ゴジュウカラの特徴は?生態や分布、鳴き声は?

ゴジュウカラ(五十雀)は、スズメ目ゴジュウカラ科ゴジュウカラ属に分類される留鳥です。似た名前に「シジュウカラ(四十雀)」がいますが、この鳥はシジュウカラ科に分類され、特徴の異なる鳥ですよ。

この記事ではゴジュウカラの特徴や生態、分布、鳴き声についてまとめました。

 

ゴジュウカラの特徴は?

ゴジュウカラ
大きさ13.5cm
外見の特徴 灰青色の体上面
 白い胸
 短いしっぽ

ゴジュウカラは全長13.5㎝と小さな鳥です。スズメよりも少し小さい程度の大きさですよ。

オスメスともに、体上面は灰色がかった青色をしています。胸は白色で、体の側面やしっぽの付け根は淡い赤色を帯びますよ。

過眼線と呼ばれるくちばしから眼を通り側頭部へ続く筋模様と、くちばしは黒色をしています。

 

ゴジュウカラの生態は?

ゴジュウカラ

生態

  • 雑食性
  • 他の鳥の巣を利用
  • 木に垂直にとまる
  • 繁殖

雑食性

ゴジュウカラの食性は雑食性です。「昆虫類」「節足動物」「果実」「種子」などを食べますが、夏は昆虫類、冬は種子などを食べるとされています。樹皮の隙間にいる獲物を探したり、逆に樹皮の隙間に食物を蓄えたりすることもあります。

 

他の鳥の巣を利用

ゴジュウカラは自分で巣穴を掘る事ができないので、樹洞やキツツキの古巣に樹皮を敷いて自分の巣とします。巣穴の入り口や内壁、隙間に泥を塗り、入り口を狭めて使います。

場合によっては、クマゲラの巣穴を奪い取る事もありますよ。

 

木に垂直にとまる

ゴジュウカラは木に対して垂直にとまることができます。そして下を向いたまま、木を降りていくことができますよ。

ゴジュウカラ最大の特徴ですね。握力が強いことと、爪がしっかりしているからこそできる技なのです。

 

繁殖

日本におけるゴジュウカラの繁殖期は3~6月です。繁殖期にはつがいで縄張りを持ち、樹洞やキツツキの古巣に樹皮を敷いて営巣しますよ。1回に5~7個の卵を産み、抱卵はメスのみが行います。卵は18~20日で孵化し、ヒナは生後20~25日で巣立ちますよ。

非繁殖期は「シジュウカラ」などの他のカラ類や、「コゲラ」と混群を形成することがあります。

 

ゴジュウカラの分布は?どこに生息している?

ゴジュウカラ

ゴジュウカラは寒帯地域や山岳地帯以外のユーラシア大陸と北アメリカ大陸に分布しています。生息地では基本的に季節によって移動しない「留鳥」として生活しますよ。

日本では3種類の亜種が年間を通して生息しています。北海道から九州にかけて生息していますが、高い場所で繁殖した個体は、冬になると低い場所に移動します。平地から山地にかけての落葉広葉樹林に生息しますよ。

 

ゴジュウカラの鳴き声は?

ゴジュウカラは「フィー フィー フィー フィー」「ピピピピピィ」など大きな声で鳴きます。

 

身近にいる鳥

ゴジュウカラ

ゴジュウカラはユーラシア大陸に広く分布し、日本でも北海道から九州までに生息している身近な鳥です。しっぽの短い小さな体と灰青色の体上面が特徴的であり、かわいらしい鳥なのでぜひ観察してみてください。