ノビタキの特徴は?生態や分布、鳴き声は?

ノビタキはスズメの仲間で日本では夏鳥として見ることができる鳥です。オスとメス、夏と冬で羽の色が大きく変わるのが特徴ですよ。この記事ではノビタキの特徴や生態、分布、鳴き声についてまとめました。

 

ノビタキの特徴は?

ノビタキ

大きさ

  • 13cm

外見の特徴

  • 色が変化する
  • オスに比べてメスが地味

ノビタキの大きさは全長約13cmで、羽を広げた状態(翼開長)は21cmほどの大きさです。あまり大きくない野鳥といえますね。体重は約15gでスズメよりも小さいですよ。

 

オスの特徴

ノビタキのオスは、夏の間は頭から体の上面が黒色をしています。胸より下はオレンジ色であり下腹は白色ですよ。

個体によっては体の下面の白色部やオレンジ色の部位の広さに違いがあります。黒色の翼やしっぽの一部が白くなっていていることが特徴的です。おしりや腰は白色です。

 

メスの特徴

メスは夏の間は頭から体の上面が褐色ですが、頭や背の一部には黒みがかった茶色の模様があります。

胸は薄いオレンジ色で腰はオレンジに近い茶色です。くちばしと足は、黒と茶色の中間色でシックな印象を受けますよ。

 

時期による特徴

冬になるとオスメスともに全体的にうすいオレンジ色になります。オスはのどが黒っぽい茶色で、メスは白色です。

オスは頭や背中、翼に黒色が混じります。メスはオスよりも褐色の強い色合いになります。

幼鳥は夏の間のメスに似た色合いで、翼のふちがくっきりとした白色で胸のオレンジ色が強い傾向にありますよ。

 

ノビタキの生態は?

ノビタキ

生態

  • 雑食
  • 一夫一妻

 

雑食

ノビタキは雑食でいろいろなものを食べます。主に草の穂先や低い木にとまっては移動を繰り返しながら昆虫を食べています。他にも小型のトカゲや植物の種子も好物ですよ。

 

一夫一妻

ノビタキは一夫一妻制で生活をします。5~7月は繁殖を行うために地上の物陰にカップ型の巣を作ります。繁殖期以外は基本的に単独で生活していますよ。

一度に産む卵の数は5~7個でメスのみが卵をあたためます。産卵から約12~14日すると孵化しヒナの餌はオスメスで採ってきますよ。

 

ノビタキの分布は?どこに生息している?

ノビタキ

ノビタキはヨーロッパからアジアまで幅広く分布しています。北の地域に生息している個体は越冬の為に南下します。

日本では夏鳥として北海道から本州中部地方の北側に生息します。平地から山地の牧草地、草地、河川などの開けた環境で生活してますよ。

南下のために移動する時期には本州以南の河川敷や農耕地、草地などを数羽から十数羽の群れで立ち寄る姿をみることができます。

 

ノビタキの鳴き声は?

ノビタキ

ノビタキは夏鳥ですので渡来する5月上旬からさえずりを聞くことができます。6月中旬にはほぼ鳴き止んでしまいます。

渡来してすぐは草原の植物が伸びていないため近くの林にある木の枝にとまって鳴きます。植物が成長すると枝に止まることはなくなり、草原の植物や草原内に生えた低めの木のてっぺんや電線、杭など見晴らしのいいところにとまって鳴きます。

「チチョーチィ、チュウチューイ」や「フィフィーチョ、チュチュリリ」などと聞こえる伸びやかで物静かな鳴き声をしています。

2~3つの節を1つの歌として1回鳴き、少し間を置いて同じ調子で鳴きます。地鳴きは「チッ、ジャッ、ジャッ」「チッ、ジェッ、ジェッ」と高い声と濁った短い声を出します。ウグイスの地鳴きに近いです。

8月になると巣立ったヒナが親鳥とともに草原内を移動し地鳴きで鳴き合います。9月になるとテリトリーがなくなり、群れを作り移動します。

 

くちばしが太い「モズ」!

ノビタキ

ノビタキはモズに似ていますがモズの方が大きくくちばしが太く鉤(かぎ)型に曲がっていることから区別することができます。ノビタキは枝や地上にとまる時に胸を反らせるような姿勢をとることが多いですよ。