スノーシューの販売価格や餌代などお金まとめ

スノーシューは、4肢の先端にある白い靴下をはいているような模様が特徴的なアメリカ原産の猫です。

人が大好きで甘えたがりな性格をしていますし、他の動物とも仲良くなれるので多頭飼いや初めて猫を飼う方にもおすすめですよ。

この記事ではスノーシューの販売価格や餌代など生涯にかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

スノーシューの販売価格と年間かかる餌代は?

スノーシュー4

子猫の価格

  • 20万円

年間の餌代

  • 約6万円

スノーシューの子猫の販売価格は、20~30万円前後です。

スノーシューの特徴でもある足元の模様は劣性遺伝子によるものなので、個体数も少なく日本での入手は難しいですよ。購入を考えているのであれば専門のブリーダーさんに連絡を取るか、海外からの個人輸入がおすすめです。

アメリカなどでは300~400ドル(3.5万前後)で購入できますが、手数料などを含めて25万円前後を見積もっておくようにしてください。

 

年間の餌代

猫は体重によって与える餌の量が決まります。餌代はキャットフードの種類によっても変わりますが、「カナガン」で計算すると3~6.5kg前後のスノーシューであれば年間で約5.7万円かかります。

餌以外におやつを与えたりすることも考えて、年間6万円ほど見積もっておいた方がいいですよ。

cat1_canagan

『カナガンキャットフード』の購入サイトへ

 

スノーシュー、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

スノーシュー3

準備しておくもの

  • ケージ
  • キャットタワー
  • 食器類
  • ケア用品
  • トイレ用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • おもちゃ

スノーシューの飼育に必要なものは「ケージ」「キャットタワー」「食器類」「ケア用品」「トイレ用品」などです。総額で3万円前後で揃えられますよ。

 

ケージ

猫にはケージは必要ないともいわれますが、病気の時や多頭飼いをしている場合にはあると便利ですよ。

ドアを常に開けたままの状態にしておけば、出入り自由な寝床としても使うことができますし、1~1.5万円ほど購入できるので揃えておくことをおすすめします。

 

キャットタワー

スノーシューは運動量の多い猫ではないですが。高低差のある遊び場を提供してあげると喜びます。

1~1.5万円ほどで様々な種類が販売されているので、安定感があるキャットタワーを選んであげてください。

 

食器類

猫にとってストレスにならないように、ヒゲが当たらない大きさで滑り止めなどが底に付いているものを選んであげてください。

水飲みは留守番中でも倒す心配のない給水ボトルタイプがおすすめです。価格は1000円程度で購入できますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のコーム」「シャンプー」「爪とぎ・爪切り」を用意します。

スノーシューはシングルコートの短毛種なので、週1回のブラッシングと1~2ヶ月に1回程度のシャンプーをしてあげれば十分です。

コームは1500円、シャンプー&リンスはセットで3000円ほどで購入できますよ。

 

トイレ用品

猫用のトイレや猫砂は、猫によって好みが違うので様々なものを試してみて最適なものを選んであげてくださいね。トイレは3000円程度、猫砂は一袋500円ほどで販売されています。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーケース」「おもちゃ」などです。

猫用のキャリーバッグは5000円ほどで購入できますし、病気の際の持ち運びや遠出する時などに必要になるので用意しておくと安心です。

スノーシューは人間と一緒に遊ぶことが大好きなので、「ボール」や「猫じゃらし」などの一緒に遊べるおもちゃがおすすめですよ。複数揃えても5000円程度で購入できます。

 

スノーシューの飼育はどのくらいお金がかかる?

スノーシュー2

飼育にかかる合計費用

  • 約150万円

スノーシューの飼育にかかる初期費用は「子猫価格」「飼育環境の整備」を合わせた23万円ほどは最低でも用意しておかなければなりません。

また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費(ワクチン代など)」「ケア用品」を合わせて9万円程度かかります。スノーシューの寿命は14年前後なので、生涯費用は149万円ほどかかると見積もっておく必要がありますよ。

比較的長寿で健康的な子が多いですが口腔系の病気には注意が必要なので、医療費を抑えるためにも「ペット保険」への加入をおすすめします。

 

スノーシューとの生活をより楽しむためにも、しっかりと見積もりを出しておこう!

shutterstock_157795844

スノーシューは学習能力も高くイタズラ好きな一面もあるので、一緒に過ごす日々は笑顔の絶えないものになること間違いなしですよ。

お互いが笑って過ごせるように、しっかりと生涯でかかる費用を把握してからスノーシューとの生活を始めるようにしてくださいね。