モルモットの種類は?人気6種の特徴、性格、価格まとめ

モルモットは、リスなどと同じ「げっ歯類(げっしるい)」に属する小動物です。温和な性格で、大きな瞳と短い足がかわいらしく、ペットとして人気があります。品種改良が盛んで、毛の長さや色によってたくさんの種類があります。この記事では、人気のある6種類の特徴や性格、値段をまとめました。


人気のモルモット6種類

  • イングリッシュ
  • クレステッド
  • アビシニアン
  • シェルティ
  • テッセル
  • スキニーギニアピッグ

モルモットの種類1.最もポピュラーな「イングリッシュ」

モルモット
モルモットと聞いて思い浮かべるのは、この種類かもしれません。

イングリッシュの特徴は、丸みのある体と、短毛です。「ショートモルモット」とも呼ばれ、短くなめらかでまっすぐな毛を持ち、毛質はノーマルとサテンの2種類があります。毛色も様々で、バリエーションがあります。人に馴れやすく社交的な性格のため、初心者でも飼いやすいことから、初めてモルモットを飼う際に選ばれることが多い種類です。

価格の目安は、2,000〜3,000円です。

 

モルモットの種類2.つむじが可愛い「クレステッド」

クレステッドの特徴は、頭の模様です。頭頂部にロゼットと呼ばれるつむじがあり、その部分が逆立っています。頭の毛少し長いですが、それ以外は短く直毛のため、ブラッシングの手間がかかりません。

毛色は、ロゼットの部分が白いアメリカ系と、毛色のバリエーションが豊富なヨーロッパ系の2種類がいます。
元々臆病な性格なので、嫌がることや驚くことを避け、優しく接してあげてくださいね。ペットショップで見かけることは珍しく、価格の目安は10,000円前後です。

 

モルモットの種類3.モフモフくせっ毛の「アビシニアン」

モルモット13
全身にロゼット(つむじ)があり、寝ぐせのように見える巻き毛が、アビシニアン最大の特徴です。
その毛は、4~5cmとイングリッシュやクレステッドより長く、直毛ですが少し手触りは荒くなっています。毛並みが左右対称だと、観賞価値が高いとされています。
毛色は豊富で、毛質はノーマルとサテンの2種類があります。性格は、他のモルモットと変わらず、鳴き声で気持ちを表現するといわれています。価格の目安は、4,000円前後です。

 

モルモットの種類4.まるでシルクのモップ「シェルティ」

モルモット15
絹のような手触りの、ストレートロングヘアを持つのがシェルティ。高級感を漂わせています。
つむじはなく、すべての毛が体に沿って流れています。顔周りは短く、脇腹あたりの毛がぐんと伸びます。
長毛のため、こまめなブラッシングとカットが必要なため上級者向けですが、手入れのしがいのあります。
価格の目安は、10,000円前後です。

 

モルモットの種類5.無造作ヘアの美形「テッセル」

モルモット16
1980年代にイギリスで交配され産まれたテッセルは、長い縮れ毛が特徴です。毛質は柔らかく、手触りも抜群で、ぬいぐるみのようなハムスターです。お腹の縮れ毛が、床材のチップなどを絡めとってしまったり、毛玉もできやすいので、マメなブラッシングが欠かせません。
馴れるまでは、嫌がることもあるかもしれませんが、ゆっくり時間をかけてコミュニケーションを取ってくださいね。価格の目安は、4,000〜6,000円です。

 

モルモットの種類6.見た目は子豚「スキニーギニアピッグ」

モルモット14
無毛種に分類されるスキニーギニアピッグは、毛がないか、ほとんど生えないタイプのモルモットです。見た目は、子豚そのものです。手触りがよく、毛(皮膚)色は、黒やピンク、茶色など。毛がない分、ブラッシングやカットの必要はありませんが、皮膚病にかかりやすいので注意が必要です。寒さにも弱いので、冬場は室温調節に気を配ってくださいね。珍しい種類のため、人気があり価格は高めです。10,000〜30,000円です。

紹介したのは種類は一部ですが、様々な種類がいるモルモット。おしりをフリフリさせながら歩く愛らしいその姿で、多くの人を魅了しています。鳴き声も可愛く、慣れれば呼ぶと来てくれることもありますよ。実際にいろいろと見たうえで、自分好みのパートナーを見つけてくださいね。