猫の出産、時期や兆候、時間、準備物は?産む数は何匹?

猫は多胎動物であり、一度に複数の子猫を産む動物なので、人間の出産とは違う点が多くあります。猫は基本的に自分で出産しますが、人の手を借りなければ無事出産できない場面もあります。万が一に備えて、猫の出産を控えている飼い主さんは一通り知識を持っておきましょう。

 

 

猫の妊娠はどうやって見分ける?

猫 出産 3匹 子猫 タオル

猫は生後6ヶ月から9ヶ月目あたりにかけて発情期を迎えます。発情期のメス猫は他の生物に対して優しくなり、乳首が大きくなる傾向があります。また、猫は妊娠すると、床でゴロゴロと転がり始めるため、普段の様子を観察することで妊娠兆候に早く気づくことができますよ。詳しくは関連記事を参考にしてくださいね。

 

猫の出産、時期と兆候は?

猫 妊娠

猫は妊娠60日を過ぎる頃から、出産に向けて準備を始めます。分娩の24時間前になると、食欲が落ち、攻撃的になり、警戒心が強くなります。

母猫は出産に適した場所を探すそぶりを見せますので、もし手伝ってあげるとすれば、暗くて落ち着ける場所に、タオルなどを敷いた「巣」を作ってあげ、入るように促しましょう。

 

猫の出産にかかる時間は?

時計 時間 経過

猫の陣痛はおよそ20分~1時間ほど続きます。それ以上経っても出産が始まらない場合は、微弱陣痛や逆子などのトラブルが考えられますので、すぐに獣医師に連絡をしましょう。

お産は15~30分間隔で子猫を次々と産み、合計で1~2時間ほどかかります。陣痛が始まってからお産が終わるまで最大で3時間ほどです。なお、子猫が出てくる段階で大量出血などが見られる場合や、頭が出ているのに5分以上そのままの場合は、急いで動物病院を受診してください。

 

猫の出産、何を準備すればいい?出産後はどうする?

疑問 クエスチョン はてな クエスチョンマーク

出産のための「巣」である産室を作る際、ダンボール箱やタオル以外では、万が一母猫が生まれてきた子猫の羊膜を取り除こうとしない場合、清潔なタオルや布で羊膜ごと子猫を包み、母猫のそばに連れて行ってあげましょう。

それでも母猫が反応しない場合は、その後の処置も飼い主がすることになります。布ごと体の表面をなでるようにすると、羊膜は剥がれてきます。

次にへその緒の処理ですが、体から5センチくらいのところを木綿糸で縛って止血します。止血点ではなく、母猫の胎盤側を清潔なハサミで切りましょう。

初めてのことで気が動転してしまうかもしれませんが、あらかじめ産後のシミュレーションをしておけば、慌てずに対応できますよ。処置に不安がある場合は、時間をあけずにかかりつけの獣医師に相談しましょうね。

 

猫の出産、一度に産む数は何匹くらい?

猫

猫が一度の出産で産む子猫の数は1~8匹程度で、最も多いのは3~5匹といわれています。母猫の体のサイズによっても変わり、猫の中でも小さいといわれているシンガプーラでは、2匹前後を産むことが多いようです。

 

飼い主も猫の出産準備

猫のお産トラブルを見極めるのは難しいですが、基本的にお産の進行は母猫に任せるのが大切です。あまり人が手を出しすぎると、まるでスイッチが切れたように、母猫は子猫の面倒をみなくなってしまいます。あくまでも流れに任せ、母猫の体力的に無理があるような場合だけ手助けをするようにします。

母猫の妊娠に気づいたときから、猫の出産と子猫の成長に関する最低限の知識は得るようにしたいですね。ぜひ関連記事も参考にしてくださいね。