犬のトリミング、自宅でやる方法は?ブラッシングやポメラニアンカットは注意?

犬のトリミングというと、「ペットサロンに行ってお金と時間をかけて手入れしてもらうこと」「独特のカットスタイルにしてもらうこと」というイメージを持つ方が多いかもしれません。サロンで行うトリミングも素敵ですが、自宅で愛犬とコミュニケーションをとりながら行える「簡単トリミング」もあります。今回は、自宅でできる犬のトリミング方法についてご紹介します。

 

犬のトリミングを自宅でやるときの基本アイテムは?

犬_ヨークシャテリア_カット

トリミングの基本は「愛犬をその子らしく、きれいに整える」ことです。長毛犬の場合は「スリッカー」「ピンブラシ」「コーム」、短毛犬の場合は「スリッカー」「獣毛ブラシ」、超短毛犬の場合は「獣毛ブラシ」「ラバーブラシ」を必要アイテムとしてそろえることがおすすめです。

 

ピンブラシ

ピンが太くて先端が丸くなっている基本ブラシです。毛の短い犬・長い犬どちらを飼う上でも持っておきたいですね。

ピンブラシは長毛のブラッシングに適したブラシで、被毛のもつれを解くときや、「死毛」「ホコリ」「フケ」を取り除くときに使います。長めのピンと弾力があるラバークッションにはマッサージ効果もあります。

皮膚を傷つけずに被毛の手入れができる利点があるので、愛犬のサイズに合った大きさや被毛の密度に合ったピンの長さのものを選んであげてくださいね。

 

コーム

櫛(くし)のことで、長毛種のブラッシングの仕上げや毛玉の確認、カットしやすいように立毛させる時に使用します。

無理やりコームで毛玉を引っ張ると痛がり、ブラッシング嫌いにさせてしまうことがあります。優しくほぐすようにしながらゆっくりと使ってあげてください。

櫛の目は細目と粗目が一緒になっているコームを、はじめのうちはおすすめします。

 

スリッカーブラシ(ハードタイプ、ソフトタイプ)

スリッカーブラシは毛玉、死毛の除去には最適ですが、ピンブラシと違ってピンの一本一本が鋭く硬いので、使い方には注意が必要です。

スリッカーブラシには針金の固さによって、ソフトとハードの2種類があります。被毛が多く毛玉になりやすい「ポメラニアン」「ハスキー」「シェルティ」などの犬種にはハードタイプがおすすめですが、「トイプードル」「ヨークシャテリア」などのシングルコートの犬種は皮膚を傷つけてしまう恐れがあるので、ソフトタイプを使用します。

どちらを使う場合でも、犬の皮膚を傷つけないように皮膚と平行にスリッカーブラシを動かすのがポイントです。

 

獣毛ブラシ

豚毛、猪毛、馬毛、混合型などの種類があります。柔らかい毛質のコートに使用したり、専用のオイルを馴染ませて毛につやを与えたりします。

コームの際に静電気が生じにくいので、被毛にまとわり付くほこりなどを取り除きやすいです。ブラシの柔らかさや硬さ長さにもいろいろあるので、愛犬の被毛に合わせたものを選んでください。

 

ラバーブラシ

毛を吸着しやすい柔らかいラバー素材で、換毛期の抜け毛や埃の除去に最適です。被毛の手入れと同時に、皮膚のマッサージ効果もあります。

そのままシャンプーやドライヤーに使用することもできるので一つ持っておくと重宝しますよ。使用しすぎには毛が剥げてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

トリミング用カットバサミ

自宅で行う基本カットで必要となるので一本は持っておきましょう。
人間の散髪用でも大丈夫ですが、工作用のハサミだと人間の髪の毛より細い犬の毛を切るのは非常に難しいので注意が必要です。
トリミングで使うハサミは、切れ味が非常に鋭くなっています。刃の部分に触れただけでも切れるので、刃の部分は決して触れないように、犬の皮膚に当てないように注意が必要です。

 

バリカン

足や腹部の毛をカットする際に使用すると便利です。大きな音に愛犬がびっくりしてしまうこともあるので、嫌がる場合はカットバサミでトリミングを行いましょう。

ペット用のバリカンを使用してあげてくださいね。インターネットで犬種別カット方法を掲載しているサイトや、動画が載っているサイトもあります。参考にしてみてください。

 

アンダーコート用の抜け毛処理グッズ

アンダーコートを持つ犬種の場合、余分な抜け毛をごっそり取り除いてくれる「ファーミネーター」などの抜け毛処理グッズは重宝しますよ。

欠点は、毛を抜くことで少なからず皮膚に負担がかかるので皮膚が弱い犬種では炎症を起こしてしまう可能性があることです。また刃が鋭いので慎重に使わないと皮膚を傷つけます。

扱いが難しい道具ですので、無理して自分で行わないほうが良い場合もありますね。

 

犬のトリミング、第一歩は「ブラッシング」!嫌がる場合は?

