柴犬の子犬値段は?ブリーダー販売、里親の注意点は?展覧会とは?

柴犬のブリーダーは日本に数多くいます。柴犬はペットショップでもよくみかける有名な犬種ですよね。

この記事では柴犬の価格相場や、柴犬と出会う代表的な方法であるブリーダー、ペットショップ、里親制度それぞれで探す場合のポイントをまとめました。

 

柴犬の価格相場は?時期によって違いがある?

柴犬 (2)

柴犬の価格相場

  • 5~20万円

柴犬の価格相場は5~20万円とされていますが、時期によって値段が変動し、11~2月頃に安くなり、3~5月頃に高くなります。

理由は柴犬の受胎率に影響していて、寒い時期は柴犬の発情が減り受胎率も下がるので、春先に生まれる子犬の数は少なくなり価格が上がります。一方で暖かくなってきた春先以降は発情、受胎率ともに改善されるので6月以降の子犬の出産が多くなり価格も落ち着きます。

犬を飼い始めたいと思う方が冬よりも3月からゴールデンウィークにかけて増えるという消費傾向も少なからず影響しているようです。

 

柴犬の価格はブリーダーやペットショップによって違う?被毛カラーによる?

柴犬

柴犬の価格は被毛カラーの頭数によって値段が変わります。一般的な価格は下記の通りです。

被毛カラー価格
5~20万円
10~18万円
胡麻10~18万円
16万円

黒や胡麻は赤に比べると数が少ないので、価格も少し高めに設定されています。白は計画的に作出するのが難しいので値段が高いです。

 

ブリーダーから柴犬を購入するポイントは?

shutterstock_281482361

ブリーダーから購入する利点は「育て親であるブリーダーさんに会える」「親犬を見ることができる」「きちんとしつけされている」などたくさん挙げられます。

中でも育て親に実際に会えることは、細かな性格のクセまで意見を聞けるため、大きなメリットですよね。販売目的で大量に生産している繁殖業者(パピーミル)には注意が必要です。

柴犬を豆柴だと偽ったり乱交配による遺伝疾患などを隠して販売していたりする業者もいるようです。事前の情報収集をして、信頼できるブリーダーから仔犬を入手するようにしてくださいね。

注意しなければならないのは、よいブリーダーさんであるかどうかです。中には柴犬を販売して得る利益だけを目的として、大量に生産している繁殖業者(パピーミル)も存在します。

柴犬を豆柴だと偽ったり乱交配による遺伝疾患などを隠して販売していたりするケースもあるので、きちんとした判断基準を持って柴犬を選んであげたいですよね。

 

柴犬のステキなブリーダーさんをお探しの方へ

柴犬

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国の柴犬のブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。

子犬の柴犬の飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。柴犬は特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在柴犬の飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。

 

ブリーダーから購入した後に気をつけることは?

柴犬

ポイント

  • 予防接種
  • しつけ

おうちに迎え入れたばかりの子犬は、慣れない環境のために神経質になっています。自分のおうちに慣れてもらうために、迎えてから3日間は必要以上にかまわず安静にしてあげてください。

 

予防接種

子犬は、生まれた年に3回の予防接種(混合ワクチン)を受けます。1回目は「生後45~60日」、2回目は「1回目の接種から3週間~1ヶ月後」、3回目は「2回目の接種から3週間~1ヶ月後」が目安です。

迎え入れる子犬によっては、ブリーダーやペットショップのほうで1回目の接種が済んでいるはずです。その際の「予防接種証明書」を必ず受け取ってくださいね。

子犬の時期に3回の接種が終わったら、次の年からは年に1回の追加接種を行います。また混合ワクチンは法的義務はありませんが、狂犬病の予防接種は年1回の接種が義務付けられています。

その他、いざという時に相談できるように、愛犬を迎え入れる前にかかりつけの動物病院を探しておくと良いですね。

愛犬の予防接種について詳しくはこちらの記事にまとめています。

 

しつけ

子犬がおうちに慣れてきたら、しつけを始めても良い時期です。まずはそっとスキンシップをとりながら、「体を触られても嫌がらない」ということを訓練します。

次は「トイレの訓練」「お留守番の訓練」など、飼い主さんの生活に合わせられるようにしつけをしましょう。上手にできたら、ご褒美をあげて思いっきりほめてあげます。もし失敗しても、怒ったり叩いたりすることはおすすめしません。ご褒美をあげないだけで十分ですよ。

愛犬のお留守番をしつけるときのポイントはこちらの記事にまとめています。

 

日本犬保存会の「展覧会」ってなに?

