マヒワの特徴は?生態や分布、鳴き声は?

マヒワは、スズメ目アトリ科に分類される鳥です。

群れで生活することが多く、みんなで元気よく鳴くので賑やかな可愛らしい鳥ですよ。

この記事ではマヒワの特徴や生態、分布、鳴き声についてまとめました。

 

マヒワの特徴は?

マヒワ1
大きさ12~13cm
外見の特徴黄色い体色(オス)
太い翼帯になる翼中央付近の黄色まだら(オス)
黒くなっている額から頭頂・目先・喉(オス)
黄色みが淡い体色(メス)
体下面にある褐色の縦まだら(メス)
背中にある黒い縦まだら(メス)
凹型をしたしっぽ(共通)

マヒワの大きさは12~13㎝ほどです。スズメよりも一回り小さいサイズですよ。

オスは顔から体下面が黄色く、額から頭頂・目先・喉・頬が黒っぽくなっています。背中は緑色を帯びる黄色で、細く黒いまだら模様がありますよ。翼としっぽは黒く、羽の中央にある黄色い筋模様が太い翼帯になります。風切羽の縁としっぽの付け根も黄色くなっています。

メスは全体的に黄色みが薄く、背中の黒いまだら模様が明瞭です。体下面は白っぽく、赤茶色のまだら模様が全体的に目立ちます。

しっぽはオス・メス共に短く、凹型をしていますよ。

 

マヒワの生態は?

マヒワ2

生態

  • 植物食
  • 群れで生活
  • 繁殖

植物食

マヒワの食性は植物食で、「植物の種子や芽」「植物の実」「植物の葉」「昆虫」などを食べます。

小さなくちばしで、松ぼっくりなどを上手にこじ開けて中の種子を食べますよ。木の上を活発に動き回って餌を探し、時には逆さまの状態で餌を取ることもあります。

 

群れで生活

単独で行動することはほとんどなく、群れを作って生活しています。

冬先になって枯れ木にマヒワの群れが止まっている姿は、まるでたくさんの花が咲いたようで綺麗ですよ。

 

繁殖

繁殖期になると番(つがい)になり、樹上に木の枝や苔・草・獣毛などを組み合わせた巣を作って営巣します。

一腹卵数は5~7個で、約11~14日のメスによる抱卵を経て孵化します。ヒナはおよそ13~15日で巣立っていきますよ。

 

 

マヒワの分布は?どこに生息している?

マヒワ4

マヒワはヨーロッパ・アジア東部・北アメリカ・中央アメリカの山地などに分布しています。

寒い地域に住むマヒワは冬になると中国や朝鮮半島・日本などに渡りを行い越冬しますよ。

日本では「冬鳥」として各地に飛来し、平地から山地にかけての針葉樹林などに生息します。北海道や本州北部では「留鳥」として留まり、夏には繁殖も行います。

 

マヒワの鳴き声は?

マヒワ3

マヒワは「チュイーン、チュイーン」と高い声でさえずります。細い声ですが、群れで一斉にさえずるととても賑やかですよ。

 

色の名前の由来にも

マヒワ5

日本には「鶸色(ひわいろ)」という、緑がかった暗い黄色を指す色合いがあります。これはマヒワのオスの体の色を模してつくられました。

冬の無彩色な背景にマヒワの黄色はとてもよく目立つので、静かな公園の木々の枝先を注意深く観察してみてください。

華やかなマヒワの群れを見つけることができるかもしれませんよ。