トイガーの販売価格や餌代などお金まとめ

「リビングで飼えるトラ」を目指して作られたトイガーは、トラそっくりの外見をしているアメリカ原産の猫です。

野性味あふれる姿をしていますが、人や他の動物とも仲良くできる性格なのでペットとしても飼いやすいですよ。

この記事ではトイガーの販売価格や餌代など生涯にかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

トイガーの販売価格と年間かかる餌代は?

トイガー 子猫

子猫の価格

  • 60万円

年間の餌代

  • 約9万円

世界でも飼育数が少ないトイガーですが、日本国内で60~80万円程度で購入できますよ。

ただ、希少猫で産まれてくる前に予約済みになることが多いので、事前にブリーダーさんに繁殖の時期を問い合わせておくことをおすすめします。

子猫選びのポイントとしては、つり上がった小さい目に黒い「マスカラ」と呼ばれるパターンが入っていると理想的です。できるだけトラの模様に近い個体を選ぶと良いですね。

 

年間の餌代

トイガーは筋肉質な猫なので、高タンパクな食事を与えるようにしてください。量ではなく、質で選ぶことが大切ですよ。生食用の牛肉はタウリンが豊富に含まれている生食用の牛肉を与えるのもおすすめです。

体重は7kg前後なので、「シンプリー」のキャットフードだけを与えると年間7.6万円程度かかります。おやつやサプリメント代、生食用の牛肉などを合わせると年間で9万円は必要になりますね。

cat2_symply

『シンプリーキャットフード』の購入サイトへ

 

トイガー、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

トイガー

準備しておくもの

  • ケージ
  • キャットタワー
  • 食器類
  • ケア用品
  • トイレ用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • おもちゃ

トイガーの飼育に必要なものは「ケージ」「キャットタワー」「食器類」「ケア用品」「トイレ用品」などです。総額で4万円前後で揃えられますよ。

 

ケージ

ケージは病気療養の時や多頭飼いをしている場合にあると便利です。

ドアを常に開けたままの状態にしておけば、出入り自由な寝床としても使うことができますよ。1~1.5万円ほど購入できます。

 

キャットタワー

トイガーは野性が残る活発な猫で体も大きいので、安定している2本柱のタイプのキャットタワーがおすすめです。

柱が爪とぎになっているタイプだと爪とぎを別に用意する必要が無いので便利ですよ。

1~2万円程度で購入できます。

 

食器類

食器類は小さすぎたり軽すぎると猫にとってストレスになります。顔周りよりも少し大きく、滑り止めなどが底に付いているものを選んであげてください。

水飲みは留守番中でも倒す心配のない給水ボトルタイプがおすすめです。価格は1000円程度で購入できますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のコーム」「シャンプー」「爪とぎ・爪切り」を用意します。

トイガーは短毛種ですが被毛が厚いので、1週間に2~3回のブラッシングと1~2ヶ月に1回程度のシャンプーをしてあげてくださいね。

コームは1500円、シャンプー&リンスはセットで3000円ほどで購入できますよ。

 

トイレ用品

猫用のトイレは3000~5000円ほどで様々な種類の商品が販売されていますが、トイガーは野生が残っているので周囲が見わたせて安心できる「屋根なしタイプ」がおすすめです。

猫砂も消臭効果のあるものや砂が舞いにくいものなどがあり、猫の好みも様々なので飼い主さんは愛猫が気に入るものを探してあげてくださいね。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーバッグ」「おもちゃ」などです。

キャリーバッグは3000~5000円ほどで購入できますし、病院へ行く時や遠出する時などに必要になるので用意しておくと安心ですよ。

また、トイガーは遊び好きでもあるので「猫じゃらし」や「ボール」などの飼い主さんと一緒に遊べるおもちゃがおすすめです。おもちゃは複数揃えても5000円程度で購入できますよ。

 

トイガーの飼育はどのくらいお金がかかる?

トイガー

飼育にかかる合計費用

  • 約195万円

トイガーの飼育にかかる初期費用は「子猫価格」「飼育環境の整備」を合わせた64万円ほどは最低でも用意しておかなければなりません。

また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費(ワクチン代など)」「ケア用品」を合わせて13万円程度かかります。寿命は10年未満の個体が多いといわれますが、10年だと考えると生涯費用は194万円ほどかかると見積もっておく必要がありますよ。

誕生してから日が浅いのではっきりしたことは分かっていませんが、ベンガルと同じように猫伝染性腹膜炎(FIP)に注意が必要です。医療費を抑えるために「ペット保険」への加入も考えてあげてくださいね。

 

万全の準備を整えてからトイガーを迎えよう!

トイガー
トイガーの飼育を考えているのであれば、万全の態勢を整えてから受け入れるようにしてください。

金銭面での余裕も必要ですが、きちんと診てくれる掛かりつけのお医者さんを見つけておく事も大切ですよ。