柴犬

「展覧会」とは、柴犬や秋田犬、四国犬など、国の天然記念物に指定された日本犬を育て、保存するため、公益社団法人「日本犬保存会」が開催しているコンクールです。

より良い日本犬種を育て、より広めるために、ブリーダーなどたくさんの人たちが日々努力をして展覧会に発表しています。見学は無料でできますから、柴犬を飼いたいと考えている方は一度足を運んでみるのもおすすめです。

開催場所や時期はおおまかに以下の表のとおりです。詳しくは日本犬保存会のホームページをご覧ください。

場所支部が置かれている各都道府県
時期春季展3月上旬〜5月上旬
秋季展9月中旬〜11月中旬
全国展11月中旬頃

 

ペットショップの販売で柴犬を購入するポイント

柴犬_ブサイク

あまりたくさんの種類の動物を同時に販売しているショップは、子犬が病気にかかるリスクが高いため、健康状態に気をつけてくださいね。

ペットショップはブリーダーから購入する場合と比べて安価に柴犬を購入できますが、ブリーダーさんから直接購入するほうがやはりおすすめといえます

性格と外見からしっかり選んであげることをおすすめします。

 

性格

性格面で重視するポイントは飼い主さんが愛犬に求めるものによります。元気な個体を飼いたい初心者の方は、手を差し出したら喜んで近寄ってくるような性格がおすすめです。

1からしつけを教え込みたい方は、手を差し出しても目を逸らしたり後ずさりをしたりする性格の方がやりがいがあるかもしれませんね。

 

外見

体面では「肉球」「毛の生え方」「立ち姿と重さ」「皮膚」「肛門」「歯と歯茎」などは健康状態を大きく反映しますのでチェックしてみてください。

ペットショップの店員や責任者としっかりと会話し、これまでのワクチン接種歴や飼ったあとのサポート体制についても細かく確認してください。

購入前に信頼できるペットショップかどうかを見極めることが大切ですよ。

 

柴犬の里親になる際のポイント

IMG_0510 (1)

ペットショップやブリーダーから購入せずとも、里親の募集を見つければ柴犬の飼育を始めることができます。多くの場合、無料で引き取ることができるのが、里親になるメリットです。

里親を探している柴犬は成犬である場合が多く、なつくのに時間がかかることもあります。避妊や去勢が行われていない場合や、なんらかの病気にかかっている場合は、無料で引き取った後に医療費がかかることがあります。里親募集サイトの運営者によく確認してください。

多くの場合、里親になるか正式に決める前に、試験期間を設けて体験生活をすることも可能なので、犬との相性や健康状態を確認してみてはいかがでしょうか。

子犬は民間団体や保健所からなど、他にも様々な入手方法があります。

 

パートナー探しが大切!柴犬展覧会にも足を運んでみよう!

柴犬

柴犬の入手先によって価格やポイント、注意点は異なります。価格も大事な要素ではありますが、やはりパートナーとして信頼できるブリーダー、ペットショップ、里親を探すことが大切となります。

ブリーダーワンのような信頼できるサービスを利用して柴犬のブリーダーさんを探すか、展覧会に足を運び、実際に自分の目で柴犬を見て、選んであげることがおすすめです。

ぜひ素敵な人生の伴侶をみつけて、愛犬との暮らしをより豊かなものにしてあげてくださいね。

柴犬についてのすべての情報はこちらの記事から確認できます。