老犬の低体温症とは?症状や対処法は?

外で暮らす老犬たちにとって、寒さは大敵です。犬は年齢を重ねて体力がなくなるとカラダを震わせることもままならず、体温調節が難しくなってくるのです。この記事では、そんな老犬が陥りやすい低体温症の症状や対処法をまとめました。



 
 

 

老犬の低体温症とは?

温度計
人間と同じく、犬も低体温症にかかることがあります。低体温症は熱中症の逆の状態を指し、その名の通り全身が冷えきり、体温が異常に低下した状態です。老犬は体温調節機能が失われているため、自分で体温を上げることができず、長時間寒い場所に居続ると体温が下がり続け、最悪の場合は死に至ることもあるのです。

犬の平熱は、人より少し高い38.5℃前後です。36℃〜37℃台で、元気がない時は要注意です。ちなみに、犬の体温測定は肛門にラップで巻いた体温計を挿入して直腸温度を測ります。衛生面などを考えると、ペット専用の体温計を使う方が望ましいですね。体温が測りづらい、しっかり測れていないように見る場合は、動物病院で診てもらってください。

 

老犬の低体温症、症状は?

ラブラドールレトリーバー_犬_病院_病気_注射
低体温症は、徐々に進行していきます。
・元気がない
・触れると体が冷たく感じる
・食欲が無い
・震えている
・ぐったりしている
・呼吸が浅い
といった症状が低体温症のサインです。このような症状が出ていなくても、軽度の低体温症になりかけている場合もあります。寒空の室外で飼っていて元気が無いと感じたら、早めに家の中に入れてあげてくださいね。

 

老犬が低体温症にかかった時の対処法は?

老犬_雪
まずは犬の体を温めてあげてください。部屋の温度を上げ、体が濡れている場合は乾すことからはじめます。温かい毛布(ドライヤーで数分温める)で体を包んであげてください。湯たんぽを包んだ毛布を、お腹や首元にあててあげるのも効果的です。

湯たんぽや電気毛布、使い捨てカイロを直接犬の体にあててしまうと、低温火傷の原因になるので注意が必要です。

急な体温上昇も、体に負担がかかります。犬が何かを食べられる状態の場合は、お湯を少しずつ飲ませてあげてください。体温が36℃を下回ってしまったら危険な状態なので、一刻もはやく病院に連れて行ってください。

 

老犬の低体温症を防ぐためには?

予防
体力のない老犬は、自分で体温を上げることができないのでサポートが必要です。まずは寒い場所を避けること。小屋など、寝床を通る風を遮り、毛布を1枚用意してあげてくださいね。時間をかけて丁寧にブラッシングをすることで、犬が本来持っている毛の防寒性を高めるのも効果的です。洋服を着せてあげるのも防寒方法のひとつです。

日頃から体温を測ることを癖付けておくと、異常があっても早期発見につなげることができます。外的要因以外には、ストレスがかかっているなど精神的な要因のことや、他の病気がかくれていることもあります。低体温症は、免疫力を下げるため、他の病気を発症しやすくします。あらためて老犬が暮らしている環境をチェックしてみてくださいね。