チャウシーの販売価格や餌代などお金まとめ

ジャングルキャットとイエネコのハイブリッド種であるチャウシーは、アメリカ原産の猫です。「大きな耳」と「ゴールドの目」といった野性味あふれる姿が特徴的ですよ。

とても頭の良い猫としても知られており、飼い主とのコミュニケーションを好むので一緒の時間を多く過ごしたい方におすすめです。

この記事ではチャウシーの販売価格や餌代など生涯にかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

チャウシーの販売価格と年間かかる餌代は?

チャウシー1出典:mofmo.jp

子猫の価格

  • 40万円

年間の餌代

  • 約6万円

チャウシーの子猫の価格は40万円前後です。

日本では珍しい猫種なのでペットショップで販売されることもなく、ブリーダーさんも見当たらないので購入を考えているのであれば海外から輸入する必要があります。

主にヨーロッパや北アメリカで繁殖されており、アメリカなどでは1500ドル(15万前後)で購入できますが、手数料などを含めて40万円前後を見積もっておくようにしてくださいね。

 

年間の餌代

猫は体重によって与える餌の量が決まります。餌代はキャットフードの種類によっても変わりますが、「カナガン」で計算すると3.5~7kg前後のチャウシーであれば年間で約5.8万円かかります。

餌以外におやつを与えたりすることも考えて、年間6万円ほど見積もっておいた方がいいですよ。

注意点として、チャウシーは食物アレルギーや消化器の病気になりやすいといわれています。餌を選ぶときはグレインフリー(穀物不使用)や野菜をあまり使っていないものを選ぶようにしてくださいね。

cat1_canagan

『カナガンキャットフード』の購入サイトへ

 

チャウシー、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

チャウシー2出典:matome.naver.jp

準備しておくもの

  • ケージ
  • キャットタワー
  • 食器類
  • ケア用品
  • トイレ用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • おもちゃ

チャウシーの飼育に必要なものは「ケージ」「キャットタワー」「食器類」「ケア用品」「トイレ用品」などです。総額で4万円前後で揃えられますよ。

 

ケージ

ケージは病気療養の時や多頭飼いをしている場合にあると便利ですよ。1~1.5万円ほどで販売されていますし、ドアを常に開けたままの状態にしておけば出入り自由な寝床としても使うことができます。

 

キャットタワー

チャウシーは活発で運動欲求も多いので、上下運動ができるキャットタワーは必ず用意してあげてください。体が大きいので安定感があるものがおすすめですよ。1~1.5万円ほどで販売されています。

 

食器類

食器は、軽すぎたり小さすぎると猫にとってストレスになってしまいます。底に滑り止めが付いていてヒゲが当たらない大きさのものを選んであげてください。

水飲みは留守番中でも倒す心配のない給水ボトルタイプがおすすめです。価格は1000円程度で購入できますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のコーム」「シャンプー」「爪とぎ・爪切り」を用意します。

チャウシーは短毛種ですがダブルコートなので、ラバーブラシやシリコンブラシを使った週2~3回のブラッシングと1~2ヶ月に1回程度のシャンプーをしてあげてください。

ブラシ類は1500円、シャンプー&リンスはセットで3000円ほどで購入できますよ。

 

トイレ用品

猫用のトイレはトレータイプやシステムタイプなど様々な種類の商品が販売されています。

猫砂も猫によって好みが違うので、様々なものを試してみて最適なものを選んであげてくださいね。トイレは3000円程度、猫砂は一袋500円ほどで販売されています。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーバッグ」「おもちゃ」などです。

キャリーバッグは遠出するときや病院へ行く時などに必要になりますし、3000円程度で販売されているので用意しておくと安心ですよ。

また、チャウシーは飼い主とのコミュニケーションを取ることが好きなので、「ボール」や「猫じゃらし」などの一緒に遊べるおもちゃがおすすめです。複数揃えても5000円程度で購入できます。

 

チャウシーの飼育はどのくらいお金がかかる?

チャウシー3出典:matome.naver.jp

飼育にかかる合計費用

  • 約165万円

チャウシーの飼育にかかる初期費用は「子猫価格」「飼育環境の整備」を合わせた44万円ほどは最低でも用意しておかなければなりません。

また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費(ワクチン代など)」「ケア用品」を合わせて10万円程度かかります。チャウシーの寿命は12年前後なので、生涯費用は164万円ほどかかると見積もっておく必要がありますよ。

チャウシーは消化器系や食物アレルギーに注意が必要なので、医療費を抑えるためにも「ペット保険」への加入をおすすめします。

 

最後まで面倒を見る覚悟はあるかをもう一度考えておこう!

チャウシー4出典:matome.naver.jp
チャウシーはアビシニアンやオリエンタルショートヘアの賢さを受け継いでいるので飼い主に甘えるのが大好きな猫です。

他の猫との同居や子供のいる家庭での生活も問題ありませんが、家族に迎えようと考えているのであれば金銭的負担もしっかりと考慮して、最後まで幸せに暮らせるようにしてあげることが大切ですよ。