ドラゴンリーの販売価格や餌代などお金まとめ

ドラゴンリー(チャイニーズリーファ)はハイイロネコというヤマネコから自然発生した中国原産の猫種です。中国語では狸花猫(リーハウマオ)と呼ばれています。

ワイルドな風貌をしていますが飼い主さんには忠実な性格をしていますし、我慢強い一面もあるので他のペットや小さな子供とも仲良くできますよ。

この記事ではドラゴンリーの販売価格や餌代など生涯にかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ドラゴンリーの販売価格と年間かかる餌代は?

ドラゴンリー1出典:mofmo.jp

子猫の価格

  • 30万円

年間の餌代

  • 約6万円

ドラゴンリーの海外での子猫の価格は800ドル(8万円)前後が多いです。

原産国以外では見かけることも滅多に無いため、購入を考えているのであれば中国から輸入する必要がありますよ。

海外から個人輸入する場合は手数料などを含めて20~30万円ほど余分に見積もっておくようにしてくださいね。

 

年間の餌代

猫は体重によって与える餌の量が決まります。餌代はキャットフードの種類によっても変わりますが、「カナガン キャットフード」で計算すると4~5kg前後のであれば年間で約5.7万円かかります。

餌以外におやつを与えたりすることも考えて、年間6万円ほど見積もっておいた方がいいですよ。

cat1_canagan

『カナガンキャットフード』の購入サイトへ

 

ドラゴンリー、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ドラゴンリー2出典:mofmo.jp

準備しておくもの

  • ケージ
  • キャットタワー
  • 食器類
  • ケア用品
  • トイレ用品
  • 寒さ対策グッズ

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • おもちゃ

ドラゴンリーの飼育に必要なものは「ケージ」「キャットタワー」「食器類」「ケア用品」「トイレ用品」「寒さ対策グッズ」などです。総額で5万円前後で揃えられますよ。

 

ケージ

ケージは病気療養の時や多頭飼いをしている場合にあると便利です。ドアを常に開けたままの状態にしておけば、出入り自由な寝床としても使うことができますよ。1~1.5万円ほど購入できます。

 

キャットタワー

ドラゴンリーは活発な猫種でストレスを運動で解消するタイプなので、上下運動ができるキャットタワーはおすすめです。

1~1.5万円ほどで様々な種類が販売されているので、部屋のインテリアなどに合うキャットタワーを探してみてくださいね。

 

食器類

猫用の食器類は100円で販売されているものでも問題ないですが、深すぎず足やスタンドのついた陶器製のものがおすすめです。

水入れもフードボウルと同じく陶器製のボウルがおすすめです。飲水量が確認できる目盛り付きのものもありますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のコーム」「シャンプー」「爪とぎ・爪切り」を用意します。

ドラゴンリーはシングルコートの短毛種なので、1日1回のブラッシングと1~2ヶ月に1回程度のシャンプーで十分です。

コームは1500円、シャンプー&リンスはセットで5000円ほどで購入できますよ。

 

トイレ用品

猫用のトイレはシステムタイプやトレータイプなど様々な種類の商品が販売されています。

猫砂も猫によって好みが違うので、様々なものを試してみて最適なものを選んであげてくださいね。トイレは2000~3000円程度、猫砂は一袋500円ほどで販売されています。

 

寒さ対策グッズ

ドラゴンリーはシングルコートの短毛種なので、寒さを苦手としています。

寒い季節になってきたら暖房を使用したりペット用のヒーターを使うなどして、部屋の温度が快適になるようにしてあげてくださいね。ペット用のヒーターは5000円ほどで購入できますよ。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーバッグ」「おもちゃ」などです。

キャリーバッグは3000~5000円ほどで購入できますし、遠出するときや病院へ行く時などに必要になるので用意しておくと安心ですよ。

また、ドラゴンリーは遊び好きな性格をしているので、飼い主さんと一緒に遊べるようなおもちゃがおすすめです。「ボール」や「ぬいぐるみ」なら1000円以下で購入できますし、猫用の知育トイも1500円前後で販売されていますよ。

 

ドラゴンリーの飼育はどのくらいお金がかかる?

ドラゴンリー3出典:mofmo.jp

飼育にかかる合計費用

  • 約130万円

ドラゴンリーの飼育にかかる初期費用は「子猫価格」「飼育環境の整備」を合わせた35万円ほどは最低でも用意しておかなければなりません。

また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費(ワクチン代など)」「ケア用品」を合わせて10万円程度かかります。ドラゴンリーの寿命は12年前後なので、生涯費用は155万円ほどかかると見積もっておく必要がありますよ。

ストレス性の病気になりやすいともいわれているので、医療費を抑えるために「ペット保険」への加入をおすすめします。

 

見積もりをしてから愛猫との生活を始めよう!

ドラゴンリー
稀少な猫種であるドラゴンリーとの生活をより充実した楽しいものにするためには、飼育前にしっかりと見積もりをして生涯にかかる費用をシュミレーションしておくことが大切です。

いざという時に慌てないように、飼い主としての義務をしっかり果たしてから飼育を楽しむようにしてくださいね。