フェネックについて調べたい!ショップやブリーダーサイトまとめ

大きな耳とつぶらな瞳が特徴的で、とてもかわいいフェネックはキツネの仲間です。個体数が限られているため、ワシントン条約で守られている動物で、ペットショップで気軽に購入できる動物ではありません。日本ではまだめずらしいフェネックをペットとして飼いたいと思ったら、どのようにお店を見つければ良いのでしょうか。この記事では、直近でフェネックの里親情報の提供や販売実績のあるサイトやショップ、ブリーダーをまとめました。

 

フェネックのショップ、ブリーダーサイト1「きつねめのきつね」

フェネック(5)
自身の家で飼っているフェネックが産んだ子供を販売するブリーダーです。ここ2年程で里親募集(有料)をしてました。サイトには、フェネックを飼うために学んでおきたい飼育環境の整え方から、病気、妊娠、出産などの情報がたくさん紹介されています。写真の点数も多く、飼い主さんのフェネックへの愛情が感じられるサイトです。過去の販売についてや、フェネックを受け取るまでの流れなども書かれていますよ。

 

フェネックのショップ、ブリーダーサイト2「スモールアニマルショップ マリン」

フェレット、チンチラ、プレーリードッグなどの小動物を専門に扱う、関西の老舗ペットショップです。フェネックの赤ちゃんは年に2回生まれるようで、今年生まれたベビーたちの写真が掲載されています。今年の夏に産まれた赤ちゃんも販売していました。こちらのショップでは価格が公開されており、購入予約も受け付けているようですので、飼うことを決めた方はホームページで詳細を確認してみてくださいね。

 

フェネックのショップ、ブリーダーサイト3「TETOism」

フェネック_のび
フェネックの飼育ブログで、不定期に里親募集の情報が掲載されます。ブログでは、飼っているフェネックの様子を紹介しているのですが、お家の中で無邪気にくつろいぐ姿はとてもかわいらしいです。飼い主さんの周りで、フェネックの赤ちゃんが産まれた際に、里親募集の告知をしているようです。ブログの管理人さんは取引には関わっていないようですので、告知の内容をしっかり読んだうえでしかるべき行動してくださいね。

 

フェネックのショップ、ブリーダーサイト4「ワンズワールド富里」

犬と子猫をメインに販売しているペットショップですが、希少動物の扱いもわずかにあるようです。2015年の3月にフェネックの赤ちゃんが産まれ、人工飼育をしていました。ペットショップ以外にも動物病院やトリミングとペットホテルが併設された施設、エキゾチックアニマルの貸出などを行う動物プロダクションの運営をしている、大規模で個性的なショップです。いつでも見学ができるようなので、フェネックの扱いがあるかを確認したうえで見学希望の連絡をしてみてください。

 

フェネックのサイトに問い合わせるうえで気をつけるべきポイントは?

フェネック
日本で繁殖をしている人、飼っている人が少ないフェネックは、インターネット上でも多くの情報はでてきません。この記事で紹介したように、飼育や取引に関して厚意で色々情報を提供してくれているサイトがいくつかあります。連絡をする場合は、問い合わせに関するポリシーを確認した上で、最低限のマナーを守ることが大切です。

取引をしたいと思ったら、最低限「動物取扱業者」の登録をしているかだけは確認してください。その上でコミュニケーションを重ね、誠実な対応をしてもらえるか、信頼できるかを確かめてください。飼うことを決めるまえに個体を見に行くことも忘れずにしてください。いつ赤ちゃんが生まれるか、確約はしづらいものです。飼うことを決めている人は、迎え入れるまでには時間がかかることを念頭におき、気長に待つスタンスがオススメですよ。