犬の肉球、手入れの方法は?なめるときや怪我・病気の対処は?

犬の肉球はクッションのような役割を持ち、歩いたときや飛び降りたときの衝撃から脚の骨や関節を守る重要なパーツです。犬の肉球について、日ごろのお手入れ方法や、怪我や病気が心配なときの手当てなどをご紹介します。

 

犬の肉球、手入れ方法は?

犬_肉球_手入れ

肉球は汗で湿り、地面からの汚れがつきやすいので、散歩から帰ってきたら肉球の手入れをしてあげましょう。

濡らしたタオルや、薄めた石鹸液を使って汚れを拭き取っている方は、汚れや石鹸のカスが肉球の間に残って炎症を引き起こしてしまうことがあるので注意してください。

オススメは、肉球ケア専用の洗浄・除菌スプレーを足の裏にかけ、余分な水気をタオルで拭き取る方法です。水気を拭き取ったら肉球ケア専用のクリームを塗ってあげましょう。肉球を乾燥から守ってくれるので、怪我を予防できますよ。

 

犬が肉球をなめる理由は?

犬_舐める

犬が肉球をなめるのは、自分自身で手入れを行っているからであり、ごく自然なことです。

ただ、あまりしつこく肉球をなめたり、足を噛んだりしている場合は注意が必要です。肉球や指の隙間が傷つき、炎症を起こし、かゆみや痛みを感じている可能性があります。

肉球の表面は丈夫にできていますが、直接地面に触れるので思わぬ怪我をしやすいものです。怪我の治りも、他の部位よりも遅い傾向がありますので、普段と違う様子があれば、肉球をチェックしましょう。

 

放っておくと重大な病気に関わることも?

上でも述べた通り、「肉球が炎症を起こしているからなめる」ということも考えられます。

犬の舌はザラザラしています。そのため放っておくと余計に皮膚を傷つけ、様々な皮膚トラブルの原因となってしまいます。愛犬の健康のためにも、飼い主さんは愛犬の様子を常に確認して、適切なケアしてあげることが大切です。

おすすめは犬用スキンケアサプリメント「ビオワンファイン」です。酵素や乳酸菌、β-グルカンなどの有効成分が犬本来の免疫力を底上げし、体の内側から炎症などの不調にアプローチします。

外からの刺激に対する抵抗力を改善し、丈夫で美しい皮膚・毛並みや病気に負けない体づくりをサポートしますよ。

通常価格7,980円
毎月お届けコース1,980円【75%OFF】
2回目以降は4,980円【38%OFF】

 

犬の肉球が怪我したときの手当方法

ポメラニアン_手術服

肉球が怪我をすると、犬は傷口をなめようとしますが、止めさせましょう。唾液には抗菌作用があるから大丈夫という意見もありますが、それ以上に細菌が多く存在するためです。

怪我をした直後は、マキロンなどの消毒薬をティッシュに含ませて傷口に当てます。傷口からばい菌が入りやすくなっているので、怪我が治るまでは家の外に出すことを控えましょう。

目立つほどの大きな怪我がある場合は動物病院を受診してくださいね。特に大型犬の場合は体重が肉球に集中するため、傷の治りは悪くなりがちです。症状の悪化や細菌の感染を防ぐためにも、適切な処置を受けてください。

 

犬の肉球がこんな場合は病気かも?

犬_病気

肉球に怪我があり、けいれんを起こしている場合は「破傷風」という病気にかかっている可能性があります。破傷風は土の中に住む破傷風菌が傷口から入ることによって起こる細菌感染症です。

破傷風菌は小さな切り傷程度でも侵入し、感染すると全身に激しい強張りやけいれんを起こし、最悪の場合、呼吸困難から死に至ります。感染が判明した場合、動物病院では傷口や全身にペニシリンと毒素を中和するための血清の投与を行って治療します。

 

犬の肉球を怪我や病気から防ぐために

破傷風は恐ろしい病気で、心配する飼い主さんも多いと思いますが、安心してください。動物病院で三種混合ワクチンを接種していれば、破傷風は予防することができます。

1回の接種だけでワクチンの効果がずっと持続するわけではないので、毎年ワクチンの予防接種を受けるようにしてください。日頃から肉球を手入れすることが、愛犬を怪我から守ってくれるので、飼い主さんはケアを怠らないようにしましょう。