チンチラの販売価格や餌代などお金まとめ

「猫界の女王」とも呼ばれ長年にわたって高い人気を維持しているチンチラは、イギリス原産の猫です。

大人しく留守番もできますし、活発に遊ぶよりも飼い主さんとゴロゴロしていることが好きな性格なので、一人暮らしの方や猫とゆったりした時間を過ごしたい人におすすめです。

この記事ではチンチラの販売価格や餌代など生涯にかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

(げっ歯類の「チンチラ」については、関連記事にまとめてあります。)

 

チンチラの販売価格と年間かかる餌代は?

チンチラ1

子猫の価格

  • 15万円

年間の餌代

  • 約5.2万円

チンチラの子猫の価格は15万円前後が多いです。

ペットタイプとショータイプがあるため10~35万円と価格に開きがありますが、ショーなどに参加させないのであればペットタイプがおすすめですよ。

スタンダードの規定から外れているだけで健康状態には問題ないので安心してくださいね。

子猫を購入する時は「四肢が短い」「体高が低い」「毛量が多く、柔らかい」の3点をチェックするようにしてください。

 

年間の餌代

猫は体重によって与える餌の量が決まります。餌代はキャットフードの種類によっても変わりますが、「カナガン」で計算すると3~5kg前後のチンチラであれば年間で約4.8万円かかります。

被毛を美しく保つためにキャットフードにオリーブ油や、アマニ油といった上質なオイルを2~3滴垂らしたり、「おやつ」や「サプリメント」も与えることを考えて、年間5.2万円ほど見積もっておいた方がいいですよ。

cat1_canagan

『カナガンキャットフード』の購入サイトへ

 

チンチラ、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

チンチラ3

準備しておくもの

  • ケージ
  • 食器類
  • ケア用品
  • トイレ用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • おもちゃ

チンチラの飼育に必要なものは「ケージ」「キャットタワー」「食器類」「ケア用品」「トイレ用品」などです。総額で3万円前後で揃えられますよ。

 

ケージ

ケージは病気療養の時や多頭飼いをしている場合にあると便利です。ドアを常に開けたままの状態にしておけば、出入り自由な寝床としても使うことができますよ。1~1.5万円ほど購入できます。

 

食器類

チンチラは鼻が低いので餌をうまく食べることができません。

100円ショップで販売されているものでも問題ないですが、食器台を使ったり皿の内側が2.5cmほどの浅さをしている食器を使ってあげると餌や水をこぼしにくくなりますよ。

水飲みは留守番中でも倒す心配のない給水ボトルタイプがおすすめです。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のコーム」「シャンプー」「爪とぎ・爪切り」「クレンジングパッド」を用意します。

長毛種であるチンチラは被毛の手入れを怠ると毛玉になりやすいので、毎日のブラッシングと1ヶ月に1回程度のシャンプーをしてあげてください。

また、チンチラは涙やけのケアも必要ですよ。放置しておくと被毛が赤茶色になってしまうので「涙やけ・目ヤニ クレンジングパッド」を使ってこまめに手入れをするようにしてくださいね。

コームは1500円、シャンプー&リンスはセットで3000円、クレンジングパッドは1000円ほどで購入できますよ。

 

トイレ用品

猫用のトイレはシステムタイプやトレータイプなど様々な種類の商品が販売されていますよ。

猫砂も猫によって好みが違うので、様々なものを試してみて最適なものを選んであげてくださいね。トイレは3000円程度、猫砂は一袋500円ほどで販売されています。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーバッグ」「おもちゃ」などです。

キャリーバッグは3000~5000円ほどで購入できますし、遠出するときや病院へ行く時などに必要になるので用意しておくと安心ですよ。

チンチラはのんびりした性格をしていますが、肥満を防ぐ為にもおもちゃを使って適度に運動させることを心がけてください。

「ボール」や「猫じゃらし」などの猫用のおもちゃは、5000円もあれば数種類が購入できますよ。

 

チンチラの飼育はどのくらいお金がかかる?

チンチラ2

飼育にかかる合計費用

  • 約130万円

チンチラの飼育にかかる初期費用は「子猫価格」「飼育環境の整備」を合わせた18万円ほどは最低でも用意しておかなければなりません。

また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費(ワクチン代など)」「ケア用品」を合わせて9万円程度かかります。チンチラの寿命は16年前後なので、生涯費用は162万円ほどかかると見積もっておく必要がありますよ。

チンチラは比較的長寿の子が多いですが、親からの遺伝疾患である「多発性嚢胞腎」が多い猫種ともいわれているので医療費を抑えるために「ペット保険」への加入をおすすめします。

 

チンチラとの楽しい生活を送るためにも、しっかりと見積もりをしておこう!

猫 チンチラ2
チンチラは初心者の人にも飼いやすい猫ですが、しっかりと見積もりをしておかないとお互いに楽しい生活を送ることはできませんよ。

愛猫に対して最良の選択をしてあげられるように、飼い主さんは出来ることを済ませてから飼育を始めるようにしてくださいね。