猫の咳、原因と症状まとめ。毛玉を上手く吐けない毛球症の対策は?

飼っている猫が咳をしたら、「何の病気?」と心配になりますよね。猫は人間と違って日常的に咳をしないため、場合によっては危険な病気の症状であることもあります。

この記事では、猫の咳の原因や症状、毛玉で咳がでる「毛球症」の対策、どういった咳の場合に病院に連れて行くべきかの目安についてご紹介します。

 

猫の咳は、危険な病気が隠れている可能性もある!

病院 病気 猫 聴診器

咳は、喉や気管、肺などの呼吸器官に刺激が起こることで、その原因を取り除こうとする自然な防衛反応です。猫は、日常生活でほとんど咳をしない生き物なので、猫が咳をしているときは何か体に異常が起きていると考えられます。

何度も咳を繰り返して、長い時間収まらなかったり呼吸音が荒かったりする場合は、「気管」「気管支」「肺」などの呼吸器のトラブルや、「心臓病」などが考えられます。

猫の咳は体への負担も大きいため、咳の症状から原因をはっきりさせ、早めに対処することがとても大切です。

 

猫の正常な咳は?

猫 病気

猫が通常の咳をする時、しゃがみこんで頭を突きだします。喉に違和感がある時には口を開けて「ケホケホ」、鼻に違和感がある時は口を閉じて鼻から「フンフン」と息を吐きます。

また、「グーグー」という連続した大きな音をだす時もあります。

喉でも鼻でもない位置の違和感を解消するために息を吸い込んでいる音で、「鼻くしゃみ」とよばれていますが咳の一種です。

これらは正常な猫の生理現象ですので、心配する必要はありませんよ。

 

病気の危険性がある猫の咳1. 乾いた「ケーケー咳」

猫病気_1

 

ケーケー咳の原因

  • 咽頭炎
  • 気管支炎
  • アレルギー性気管支炎
  • 心臓病
  • フィラリア症
  • 感染症

ヒーヒー咳の原因

  • 肺炎

猫が「ケーケー」もしくは「ヒーヒー」と乾いた咳を繰り返す場合は、気道が炎症を起している可能性があります。

考えられる病気としては「咽頭炎」「気管支炎」「アレルギー性気管支炎」「心臓病」「フィラリア症」「感染症」などが疑えます。

激しいくしゃみも伴う場合は、「猫ウイルス性鼻気管炎」に感染している可能性もあります。

もし猫が「ヒーヒー」と弱々しく乾いた咳をする場合、「肺炎」の疑いもあります。喉を怪我していることもあるので、まずは自分で対処せずに獣医さんに診察してもらってください。

 

病気の危険性がある猫の咳2. 湿った「ゼエゼエ咳」

shutterstock_243835606

ゼエゼエ咳の原因

  • 肺炎
  • 肺水腫
  • 膿胸
  • ガン

猫の気道に炎症が起こり、痰などの水分を伴うと「ゼエゼエ」と湿った咳になります。猫が湿った咳をする場合は、肺に異常が現れている可能性が高いのです。

具体的には重度の「肺炎」や肺に水がたまる「肺水腫」、胸に膿が溜まる「膿胸」や「ガン」の可能性もあります。

湿った咳は乾いた咳よりも事態が深刻なケースが多く危険です。必ずしも「湿った咳=重病」というわけではありませんが、湿った咳を繰り返すようでしたら、できるだけ早く病院へ連れていってあげてくださいね。

 

猫が毛玉をうまく吐けないことが原因、「毛球症」を予防するには?

猫_病気

 

毛球症の予防法

  • ブラッシングでむだ毛を取り除く
  • 食物繊維の多いペットフードを与える

猫は起きている時間の4分の1は毛づくろいをしているといわれています。毛づくろいで飲み込んでしまった毛は、通常であれば吐き出します。

猫は飲み込んだ自分の毛玉を出すのが上手な動物ですが、何らかの事情により毛玉をうまく吐いたり排便したりできなくなってしまうのが「毛球症(もうきゅうしょう)」という症状です。

猫が毛球症になってしまうと「ケホッケホッ」と咳をし、吐こうとするしぐさがみられます。便秘や食欲不振から「お腹を触ると嫌がる素振りをみせる」ようになるので、確認してみてください。

発見した段階で動物病院へ連れて行ってください。軽度であれば「毛球除去剤」などを使いますが、症状によって外科手術も必要になるケースもあります。

 

毛球症を予防するには?

毛球症を予防するには、ブラッシングをこまめにして、抜け毛を飲み込まないように取り除いてあげると良いです。被毛の長い猫種は特に気をつけてくださいね。換毛期の春と秋の季節は、ブラッシングの回数を増やしてあげてくださいね。

ペットフードの種類によっても予防ができます。「ヘアボールケア」や「毛玉コントロール」と書かれているフードには食物繊維が多く配合されているので、消化機能を活発にし、排便を促す働きが期待できますよ。

 

猫の咳、病院に連れて行く目安は?

shutterstock_311341697

猫の咳は基本的に体の異常を示すサインです。「乾いた咳」や繰り返し咳をしている場合はすぐに病院へ連れていってください。

「湿った咳」は重度の病気である可能性も高いため、できるだけ早く獣医師に診てもらってくださいね。

「毛球病」で咳をしている場合、「ブラッシングをする」「食物繊維豊富な餌を与える」といった予防策を行っても症状が良くならない場合もあります。やはり病院で診断をしてもらうことが1番です。

愛猫の咳の症状を見極め、早い段階で病気のサインに気づいてあげてくださいね。