ。多頭飼い(群れ)で生活することになるトイプードルたちにとってのリーダーは、先住犬ではなく飼い主さんだからです。

公平にしつけを行うことで、飼い主さんが共通のリーダーであることを認識させてあげないと様々な問題行動につながってしまいます。

好奇心旺盛で活発な性格をしているトイプードルたちですので、しっかりと公平にしつけてそれぞれの個性を伸ばしてあげてくださいね。

 

トイプードルの多頭飼い、よくあるトラブルや対策は?

トイプードル_兄弟

よくあるトラブル

  • 喧嘩

トイプードルの多頭飼いをするうえでよくあるトラブルが「喧嘩」です。お互い飼い主のことが大好きで活発な性格をしているため、時にぶつかることがあるのです。

実際に多頭飼いをしている飼い主さんからも「飼い初めの頃は喧嘩が絶えなくて苦労した」という話もよく聞きます。

喧嘩が起きてしまう原因のほとんどは、上記の活発でやきもちやきな性格からです。また後住犬が加わることによる「先住犬のストレス」も原因として挙げられますよ。

 

対策方法

トイプードル同士が環境に慣れて仲良くなれば、喧嘩のトラブルは改善しやすいです。

どうしても喧嘩がひどい場合は、「しばらく別々の部屋で過ごさせる」「散歩の時間をずらす」など、距離を保ちながら時間の経過と共に距離を縮めるように配慮してあげてください。

 

トイプードル同士が仲良くできるしつけを!

素材

トイプードルは社交的な性格をしている子が多いですが、多頭飼いとなるとお互いにやきもちを妬いて様々なトラブルを起こすことがあります。

生活リズムは先住犬にあわせるようにして、しつけは公平に行うことが、トイプードル達が快適に過ごせる環境を提供するために大切なことですよ。

 

トイプードルのブリーダーさんをお探しの方へ

トイプードル (3)

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のトイプードルのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のトイプードルの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。トイプードルは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在トイプードルの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。