モモンガの飼い方、グッズや臭い対策は?なつくの?室温は?

モモンガは最近人気急上昇中の小動物です。手のひらに乗ってしまうほど小さな体や大きな目、愛らしいしぐさから人気が高まり、飼っている方が増えています。今回の記事では、モモンガを飼育する上で必要なグッズや臭い対策、なついてもらうための工夫、飼育の上での注意点など飼い方のコツをご紹介します。

 

モモンガの飼育に必要なグッズは?

モモンガ_タオル
モモンガは木の上で生活する生き物なので、高さのあるケージが必要です。モモンガ用のケージも販売がされていますが、シマリス用に販売されているケージを利用することができます。ケージ内には「巣箱」「餌箱」「給水器」「床材」を設置し、遊び場となる「止まり木」を置いてあげてくださいね。

 

モモンガの臭い対策はどうしたらいい?

臭い2
モモンガは基本的に室内飼育をするペットなので、掃除をしっかりと行って臭い対策を行う必要があります。
モモンガにはトイレを決めた場所でする習性がなく、ケージにつかまって排泄をするので、ケージ内だけではなく、ケージの周りも汚れてしまいます。こまめに掃除を行ってくださいね。

モモンガ自身は臭いが強い動物ではありませんが、フクロモモンガは臭腺を持っているので繁殖期には臭いが気になることがあります。ケージは風通しのよい所に置き、しっかり換気を行ってくださいね。

 

モモンガはなつくの?なついてもらうための飼い方のコツは?

モモンガ_手乗り
モモンガを飼育する上で、飼い主になついてもらうことは大切です。なついてくれれば、実際に触って健康をチェックすることもできるので、健康管理の点からも重要です。

モモンガは小さい頃から育てるとなつきやすいのですが、本来警戒心の強い動物なので、いきなり触ろうとするとびっくりされてしまいます。餌をあげて飼い主の顔や臭いを覚えさせ「この人は危険な存在じゃない」とわかってもらうのがポイントです。

なついてくれた後は積極的に遊んであげてくださいね。モモンガはとても寂しがりやな動物なので、とくに単独飼育の場合は、寂しい思いをさせないようにしてあげることが大切です。

 

モモンガを飼い方「室温の管理に注意」

モモンガ3
モモンガは気温の変化に弱い生き物なので、寒さや暑さで弱ってしまいます。夏場はエアコンを使い、冬場は暖房を使って温度を調整してくださいね。とくに寒い時期はペット用ヒーターを利用するのがおすすめですよ。

 

モモンガの飼育を楽しもう

モモンガの飼育は「掃除と衛生管理をしっかりする」「栄養バランスの良い食事を与える」「室温管理をしっかりと行う」「遊ぶ時間を作って寂しい思いをさせない」といったコツをおさえることが大切です。人に慣れると飼い主を大好きになってくれますので、大切に育ててあげてくださいね。