猫に血便が出た!原因は?危険な場合のサインは?

猫に血便が出た場合は、人間と同じで体調に異常がある証拠です。

この記事では、猫の血便が出たときの原因や危険な場合のサインについてまとめました。猫の血便は、放っておくと命に係わる場合もあるので、早急な対応をしてくださいね。

 

猫の血便が出るのは体調不良のサイン

猫 トイレ

便の硬い緩いに関わらず、猫の血便が出た場合は体調異常のサインです。

便に血が混ざっているということは、肛門に近い大腸や肛門からの出血が疑われます。自然治癒を期待せず、早めに動物病院に行き、専門医のアドバイスを貰うようにしてください。

今血便の状態からどのような危険度なのか、どんな病気の可能性があるのかをご紹介します。

 

真っ赤な下痢をしている

深刻な事態です。

大きな腫瘍や大腸炎といった重篤な病気が考えられます。下痢による脱水症状も体力や免疫力の低下を招いており、別の病気を併発する可能性があります。

血液、水分、栄養の補給が急務なので、早急に動物病院を受診してください。ペットの中でも猫は脱水症状が分かりにくく、明らかに衰弱しているという様子がみられたときは既に危険な状態だといえます。

 

真っ赤な血が便に混じっている

猫_トイレ

出血部分は小腸から肛門の範囲だとわかり、便の混ざり方によってさらに部分を特定できます。

便を半分に折って観察したときに、便の中まで血が混じっているのであれば小腸から大腸前半の出血です。また、便の外側だけに血がついているであれば大腸の後半からの肛門と予測できます。

胃腸炎、細菌感染、腫瘍、ポリープなどの病気が考えられます。内臓からの出血は飼い主では判断が難しく、専門医に診断してもらう必要があります。この場合も、いち早く病院へ連れて行き、診察を受けてくださいね。

 

黒い血が便に混じっている

血は多少の量なら胃で消化され黒くなります。黒い便が出た時は、口内から小腸の間で出血している可能性があります。

他の血便に比べて重篤なケースになる事は少ないですが、それでも命に関わることもあるので無視することはできません。必ず病院で健康状態を確認してもらってください。

動物病院ではこのような血便のとき、血の量よりも下痢があるか、食欲はあるかなどの項目が判断材料になってきます。普段の様子と異なるところをよく観察し、獣医師に伝えるようにしてください。

 

肛門から出血している

肛門からの出血が確認できた場合、肛門嚢炎の可能性があります。

肛門嚢炎は肛門の左右にある肛門腺と呼ばれる臭腺が炎症を起こす病気です。

治療には手術および抗生物質の投与、繰り返し症状がみられるようだと肛門嚢の摘出が必要になる場合があります。様子見をせず、早めに動物病院を受診してくださいね。

 

血便を見たら自然治癒を期待せず、早めに動物病院へ

猫 赤ちゃん5

血便は、便中の出血の量が多ければ多いほど、色が濃ければ濃いほど、重大な病気のサインです。素人判断せず、早めに動物病院を受診してくださいね。

受診の際、血便は捨てずに一緒に持って行くことでより正確な診断結果が得られますよ。