犬が吐く原因と対処法まとめ。黄色や茶色の嘔吐物は病気?

愛犬が吐いたら、どうしたらいいか焦ってしまいますよね。犬が吐く原因には種類があり、症状にもいくつかのパターンがあります。今回の記事では、犬が吐く原因や症状ごとの対処法についてまとめました。嘔吐の対策として日頃からできることもありますので、あわせて確認してみてくださいね。

 

犬が吐く、「嘔吐」と「吐き出し」の原因は?

犬_イングリッシュ・コッカー・スパニエル

犬は四つ足動物ですので胃が横向きになっており胃液も濃いので吐きやすい動物です。犬の「吐く」には「嘔吐」と「吐き出し」の2種類があります。

嘔吐の原因は、主に胃腸のトラブルですが、腎臓や肝臓の病気が原因のこともあります。下を向いて吐き、吐き出した物は消化されているのが嘔吐の特徴です。吐き出した物をもう一度食べようとはしません。

特に短頭種(フレンチブルドッグ、ブルドッグ、ボストンテリア、パグ、シーズー、チン等)は、比較的嘔吐が多い犬種といわれているので飼われている方は覚えておいてくださいね。

吐き出しの原因は、主に喉や食道にあるといわれています。力強く飛ばすように吐き、吐き出した物は消化されていないのが吐き出しの特徴です。吐き出した物をもう一度食べるケースもあります。

医師の診断を受ける際は、吐き出した物の写真を見せるとより正確な診断ができますよ。

 

犬が元気も食欲もあるのに吐くときの原因と対処法は?

柴犬

元気で食欲があり、熱や下痢などの症状がないにもかかわらず嘔吐した場合は、主に「急性胃炎」「疲れやストレス」「食べ過ぎ」「急いでエサを食べた」「エサが合わなかった」などの原因が考えられます。

対処法は「絶食」です。消化器官を休ませるため半日程度食事を控えさせてください。食事を再開させるときは、エサの量をいつもより少なくし、回数を増やしてあげてください。空腹の状態から急に食べると再び嘔吐することがあるからです。

ドッグフードをぬるま湯でふやかして軟らかくして、消化しやすくしてから餌を与えるのも効果的ですね。空腹のストレスを和らげ、徐々に消化器官を動かしてあげてください。嘔吐が何日も続く場合は、病院で診断を受けてくださいね。

 

犬が1日に何度も吐くときの原因と対処法は?

犬_病院_病気_人間

1日に何度も嘔吐を繰り返す場合は、異物を誤って飲んでしまったこと、アレルギー、病気や寄生虫などの原因が考えられます。病気の可能性が高いので、すぐに病院へ連れていきます。

診察を受けるときは「異変」と「状況」について詳しく伝えてくださいね。食欲不振、下痢や血便、お腹が異常に膨らんでいる、お尻が膿で汚れているなどの異変があれば、原因の特定につながることもあります。

状況については、何を食べたか、どんな物を吐いたか、どれくらいの頻度で吐いたかを獣医に伝えてください。繰り返しの嘔吐は脱水症状になっていることが多いので、適度に水を飲ませてあげてくださいね。

 

犬がエサを食べてすぐに吐くときの原因と対処法は?

犬_食欲がない_元気がない

エサを食べてすぐに嘔吐した場合、異物を飲み込んだことで胃や腸が傷ついたことが原因かもしれません。この場合もすぐに病院へ連れていきます。

嘔吐物の写真を撮っておくと、より適切な処置を受けることができますよ。異物誤飲の場合、摘出手術を行うこともあります。異物は散歩中に飲み込んでしまうケースが多いので、日頃から注意してあげてくださいね。

食べた物が未消化のまま吐き出されている場合は、早食いの為に食べた物が食道などに詰まった可能性があります。食欲旺盛な犬にはよくみられ、吐き戻したものをまた食べてもほとんど問題はありません。

犬は食べ物をよく噛まずに大きな塊のまま飲み込んでしまう傾向があるので、ゆっくり食べさせる工夫をしてあげると嘔吐の回数が減るかもしれませんね。

一回に与えるドッグフードの量が多過ぎる場合もありますので、量を調整して1日の食事回数を増やすなどしてみてくださいね。

 

犬が吐く仕草をするのに吐かないときの原因と対処法は?

犬 寝てる 睡眠 コリー

「胃捻転」になっている可能性があります。「コリー」「ボルゾイ」「シェパード」「ダックスフンド」「ペキニーズ」「コッカースパニエル」などの犬種でみられることが多い疾患です。

食事や水の大量摂取や食後すぐの運動が原因と考えられていて、発見が遅れると治療が難しく命に関わる場合もあります。

餌を吐き出す時の対処法と同じで、食事回数を増やしたり、食後はしばらく休息させたりすることで発症のリスクは下がります。

 

黄色や茶色の嘔吐物は病気?

shutterstock_72719860

嘔吐物に黄色が混じっているときは胆汁の可能性があります。胆汁を吐きだすときは空腹や食べ過ぎによる消化不良、食べ物アレルギーなどの原因が考えられます。病気の可能性は低いですが、何度も吐く、食欲がないなど他の症状があれば、動物病院を受診してくださいね。

嘔吐物に茶色が混じっている時は未消化であれば、消化されたものか未消化のものかを確認します。消化されたものを吐いている場合は、吐いた液体の中に血が含まれている可能性があります。この茶色やコーヒー色は古くなった血液の可能性があるためです。

重い潰瘍や腫瘍があると、吐いた物が赤よりも茶色や黒色になる場合が多いので要注意です。すぐに獣医の診察を受けるようにしてください。

 

犬の嘔吐を防ぐための対策

犬 女性 寄り添う 草原

病気以外の嘔吐は、対策をすれば防ぐことができます。1日のエサの量は変えず、1回あたりの量を減らし、回数を増やしてあげましょう。空腹のストレスを感じさせず、消化器への負担も減らすことができますよ。

食後は少し時間をおいてから、散歩や遊びなどの運動をさせてあげてください。食事を記録しておくこともおすすめです。病院へ連れて行ったとき、医師に正確な情報をすぐに伝えることができるため、原因を突き止めやすくなります。

犬は人間よりも吐きやすい動物なので日頃から十分な注意をしてあげてくださいね。