犬が吐く原因と対処法まとめ。黄色や茶色の嘔吐物は病気?

愛犬が吐いたら、どうしたらいいか焦ってしまいますよね。犬が吐く原因には種類があり、症状にもいくつかのパターンがあります。

今回の記事では、犬が吐く原因や症状ごとの対処法についてまとめました。嘔吐の対策として日頃からできることもありますので、あわせて確認してみてくださいね。


 
 

 

 

犬が吐く、「胃内容物を吐く」「食道内容物を吐く」「飲み込むことができない」の違いは?

犬_イングリッシュ・コッカー・スパニエル

犬は四足動物ですので胃が横向きになっており、胃液も濃いので吐きやすい動物です。犬の「吐く」には「嘔吐」「吐き出し」「嚥下困難」の3種類があります。

ここでは、それぞれの特徴や考えられる原因について紹介しています。それぞれ特徴を知っておくことで、獣医さんの受診時により早い診断の手助けになりますよ。

 

嘔吐

嘔吐の場合、吐いたものはある程度消化されているのが特徴です。下を向いて吐き、吐き出したものをもう一度食べようとはあまりしません。

多少なりとも消化されているということは、食べたものが胃や小腸まで届いていたということですので、原因は胃や腸などの消化器官のトラブル、腎臓や肝臓の病気などが考えられます。

 

吐き出し

吐き出しは、吐いたものは消化されていないのが特徴です。力強く飛ばすように吐き、吐いたものをもう一度食べるケースもあります。

吐いたものが消化されていないことから、原因は喉や食道にあるといわれています。

医師の診断を受ける際は、吐き出した物の写真を見せるとより正確な診断ができますよ。また、何度か症状が繰り返される場合は、動画がさらに分かりやすいため動画撮影を指示しています。

 

嚥下困難

「嚥下(えんげ)」とは食べ物を飲み込むことで、嚥下困難とは食べ物をうまく飲み込めずに吐き出してしまうことをいいます。この場合、吐いたものは消化されていません。

原因は飲み込む部分である口腔・喉・食道にあるといわれています。口腔が原因の場合は、食事中に食べものをくわえられなかったり、口から落としたりしてしまうことがありますよ。

 

犬が吐く、吐くことが多い犬種・世代は?

犬 かわいい

吐くことが多い犬種は?

気管が細いことから、「短頭種(フレンチブルドッグ、ブルドッグ、ボストンテリア、パグ、シーズー、チン等)」や、チワワ・ポメラニアン・トイプードルなどの「超小型犬~小型犬」が比較的嘔吐が多い犬種といわれています。

また、胃捻転や胃拡張の初期症状として吐く行為がみられることがあります。これらの病気は大型犬に多いとされますが、小型犬・中型犬・老齢犬にもみられますので注意が必要です。

 

吐くことが多い世代は?

成長期である「子犬」は適切な食事バランスを整えるのがなかなか難しいため、吐いてしまうことがあります。強い好奇心による誤飲が原因ということもあります。

吐くことが多い仔犬は先天的な異常(先天性の奇形、例えば血管輪異常・食道裂孔ヘルニア・横隔膜ヘルニアなど)

また消化機能の衰えがちな「老犬」も、嘔吐が多くなる傾向にあります。軽い体調不良で吐いてしまった場合でも、老犬にとっては体力の消耗につながってしまいます。

そのほかにも食事に苦手な材料が使われている、犬にとって有害なものを食べていることで吐いてしまうことも考えられます。どの世代でも、新しいフードに変えた直後は特に気をつけてくださいね。

 

犬が吐いたときに確認するポイントは?

素材

犬が吐く前、吐いた後の症状は?

吐く前兆

  • えずく
  • よく咳をする
  • よだれが多い

嘔吐の場合は、吐き出す前兆としてお腹を膨らませたりへこませたりしながらグフッグフッと「えずく」行為がみられます。仰向けや横を向いてえずく時は誤飲を防ぐためにうつ伏せにしてあげてくださいね。無理に飲食をさせず、様子をみてください。

吐き出しや嚥下困難の場合は「よく咳をする」「よだれの量が異常に多い」などの行為がみられます。

吐いた後に元気であれば、一過性のケースが考えられるのでさほど心配する必要はありません。ぐったりしていたり、苦しそうにしていたりする場合は危険な疾患が原因となっている可能性が高いので、すぐに病院に連れていくことをおすすめします。

 

吐く頻度は?

吐く頻度

  • 3日以内…急性嘔吐
  • それ以上…慢性嘔吐

嘔吐は、その症状の頻度によって急性・慢性に分類されます。

吐く頻度が1回きり、または3日以内に治まるようであれば「急性嘔吐」です。早食い・異物誤飲・薬品中毒・感染症などが原因と考えられます。

症状が3日以上続く場合は「慢性嘔吐」です。この場合は病気が原因の可能性があり、たとえ元気や食欲があったとしても油断できません。

 

吐いたものに血が混じっている?

