ロシアンブルーの値段、ペットショップやブリーダーでの価格相場まとめ

静かでほっそりとした見た目がかわいいロシアンブルー。家族として迎え入れるにあたって、いくらくらいの金額で購入できるのか気になりますよね。この記事では、ロシアンブルーの値段をペットショップで購入する場合とブリーダーから購入する場合にわけてまとめました。ロシアンブルーの性格や飼い方については、関連記事にまとめていますのでこちらも確認してみてくださいね。

 

ロシアンブルー、ペットショップでの値段は?

シェパード_ペットショップ

ロシアンブルーをペットショップで購入する場合、価格はおよそ10~15万円くらいです。

ペットショップによって値段は異なりますが、生まれて間もない子猫ほど高値になる傾向があります。基本的に生まれて2ヶ月くらいまでの猫が店頭に並びますが、店によっては、それ以上の年になった猫を割安で販売するところもあります。

大きなペットショップや量販店の中にあるペットショップは、定期的にキャンペーンで安売りをすることがあるので、チラシなどもチェックしておきましょう。また、多くのペットショップでは、購入時に今まで接種したワクチン代は別途支払う必要があります。

ワクチン接種は1回あたり5,000円程を目安に考えておいてください。ペットショップでは、おもちゃやエサ皿など、猫が育つ過程で与えていたエサやおやつなども一緒に購入できるため、便利ですよ。

 

ロシアンブルー、ブリーダーから購入する場合の価格相場は?

20160704_2_ロシアンブルー

専門のブリーダーから購入する場合は、ペットショップで購入するよりも安くなる傾向があります。6〜13万円程が目安です。子猫であったり、キャットショーチャンピオンの血統だったりするほど値段が高くなります。

ブリーダーから購入したいと思ったら、まずはインターネットで検索してみてください。全国のブリーダーの情報が一度にみることができますし、価格の比較なども簡単にできますよ。ただ、ブリーダーから譲り受けるまえには、対面で実際の子猫を見せてもらうことをおすすめします。

インターネットでの情報収集だけでは、飼い主との相性が良いロシアンブルーかまではわからないからです。

 

ロシアンブルーは他の猫と比較して値段が高い?

ロシアンブルー3

猫の値段は流行によっても変動しますが、人気の猫種でもすでに個体数がたくさんいたり、一度に出産できる頭数が多い猫種だったりするほど価格相場が安くなる傾向にあります。近年人気の猫は大体10〜15万円程度で購入できるため、ロシアンブルーは平均的な価格だといえますね。

猫の平均寿命は、猫の種類によっても異なりますが10〜15歳といわれています。最近は飼育環境の進歩から長寿化する傾向にあります。家族に迎え入れてからも長い付き合いになるので、納得できるロシアンブルーに出会えるといいですね。