ピンブラシ

人が毎日髪をブラッシングするように、犬もブラッシングが必要です。犬とのコミュニケーション、スキンシップ、ノミ・ダニ・皮膚病チェックの意味も込めて、ピンブラシを使ってブラッシングは毎日してあげてくださいね。

愛犬がブラッシングを嫌がるのは理由があります。「手足や尾を触られるのが本能的に苦手」「過去のトラウマ」「ブラシをおもちゃだと思っている」などが理由です。

触られるのを嫌がる場合は無理をせず、優しく声をかけながら体に触れるのを慣れさせてあげてください。触られるのを嫌がる体の先端部分を「タッチング」して従属心を高める方法もおすすめです。

背中にある背線をマッサージする方法もあります。しっぽの付け根から首元までのラインを5本の指の爪を立ててマッサージします。犬の気持ち落ち着かせる効果がありますので、そのタイミングでブラッシングをしてあげると大人しくしてくれますよ。

「ブラッシングは楽しく気持ちいいこと」だと思ってくれれば愛犬も協力的になりますので、実践してみてくださいね。

 

犬のトリミングを自宅でやる方法1.耳の毛のカット

トリミングカットを自宅で行う場合は「犬の耳の毛カット」から始めてみてください。愛犬を高さ50~60センチくらいの狭い台に乗せて、耳の内側・外側の長く伸びた毛をカットするものです。コームで伸びている長い毛をすいて、少しずつハサミでカットします。

カットの基本はハサミの先端を必ず顔の外側に向けて、愛犬の耳を傷つけないようにすることです。犬が動いても耳や目に当たらないように気をつけてくださいね。

 

犬のトリミングを自宅でやる方法2.足先の毛のカット

犬_トリミング_足先

肉球と肉球の間の毛である「足先の毛」のカットもトリミングの基本です。犬を抱っこし、肉球をみてください。肉球と肉球の間の毛が伸び放題ではありませんか?

室内犬の場合は、足先の毛が伸び過ぎると床の上で足が滑ってしまって危険ですので、ハサミやバリカンを使い少しずつカットします。肉球を傷つけないよう注意してくださいね。

 

犬のトリミングを自宅でやる方法3.顔の毛のカット

犬_トリミング_顔

目の周りや眉、口の周りの毛を短くカットするトリミングです。まずは、コームで顔の周りの毛をすき、コームですくい取った毛を少しずつカットします。必ずハサミの先を顔の外側に向けてくださいね。

目ヤニや涙で汚れやすい目の周りの毛を短くしておくと、目の病気予防にもなりますし、汚れても濡れタオルで簡単に拭き取れるようになりますよ。

顔周りの毛はルックスに大きく影響するので、無理せずプロにお願いしてもいいですね。

 

犬のトリミングを自宅でやる方法4.アンダーコートのお手入れ

犬_カット

コーギーやポメラニアン、ミニチュアシュナウザーといった「アンダーコート」を持つ犬種の場合はアンダーコートのお手入れもしてあげたほうがいいです。冬から春に向けた換毛期には必須といえます。

方法は「とにかくブラッシングをする」ことですが、「ファーミネーター」などのアンダーコート専用のお手入れグッズがおすすめです。ビックリするくらいたくさんの毛が取れますよ。

 

ポメラニアンのカットには注意が必要?

犬(ポメラニアン)_トリミング

ポメラニアンのように被毛の長さが一定以上伸びにくい犬種は、一度カットしてしまうと毛が伸びにくくなってしまうことがあります。

被毛は体温を調節する効果も担っていますし、むやみにトリミングをすると「アロペシアX」という原因不明の脱毛症なる可能性もあります。毛の根元付近からカットしてしまうことは避けたほうが良いですね。

ポメラニアンのカットは出来ればプロに頼んでください。

自宅で犬のトリミングをしてコミュニケーションをとる

犬 飼い主 プードル

いかがでしたか?実は手軽に自宅でできるトリミングもたくさんあります。簡単な部分や日頃のお手入れには自宅でできることをしてあげたいですよね。

愛犬のトリミングを自分でやることでより愛着がわきますし愛犬とさらにコミュニケーションを深められられますよ。

ただハサミで愛犬を傷つけてしまっては大変です。あまり難しいカットには挑戦しないことが無難です。それでも挑戦したい方は、ペットショップなどが開催している無料のトリミング教室に参加してみることをおすすめします。