パグを飼いたい人へ!性格や特徴、寿命や毛色は?選び方は?

パグはつぶれた顔が愛らしい、人気の犬種です。愛嬌のある仕草で人気があり、よく知られた犬種ですね。この記事ではパグの性格や特徴、パグを選ぶ際のポイントについてまとめました。

 

パグの性格は?

パグ 甘える

パグの性格

  • 明るくて陽気
  • 頑固でプライドが高い

パグの性格は明るくて陽気、その落ち着いた性格から比較的飼いやすい犬種と言われています。その愛くるしい見た目とは裏腹に、独立心旺盛で自分の意思を通そうと多少頑固でプライドの高い一面もありますが、幼犬期からのしつけで家庭的な犬に育てることができますよ。

パグは紀元前400年前の中国において、すでにペットとして飼育されていたというとても歴史の古い犬種です。その後、17世紀にオランダの東インド会社がヨーロッパにパグを伝えて以来、ヨーロッパ各地の王侯貴族、その後はアメリカに至るまで世界各地で安定した人気を誇る犬種です。

パグの額にある縦のシワと真ん丸とした大きな目のした特徴的な表情だけでなく、飼い主や家族、知らない人も、他の犬種の犬、誰に対しても一緒に楽しく遊ぼうとするその友好的な性格も可愛らしい犬種ですよ。攻撃的な性格はなく、小さなお子さんのいる家庭でも一緒に生活できるため、室内犬向きの犬種ともいわれていますよ。

パグはその頑固な性格からきついしつけをしてしまうと拗ねてしまい、逆にしつけをしづらい状態になってしまうことがあるといわれています。その一方で、パグは飼い主の喜ぶことをすることがとても好きな愛情深い性格の持ち主です。しつけをした後に、パグをほめてあげる時はすこし大げさに喜んであげてみることをおすすめします。さっきまですねていたパグが大きく喜んで、愛嬌を振りまく姿が見られるかもしれませんね。

 

パグの特徴、被毛カラーは?

shutterstock_117447985

パグの体高

  • 25~28cm

パグの体重

  • 6.5~8kg

被毛カラー

  • フォーン、ブラック、シルバー、アプリコット

パグの体高は25~28cmで、体重は6.5~8kgです。愛嬌のあるぺちゃんこ顔が特徴的で、多彩な表情で飼い主を癒してくれますよ。

垂れた耳、しわが寄った額、鼻先が短い顔立ちがパグの特徴です。呼吸が浅く、鼻息が荒いのもの可愛らしさのポイントですね。

鼻先が短いのでいびきをかきやすいです。暑さ寒さに弱いので、室内の温度管理に注意してあげてくださいね。室温は26~28度が適温といわれています。

パグの被毛カラーは「フォーン」「ブラック」「シルバー」「アプリコット」の4色がJKC(ジャパンケネルクラブ)で認められています。日本での人気カラーは「フォーン」と「ブラック」です。

他に「ホワイト」もありますが、JKCではスタンダードとしてまだ認められていません。

被毛カラーは違っても、基本的な性格に違いはありません。

 

パグの寿命は?

shutterstock_166116098

パグの寿命

  • 12~15年

寿命はおよそ12~15年といわれており、雄雌の差はありません。パグは病原菌に弱い体質なので、感染症などに特に気をつけたい犬種です。

免疫力をあげるためにも適度な運動とバランスの良い食事を心がけてあげてくださいね。

「壊死性髄膜脳炎」に特に注意が必要で、別名「パグ脳炎」ともよばれています。突然神経症状が現れるのが特徴です。遺伝性疾患ではないかといわれていますが原因は不明です。

7ヶ月~7歳に発症するケースが多く、数日で死に至ることもあります。

発症する可能性は非常に低いですが、親兄弟含めて、パグ脳炎の遺伝子を持っていないか確認してみてください。

 

パグの購入時の選び方は?

shutterstock_215771662

健康なパグの3条件

  • エサをよく食べる
  • 活発に動く
  • 清潔である

 

パグに限らず、ペットには健康な個体を迎えたいですよね。健康なパグの見極めるためには「エサをよく食べる」「活発に動く」「清潔である」の3点に注目してみてください。

 

健康な条件1. エサをよく食べる

エサをたくさん食べるのは健康な証拠です。ペットショップで、エサを食べている瞬間をみられなかった場合は再度見学にいくのもありですよ。食欲があり、良くエサを食べるパグは健康な個体といえます。

 

健康な条件2. 活発に動く

実際に抱っこさせて確かめることがおすすめです。活発さは見ているだけでもある程度確認できますが、触らせてもらえれば「清潔さ」も一緒に確認できますね。

 

健康な条件3. 清潔である

主に目や鼻の汚れがないかを確認して、口の中をみます。口は臭いがきつくなく、噛み付かずに口を開けてくれるパグは、十分清潔といえます。

 

ブリーダーから譲り受ける場合も同じポイントをチェックして健康なパグを見極めてみてくださいね。

時々甘噛みとはいえない強さで噛み付く子犬もいますが、パグの噛み癖はなかなか治らないので気をつけてください。ワクチンの接種が済んでいるかも確認してくださいね。

 

クシャッとした顔が魅力のパグ

shutterstock_216252670

子犬であるほどしつけやすいのは事実ですが、極端に早い時期に親から離すのはよくありません。しつけ上、幼犬期には親犬の近くで育ったほうが良いとされるためです。

生後2ヶ月は経過している子犬を選ぶようにしてあげてくださいね。どこか人間味のある顔立ちをしているパグは、見ていて癒やされますよ。