考えられる病気

  • 急性胃炎
  • 胃潰瘍
  • 腸閉塞

吐いたものに血が混じっている場合は、「急性胃炎」「胃潰瘍」「腸閉塞」など胃腸の病気が考えられます。

まずは、内視鏡検査で急性胃炎か胃潰瘍なのかを診断します。

急性胃炎の場合、1224時間の絶飲食で胃腸を休めます。食事の開始は消化しやすい餌を少量からで行います。制吐剤・制酸剤・胃粘膜保護・胃腸運動改善等の投与(注射など)、症状が軽ければ内服、重症ならば点滴による治療をしていきますよ。

胃潰瘍の場合は、プロトンポンプ阻害薬などによる胃酸抑制や胃粘膜保護薬・制吐剤・点滴治療を徹底して行います。

腸閉塞の場合は、外科手術や抗がん剤の治療をすることもありますよ。

特に吐いたものがコーヒー色や黒色になっている場合は、重症の可能性が高いです。すぐに病院に連れていくことをおすすめします。

その他にも、胃拡張・胃捻転・膵炎・腎臓病・胆嚢炎・胆管肝炎・リンパ管拡張症・慢性腸症(IBD)・腫瘍(消化器リンパ腫・消化器腺癌など)・中毒・食道炎・子宮蓄膿症・アナフィラキシーショック・前庭障害・アジソン病・肝不全・食道裂孔ヘルニアなどが考えられます。

 

嘔吐物に異物や異臭はない?

考えられる病気

  • 腸閉塞

嘔吐物は食べたものが消化途中で出てくるのがほとんどです。また胃酸と混じっているので、酸っぱいにおいがするのが普通です。

しかし、嘔吐物からうんちのにおいがする場合は要注意です。胃を通過して小腸へ進んでいった内容物が、何らかの要因で逆流してしまうために起こってしまいます。この場合は「腸閉塞」の可能性が高いですので、すぐに獣医さんに診てもらってくださいね。

 

犬が吐いてしまうときの原因と対処法は?

ペット 素材

原因と対処法

  • 元気で食欲もあるのに吐く
  • 1日に何度も吐く
  • エサを食べてすぐに吐く
  • 吐く仕草をしても吐かない
  • 黄色や茶色の嘔吐物を吐く
  • 白い泡を吐く

犬が元気も食欲もあるのに吐くときの原因と対処法は?

柴犬

原因

  • 急性胃炎
  • 疲れやストレス
  • エサが合わない

対処法

  • 半日程度の絶食
  • エサをぬるま湯でふやかす

元気で食欲があり、熱や下痢などの症状がないにもかかわらず嘔吐した場合は、主に「急性胃炎」「疲れやストレス」「食べ過ぎ」「急いでエサを食べた」「エサが合わなかった」などの原因が考えられます。

対処法は「絶食」です。絶食の詳しい方法は以下の項目にまとめましたので、ご覧くださいね。

ドッグフードをぬるま湯でふやかして軟らかくして、消化しやすくしてから餌を与えるのも効果的です。空腹のストレスを和らげ、徐々に消化器官を動かしてあげてください。嘔吐が何日も続く場合は、病院で診断を受けてくださいね。
病院での治療は、一過性である場合、食事を制限したり吐き気止め、胃粘膜保護薬で行います。胃内異物がある場合、内視鏡で取り除いたり外科手術をしたりします。

 

犬が1日に何度も吐くときの原因と対処法は?

犬_病院_病気_人間

 

原因

  • 異物の誤飲
  • アレルギーや病気
  • 寄生虫

対処法

  • 病院で診てもらう

1日に何度も嘔吐を繰り返す場合は、異物を誤って飲んでしまったこと、アレルギー、病気や寄生虫などの原因が考えられます。病気の可能性が高いので、すぐに病院へ連れていきます。

診察を受けるときは「異変」と「状況」について詳しく伝えてくださいね。食欲不振、下痢や血便、お腹が異常に膨らんでいる、お尻が膿で汚れているなどの異変があれば、原因の特定につながることもあります。

状況については、何を食べたか、どんな物を吐いたか、どれくらいの頻度で吐いたかを獣医に伝えてください。繰り返しの嘔吐は脱水症状になっていることが多いので、すぐに病院へ連れていってあげてくださいね。

 

犬がエサを食べてすぐに吐くときの原因と対処法は?

