コーギーの種類と性格、体重や特徴は?子犬の選び方は?

コーギーは、胴長短足の体とかわいい顔立ちが特徴的なイギリス原産の犬です。もともと牧羊犬(ぼくようけん)として飼われていたこともあり、とても賢い犬でもあります。

今回の記事では、コーギーの種類、性格や体重といった体の特徴、ペットとしてコーギーを選ぶときに見るべきポイントをご紹介します。

 

コーギーの性格は?

コーギー

コーギーの性格

  • 賢い
  • 好奇心旺盛でやんちゃ
  • 優しい
  • 飼い主に忠実

コーギーには「ペンブローグ」と「カーディガン」の2種類がいます。どちらも賢く好奇心旺盛で、やんちゃながらも優しい性格をしています。

飼い主に対しては忠実で深い愛情を示してくれますし、人と接することが大好きなので他の人やペットとも仲良くなれますよ。

両方とも牧羊犬として活躍してきた賢さや勇敢さ飼い主への優しさが魅力的な犬種ですが、ペンブロークはカーディガンに比べてやや落ち着きに欠け興奮しやすい傾向にあります。

 

コーギーの種類、それぞれの特徴や体重は?

コーギー_カーディガン

コーギーには「ウェルシュコーギーペンブローク」と「ウェルシュコーギーカーディガン」の2種類がいます。

最近では尻尾を断尾していないコーギーも多いですが、ペンブロークとカーディガンの特徴の違いはしっぽの形にも現れています。それぞれの特徴をまとめました。

ウェルシュコーギーペンブロークの特徴

  • 体高 25~30cm
  • 体重 9~12kg
  • 被毛 ダブルコート
  • 毛色 白と茶色のミックス

ウェルシュコーギーペンブローグは、しっぽが短く、耳が丸みを帯びているのが特徴的です。体高25~30cm、体重9~12kgほどで、被毛はダブルコートです。

毛色は白と茶色のミックスが一般的ですが、レッド、セーブル、フォーン、ブラック&タンなども認められています。

ウェルシュコーギーカーディガンの特徴

  • 体高 30cm
  • 体重 8~18kg
  • 被毛 ダブルコート
  • 毛色 多様

ウェルシュコーギーカーディガンは、尻尾がキツネのようにフサフサと長く、耳はピンととがっているのが特徴的です。体高30cm、体重8~18kgほどで、被毛はダブルコートです。

毛色は赤、黒、サーブルなどのバリエーションがあります。ペンブロークよりも骨太でがっちりした体型をしています。顔も少し大きめな印象です。

 

コーギーを飼いたい!子犬の選び方は?

shutterstock_261474392

子犬の選び方

  • 噛み癖のチェック
  • 「目」「足」「皮膚」のチェック
  • 販売者のチェック

コーギーは利口で賢い犬ですが、飼いやすさには個体差があります。成犬よりも子犬の方がしつけがしやすいので、子犬から飼い始めることをおすすめします。

飼いやすいコーギーの子犬を選ぶ3つのチェックポイントをまとめてみました。

 

噛み癖のチェック

飼いやすさをチェックする上で大切なポイントは「噛み癖」です。コーギーは牧羊犬として牛や羊の足を噛んで誘導してきた歴史があるため、噛み癖が直らない個体もいます。

人に噛み付く癖がないか、販売者に確認したり犬を触ってみたりしてチェックしてくださいね。

 

「目」「足」「皮膚」のチェック

コーギーは目、足、皮膚の疾患を発症しやすい犬種ですので、飼う前に確認しておくことがおすすめです。

目は生まれながらに見えていない子がいます。瞳孔が動くか、輝きがあるか、動くものを目で追うかを確認すると、目が見えているかどうかわかります。

また、コーギーは後ろ足に障害を起こしやすいです。立ち方や歩き方が不自然だと、可能性がありますね。内股になっていたり、歩き方が変な場合は販売者に確認してみてください。ちなみに、肉球の色や弾力も健康状態も図る指標になります。

皮膚はカサカサしていたり、ベタベタしていたりする場合、アレルギー性の皮膚疾患を抱えている可能性があります。

皮膚はフケが無いかを確認し、日頃の毛並みのチェックをこころがけてください。弾力があり、被毛のツヤが良い子を選ぶようにして下さい。

 

販売者のチェック

信頼できる販売者と出会うこともコーギーの子犬選びで大切なことです。

「股関節形成不全」や「変性性脊髄症(DM)」、「白内障」「進行性網膜萎縮症」などの遺伝疾患を生まれながらに持っている子が多く、販売者によっては説明してくれない場合があります。

目の病気である「進行性網膜萎縮症」は最終的に失明してしまいますし、「変性性脊髄症」になると車いすの生活が必要です。最終的には寝たきりもありえます。

飼い主にとっても愛犬にとっても辛いですよね。病気の有無など、質問に対して真摯に答えてくれるブリーダーやショップを選ぶようにして下さいね。

 

コーギーの歴史は?

shutterstock_383463697
ウェルシュコーギーの起源は、紀元前1200年ごろに中央ヨーロッパから移住したケルト民族がウェールズ地方に連れ込んだ犬だと考えられています。

カーディガンシャー地方で発展した犬種を「ウェルシュコーギー・カーディガン」、

フラマン人の織物職人と一緒にペンブロークシャー地方に移り住み発展した犬種を「ウェルシュコーギー・ペンブローク」と呼び、「カーディガン」の方が歴史が古いです。

1934年にイギリスのケンネルクラブにより別の犬種として分けらて、現在に至ります。

 

健康で飼いやすいコーギーを選んで充実したペット生活を!

コーギー
コーギーは、きちんとしつけてストレスの少ない状態で飼育してあげれば、頼れる家族の一員になってくれる犬です。

噛みグセがなく、健康で元気いっぱいのコーギーに出会えたら、たくさん遊んであげて、愛犬と素敵な思い出を作ってくださいね。