トイプードルのトリミング!カット・ブラッシング・耳掃除の方法は?

ぬいぐるみのような愛らしさが人気のトイプードルですが、そのかわいい見た目と健康を保つためにはこまめなお手入れが大切です。

今回の記事では、トイプードルのブラッシングやカットの基本、臭い対策、耳掃除、爪切りの方法といったトリミングのコツをご紹介します。

 

トイプードルのトリミングの基本は「ブラッシング」と「顔周りカット」

トイプードル_カット例

トイプードルの毛は独特のウェーブがかかっており、抜け毛が少ない一方ですぐに毛玉ができてしまいます。そのため、美しい毛並を保つためには飼い主さんのこまめなブラッシングが必要不可欠ですよ。

トイプードルを飼ったら、まずは犬用の「スリッカーブラシ」を用意してあげてください。毎日スリッカーブラシで全身をブラッシングし、余計な被毛を取り除いてあげることが大切です。被毛が長めの場合、スリッカーブラシよりも「ピンブラシ」のほうが、上手にブラッシングをすることができます。

トイプードルの場合、顔周りの被毛のカットも行ってくださいね。顔周りの毛が伸びすぎてしまうと、目に毛が刺さって涙やけを起こしてしまうこともあるので、月に一度はカットしましょう。基本的にはトリミングサロンに通うのがおすすめですが、コツをつかんだら自宅でカットをしてあげるのもペットを飼う醍醐味ですよね。

 

トイプードルの臭い対策が知りたい。シャンプーの頻度は?

犬_猫_シャンプー

トイプードルは体臭が少ない犬種なので、2~3週間に一回程度のシャンプーで十分です。散歩などでどうしても体が汚れてしまう場合でも、2週間に一回程度にしましょう。頻繁にシャンプーをしてしまうと、大切な皮脂まで洗い流してしまうので皮膚にダメージを受けてしまいますよ。

もし定期的にシャンプーをしているのに臭いが気になる場合、耳ダニが原因で耳が臭っている、歯周病が原因で口が臭っていることも考えられます。どうしても臭いが気になる場合は一度動物病院に連れて行ってあげてくださいね。

 

トイプードルの耳のお手入れ、耳掃除の頻度は?

トイプードル

トイプードルは垂れ耳のため、耳の内側が蒸れやすく細菌が発生しやすい状態です。外耳炎や中耳炎を防ぐためにも、耳の掃除はこまめに行ってあげてくださいね。

犬の耳はデリケートなので、ごしごしこするのではなく、耳用の洗浄液を使ってお掃除をしてあげてください。洗浄液を数滴耳の中に垂らし、耳の根元をつまんでやさしくマッサージをしましょう。頻度としては、1週間に1~2回程度が目安です。

 

トイプードルの爪切りの頻度は?

爪切りもとても大切なトリミングです。爪の長さとしては、犬が立ったときに爪が地面につかない程度が理想とされています。

爪切りの頻度は、同じトイプードルでも、普段の散歩量や歩き方によって異なります。毎日散歩に行くトイプードルであれば、爪切りの頻度は月に1回程度が目安です。一日に数回長時間の散歩に行くなど、運動量が多い場合は2ヶ月に1回程度でも大丈夫ですよ。

一方ほとんど室内で過ごしている犬の場合、すぐに爪が伸びてしまうので2週間に1回程度爪切りをしてくださいね。自宅で上手にできないときは、トリマーに相談して毛のカットの際に一緒に切ってもらうと安心です。

 

トイプードルの可愛さはトリミング次第!

トイプードル_ホワイト

トイプードルの可愛らしさは飼い主がきちんとトリミングを行ってあげることで保てるものです。トイプードルを飼っている方は、ぜひトリミングも楽しみながら愛犬との時間を過ごしてくださいね。