猫の膀胱炎、症状と原因、治療法は?自然治癒できる?治らないときは?

いつも元気な猫が最近おとなしい。うずくまって動かなくなったり、人が触れると唸り声を上げたり、トイレが長かったり、行動に違和感がある。そんな時は膀胱炎を疑いましょう。今回は猫の膀胱炎について、症状や原因、治療法、自然治癒できるのかなどをまとめました。

 

 

猫の膀胱炎とは?

お悩み 塀の前 女性

膀胱炎とは、尿をためておく膀胱に炎症が起きている状態をいいます。膀胱は腎臓から送られてくる尿を一旦ためておく袋状の器官で、尿道につながっています。

膀胱炎は、尿道から入った細菌が膀胱まで逆行し炎症を引き起こすことで発症します。メス猫の方がオス猫よりも尿道が短く、細菌が膀胱に侵入しやすいため、かかりやすいですよ。また、膀胱内の尿結晶や尿結石によって膀胱粘膜が傷つけられて膀胱炎につながる場合もあります。

 

猫の膀胱炎、症状は?

疑問 クエスチョン はてな クエスチョンマーク

猫が膀胱炎になると元気がなくなり、食欲不振になります。お水を飲む頻度が増えたり、トイレの回数が増えたりしますが、トイレに入ってもなかなかおしっこが出なくなります。

また、トイレの砂の固まりが褐色の濃い色の場合や臭いが強い場合は膀胱炎の可能性があります。猫の様子に違和感があったらトイレの砂を観察しましょう。また、トイレの砂は白色のものを使うと異常を発見しやすくなるのでおすすめですよ。

 

猫の膀胱炎、原因は?

ルーペ 本 虫眼鏡

多くの場合、猫の膀胱炎は細菌感染によって起こります。細菌性の膀胱炎は、尿検査をすると細菌が見つかるので原因を特定しやすいといえます。

しかし、決定的な原因が分からない「突発性膀胱炎」もあります。突発性膀胱炎の主な原因は、肥満、飲水不足、寒さ、ストレスによるものであると考えられています。

猫はストレスに敏感な生き物で、新しい環境に引っ越したり、飼育環境に見知らぬ人が訪れる機会が増えたりするとストレスがたまります。注意してあげましょうね。

 

猫の膀胱炎、治療方法は?

病院のねこ

まずは膀胱炎を起こしている原因を特定します。突発性膀胱炎の場合は原因によって治療方法が異なるため、必ず動物病院で診察を受けましょう。

細菌性の膀胱炎だった場合、原因菌が分かればそれに効く抗生物質を投与することで、膀胱炎の症状は改善できます。また尿結石などが原因の場合は、外科手術や膀胱洗浄を行う場合もあります。

動物病院での診察料の目安は初診でおよそ2,000円程度ですが、手術や膀胱洗浄が必要な場合は別途施術費用が必要となります。猫の状態にもよりますが10,000~50,000円程度かかることを想定しておきましょう。

 

猫の膀胱炎、自然治癒できる?治らないときは?

突発性膀胱炎の場合、一度動物病院で診察してもらった後、環境的な改善によって自然治癒することもあります。細菌性の膀胱炎の場合は自然治癒することもありますが、重症化することをさけるため、抗生物質を与えてあげるのがおすすめです。

また、「膀胱炎」と診断されて抗生物質を投与してもなかなか治らないときは、実は尿結石などの外科手術が必要だったということもあります。

診断が難しい病気ですから、もし2~3ヶ月経ってもなかなか治らないときは、違う動物病院でX線検査やエコー検査をしてもらうなど、詳しく調べてもらいましょう。

 

猫の膀胱炎、予防できる?

疑問 クエスチョン ランプ 電球

細菌性のものと、突発性のもの、結石によるもの、それぞれで予防方法が異なります。

 

細菌感染が原因の膀胱炎予防のためにすべきこと

「トイレの環境を清潔に保つ」「飲水量を増やす」の2つが大切です。

細菌は尿道から感染することが大半で、トイレ環境を清潔にすることは、猫の体内に細菌が侵入することを防ぎます。具体的にはトイレの砂を2週間に1回の目安で全交換しましょう。

また、飲水量を増やすことで排尿の量を増やし、原因となる細菌の体外排出を促進します。猫が気軽に水を飲めるよう、水場は家の何カ所かに設置し、お水が常に新鮮であるように、最低でも一日一度はお水を取り替えてあげましょう。

 

突発性の膀胱炎予防のためにすべきこと

突発性膀胱炎の主な原因は、肥満、飲水不足、寒さ、ストレスなどで、猫にとって良い環境をつくってあげることが予防方法です。

肥満であれば、日々のフードを低カロリーのものに変え、たくさん遊んであげて運動量を確保しましょう。また、飲水不足は水場を増やすこと、お水を新鮮に保つことで避けることができます。

猫は温度変化に弱いので、暖房器具をうまく使って寒さを軽減してあげましょう。遊び場にキャットタワーやおもちゃを用意してあげたり、一人で安心して逃げ込める巣をつくってあげたりすると、ストレス解消につながりますよ。

 

結石が原因の膀胱炎予防のためにすべきこと

猫のおしっこの中にカルシウム、マグネシウム、リンなどのミネラル成分が増えたり、尿のpHバランスが崩れたりすると結石ができやすくなります。

日々の食事に気をつけることで結石ができるリスクを下げることができます。予防のための専用フードも市販されていますよ。

膀胱炎は飼い主の見守りにより早期発見が可能な病気です。様子がおかしいなと思ったら、早めに動物病院で診察してもらい、治してあげたいですね。

 

猫の膀胱炎、予防に適したキャットフードは?

猫 かわいい

膀胱炎の原因菌の増殖は、抗酸化作用をもつ「ポリフェノール」という物質によって抑えることが可能です。愛猫の食生活に取り入れることで、膀胱炎の再発を予防する効果が期待できます。

モグニャンキャットフードの原材料である「クランベリー」と「マリーゴールド」には、アントシアニンという名前のポリフェノールが豊富に含まれていますよ。

栄養バランスも完璧に設計されたプレミアムフードですので、膀胱炎を発症中の愛猫にぴったりの食事ですよ。

 

モグニャンキャットフード
商品名モグニャンキャットフード
内容量1.5㎏
特徴100%無添加、白身魚63%以上、グレインフリー(穀物不使用)、愛猫が喜ぶ香り
通常購入価格3,960円(税抜)
定期購入価格3,564円(税抜)

pepy限定!全額返金保証を実施中!

この記事からモグニャンを購入し、満足頂けなかった方を対象に「全額返金キャンペーン」を実施しています。概要は以下のとおりです。

 

返金条件

・返金をご希望の場合は、商品到着後30日以内に、ナビダイヤル「0570-200-012」までご連絡ください。

・商品を送っていただければ、商品代金を全額お返しいたします。

・返送料はお客様ご負担でお願いいたします。

・2袋以上ご注文の際は、未開封のものも含む商品をすべてご返送ください。ただし、使いかけの商品で返品をお受けできるのは1袋のみです。

・2袋以上開封し返品をご希望された場合、2袋以降の商品は代金をお支払いいただくことになりますのでご注意ください。