トイプードルの涙やけ、原因や対策は?効果的なドッグフードは?おすすめ3選

フワフワな毛並みでかわいらしいトイプードルですが、多くの飼い主さんが「涙やけ」に悩んでいます。今回の記事ではトイプードルの涙やけについての原因や対策、改善に効果的なドッグフードや化粧水をご紹介します。

 

トイプードルの涙やけ、原因と対策は?

トイプードル (3)

トイプードルの涙やけの原因

  • 食物アレルギー
  • 被毛による目の刺激
  • 遺伝性・後天性疾患

「涙やけ」とは涙がたくさん流れて目の周りに涙が溜まり、バクテリアが繁殖して目の下が赤茶色に変色する症状です。トイプードルの他に「マルチーズ」や「チワワ」がなりやすいです。

涙やけの原因は主に「食物アレルギーを起こしている」「被毛が長すぎたり逆さに生えていたりして、眼を刺激している」「遺伝性・後天性の眼病にかかっている」の3つと考えられています。

 

対策

フードが体にあっていないことで涙やけを起こしているケースは多くあるので、まずはフードを変えてみることをおすすめします。

まぶたや鼻周りの被毛が原因の場合は、毛を整えてあげると改善することがあります。眼病の場合は、動物病院に行って外科治療を施してあげてくださいね。

 

トイプードルの涙やけに効果的なドッグフードは?

トイプードル2

おすすめのドッグフード3選

  • カナガン
  • アランズナチュラル
  • モグワン

「トウモロコシ」「大豆」「小麦」といった原材料は犬にアレルギーを起こしやすく、涙やけにつながりやすいといわれています。これらの原材料が含まれている場合、フードを代えることで涙やけが改善する可能性があります。

「鶏肉」「ラム肉」「サーモン」「カレイ」などは涙やけを軽減するのに有効な食材だといわれています。具体的におすすめの市販ドッグフードを5つご紹介します。

 

涙やけ対策におすすめのドッグフード1.  「カナガンドッグフード」

カナガンドッグフード

原材料に鶏肉をたっぷりと使っているドッグフードです。穀物は入っていないので安心して食べさせることができますよ。犬の嗜好に合わせた味付けなので、食いつきがよいことも飼い主としては嬉しいですね。

消化吸収が良く腸内環境の改善策としても効果が期待できるので、内分泌成分でもある涙の質の改善も期待できます。

カナガンドッグフードの購入ページヘ

 

涙やけ対策におすすめのドッグフード2.  「アランズナチュラルドッグフード」

ナチュラルドッグフード

ラム肉を使ったドッグフードです。犬の消化に悪い素材や健康に害を及ぼす添加物は使用していないので、安心して食べさせることができます。

犬の涙やけに対しても対処療法ではなく、根本を見直す理由でこのドッグフードを選ぶ飼い主さんも多いですよ。愛犬の涙やけケアにおすすめです。

アランズナチュラルドッグフードの購入ページへ

 

涙やけ対策におすすめのドッグフード3.  「モグワンドッグフード」

モグワンドッグフード

モグワンドッグフードッグフードは高タンパク質・低炭水化物のフードです。グレインフリー(穀物不使用)で良質な肉をたっぷり配合しています。

愛犬の「涙やけ」「皮膚のかゆみ」が改善される効果を実感されている飼い主さんが多く、皮膚や毛並みのトラブルがある子にもおすすめですよ。

モグワンドッグフードの購入ページヘ

 

トイプードルの涙やけに効果的な化粧水は?AVANCE?

アヴァンス

ドッグフードは体の「中」から涙やけを改善するのに対し、体の「外」から直接治すことのできる化粧水も販売されています。普段のドッグフードを取り替える必要もないので、近年人気が高まっている商品です。

その化粧水がAVANCE(アヴァンス)です。主成分である「緑藻エキス」と「温泉酵母」は独自の配合成分で、「塗る温泉」ともよばれています。

ペットによって効き目に個体差はありますが、免疫力を向上し、涙やけはもちろん、アトピーや薄毛、関節炎、体臭の改善にも効果が期待できますよ。

被毛・スキンケアに他の犬種よりも手間のかかるトイプードルにとってはピッタリの化粧水といえますよ。

 

お試し価格:1000円(税込み、送料無料、30ml)

通常価格:4320円(税込み、送料無料、200ml)

AVANCE(アヴァンス)の購入ページヘ

 

トイプードルの涙やけの取り方は、バクテリアの繁殖を抑える

予防

眼病や先天的な体質で涙やけを起こす場合、原因であるバクテリアの繁殖を抑えることで涙やけを取ることができますよ。

バクテリアの繁殖を抑える方法として、リキッドや乾いたらパウダーでケアを行うというものもあります。

毎日こまめに行えば、涙やけは軽減するようですよ。ただし、使用をやめてしまうとまた再発してしまう可能性が高いので、食事をベースにした改善と一緒にしてあげてくださいね。