犬の歯槽膿漏、原因と症状は?治療方法、治療費、予防法まとめ

人と犬に共通する病気に、歯茎の炎症が骨まで達してしまう「歯槽膿漏」があります。放っておくと、ご飯が食べられなくなることもありますよ。

この記事では歯槽膿漏の原因や症状、治療方法、治療費、予防法についてまとめました。全ての飼い主さんに知っておいて欲しいことのひとつです。

 

犬の歯槽膿漏、原因は?

子犬_寝てる_レトリバー

原因は「歯垢」です。歯に食べ物のカスがついたまま放置すると、唾液に含まれるカルシウムが作用して食べカスが固まります。これが歯垢です。

歯垢は、2~3日すると「歯石」に変化します。歯が生えている土台部分を歯肉といいますが、歯石が原因で膿が溜まると歯肉が炎症を起こします。この症状がさらに悪化するとアゴの骨を溶かす「歯槽膿漏」になるのです。

 

犬の歯槽膿漏、症状は?

柴犬

犬の歯槽膿漏の症状は、「口が臭い」「よだれが垂れる」「顔がはれる」といった変化がわかりやすいものです。犬の口から嫌なにおいがすると感じたら、歯肉炎か歯槽膿漏を疑ってください。

膿で痛みや出血があるので、愛犬も痛がったり不快感をあらわにしたりします。ひどくなると歯がぐらついて、エサが満足に食べられなくなってしまいます。今までと違う「口臭」を感じたらすぐに動物病院を受診してください。

放っておくと顔がはれ、目の下の皮膚が裂けて出血が起こります。治療に長い期間が必要になりますので、早めに気づいてあげることが重要です。

口臭が気になるときは以下の記事も参考にしてみてください。

 

犬の歯槽膿漏、治療方法は?

犬_甘え顔

歯槽膿漏と診断されると、歯石の除去が行われます。人の場合は麻酔せずに削り取ることができますが、犬は暴れてしまう可能性があるので、全身麻酔をかけて行うのが一般的です。

眠っている間に歯石を超音波スケーラーという器具で削り取ります。併せて、歯石の土台を完全に取り去るための研磨や、歯石の再付着を遅らせるためにコート剤の塗布をすることもあります。

 

犬の歯槽膿漏の治療、体質改善も大切?

アヴァンスAVANCE

歯垢の除去だけが歯槽膿漏の唯一の治療ではありません。体の免疫力を高めて細菌の抗体を作ることも大切な治療の1つです。

「AVANCE(アヴァンス)」というペット用化粧水は歯槽膿漏の治療に効果的があると、販売元の株式会社サラヴィオ化粧品が報告しています。完全無添加で抜群の「抗炎症・細胞活性」効果を発揮します。完全無添加は世界初の技術ですよ。

天然成分のみでできているので、薬とは違い副作用の心配はありません。ヒリヒリとせず無臭で、水のように優しい肌触りです。患部にもしみることなくお使いいただけますよ。

多くの飼い主さんに愛用され続けている商品ですよ。歯槽膿漏の治療に併用するもよし、予防のために使用するもよしの、まさに万能な商品といえます。

内容量通常サイズ(300ml)
お試しミニボトル(30ml)
価格通常サイズ:4,320円
お試しミニボトル:1,000円

AVANCEについて更に詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

 

犬の歯槽膿漏、治療費は?

犬 かわいい

歯石除去で2万円前後です。全身麻酔をかけるので、人間が行うよりも高額になります。万が一状態がひどく、抜歯が必要になると費用は5万円程になります。歯石を取り除いた後は膿やはれを治すために1週間分で1000円ほどの抗生物質を処方されます。

 

犬の歯槽膿漏、予防法は?

犬_ゴールデンレトリバー_寝顔

原因である歯垢は、2~3日で歯石に変化します。食べかすは24時間ほどで歯垢になるので、食後の歯磨きがとても大切です。犬用の歯ブラシでの歯磨きを習慣化し、私たちがしっかり管理し健康な歯を保ってあげてくださいね。

前述の「アヴァンス」も予防効果が期待できますよ。歯磨きとあわせてお使いいただくことで、効果が倍増します。

 

歯槽膿漏の予防には歯磨きの習慣が大切

犬_ゴールデン子犬2匹

歯磨きを嫌がる愛犬には、犬用の歯磨きオモチャやジェルの歯磨きなどもオススメです。愛犬を守るためにも歯を毎日磨く習慣をつくりましょう。歯磨きの習慣を身につけるためには、こちらの記事も参考にしてみてください。