犬_食欲がない_元気がない

 

原因

  • 異物の誤飲
  • エサの早食い

対処法

  • 病院で診てもらう
  • エサの量を調整する

エサを食べてすぐに嘔吐した場合、異物を飲み込んだことで胃や腸が傷ついたことが原因かもしれません。この場合もすぐに病院へ連れていきます。

嘔吐物の写真を撮っておくと、より適切な処置を受けることができますよ。異物誤飲の場合、摘出手術を行うこともあります。異物は散歩中に飲み込んでしまうケースが多いので、日頃から注意してあげてくださいね。

食べた物が未消化のまま吐き出されている場合は、早食いの為に食べた物が食道などに詰まった可能性があります。食欲旺盛な犬にはよくみられ、吐き戻したものをまた食べてもほとんど問題はありません。

犬は食べ物をよく噛まずに大きな塊のまま飲み込んでしまう傾向があるので、ゆっくり食べさせる工夫をしてあげると嘔吐の回数が減るかもしれませんね。

一回に与えるドッグフードの量が多過ぎる場合もありますので、量を調整して1日の食事回数を増やすなどしてみてくださいね。

 

犬が吐く仕草をするのに吐かないときの原因と対処法は?

犬 寝てる 睡眠 コリー

原因

  • 胃捻転の可能性

予防法

  • 食事回数を増やす
  • 食後の休息をとる

「胃捻転」になっている可能性があります。「コリー」「ボルゾイ」「シェパード」「ダックスフンド」「コッカースパニエル」「レトリバー」「グレート・デーン」などの犬種でみられることが多い疾患です。

食事や水の大量摂取や食後すぐの運動が原因と考えられていて、発見が遅れると治療が難しく命に関わる場合もあります。

餌を吐き出す時の対処法と同じで、食事回数を増やしたり、食後はしばらく休息させたりすることで発症のリスクは下がります。

 

黄色や茶色の嘔吐物は病気?

shutterstock_72719860

嘔吐物に黄色が混じっているときは胆汁の可能性があります。胆汁を吐きだすときは空腹や食べ過ぎによる消化不良、食べ物アレルギーなどの原因が考えられます。病気の可能性は低いですが、何度も吐く、食欲がないなど他の症状があれば、動物病院を受診してくださいね。

嘔吐物に茶色が混じっている時は未消化であれば、消化されたものか未消化のものかを確認します。消化されたものを吐いている場合は、吐いた液体の中に血が含まれている可能性があります。この茶色やコーヒー色は古くなった血液の可能性があるためです。

重い潰瘍や腫瘍があると、吐いた物が赤よりも茶色や黒色になる場合が多いので要注意です。すぐに獣医の診察を受けるようにしてください。

 

白い泡を吐いているときの原因と対処法は?

犬 かわいい

原因

  • 空腹による胃液の逆流

対処法

  • エサの回数を増やす
  • 繊維質の食事を増やす

嘔吐物の白色や透明な泡は、主に胃液です。原因は「長時間の空腹による胃液の逆流」が考えられます。黄色い嘔吐物のときと同じく病気の可能性は低いですが、何度も繰り返す場合は獣医さんに診てもらってください。

消化器官の未熟な「子犬期」に多く見られます。また、ダイエットとして急にエサの量や回数を減らしたことが原因であることも考えられます。

対処法としては、犬が空腹を感じる時間を短くすることです。具体的には「エサの回数を増やす」「繊維質の食事を増やす」「おやつをあげる」などが考えられますよ。

 

犬が吐いたときは絶食・絶水していいの?

素材 餌 食事

嘔吐は胃や腸の異常によって起こる場合がほとんどであるため、吐いた後も比較的元気な場合は一定の間「絶食・絶水」をして胃を休ませてあげることが効果的です。

ただし、嘔吐の後にぐったりしている場合や嘔吐物に血が見られる場合は絶食せず、すぐに病院に連れて行ってくださいね。

方法としては、「24時間絶食・12時間絶水」します。少し元気のないようであれば、12時間絶食でも問題はありません。

絶食・絶水後は水を数回に分け、少しずつ与えます。嘔吐が見られないようでしたら、ふやかしたフードなど消化しやすいものを少量ずつ、回数を増やして与えてください。嘔吐しなければ、1週間程度かけて通常の給餌量に戻しつつ、回数を減らします。

絶食・絶水を行っても嘔吐が止まらない場合は、別の原因が考えられますのですぐに獣医さんに診てもらってください。

また、絶食することは犬の体に大きな負担をかけます。体力の衰えた老犬などにとっては危険な行為になりますので、犬の状態を見極めてから行ってくださいね。老犬であっても絶食の必要がある場合は、動物病院で点滴を打ちながら行うという方法もあります。

 

犬の嘔吐を防ぐための対策

犬 女性 寄り添う 草原

病気以外の嘔吐は、対策をすれば防ぐことができます。1日のエサの量は変えず、1回あたりの量を減らし、回数を増やしてあげましょう。空腹のストレスを感じさせず、消化器への負担も減らすことができますよ。

食後は少し時間をおいてから、散歩や遊びなどの運動をさせてあげてください。食事を記録しておくこともおすすめです。病院へ連れて行ったとき、医師に正確な情報をすぐに伝えることができるため、原因を突き止めやすくなります。

犬は人間よりも吐きやすい動物なので日頃から十分な注意をしてあげてくださいね。