犬の膀胱炎、症状は?原因・治療方法まとめ。薬や食事、術後は?

犬の膀胱炎は泌尿器系の病気の中でもかかりやすく、なかなか治らず、一度完治しても再発を繰り返すことの多い厄介な病気です。この記事では犬の膀胱炎の症状、原因、治療法について紹介します。

病院で検尿をすれば発見できる病気なので、疑わしい症状がある場合はすぐに病院に連れていってあげてくださいね。

 

犬の膀胱炎、症状は?

犬_イングリッシュ・コッカースパニエル

膀胱炎になると多飲多尿になります。膀胱に尿が溜まると痛みが生じ、背中を丸めて泣き声をあげる犬もいます。雌や免疫力が弱い老犬が発症しやすいです。排泄時に痛そうな仕草をしていたら注意が必要ですね。

膀胱炎が進行すると尿が白濁したり臭いがきつくなったりします。血尿が出ることもあります。慢性化して「腎盂腎炎」や「尿路結石」併発する恐れもあります。

 

犬の膀胱炎、症状が進むと尿閉塞に?予防は?

ミニチュアダックス_病気

犬の膀胱炎は症状が進むと「尿閉塞」を発症することがあり、尿をうまく排出できず、ポタポタと垂らします。完全閉塞になると尿が全く排出できなくなり、死に至ることもあります。尿道が細くて長い雄が特に発症しやすいです。

大抵の場合、動物病院での検尿で膀胱炎は発見できます。普段の愛犬の尿の頻度や勢いを観察してあげることで、早期発見して予防できますよ。

 

犬の膀胱炎、原因は?

 

膀胱炎になる原因は主に「細菌感染」「結石や結晶」「腫瘍や外傷」の3つです。

 

原因1.細菌感染

犬の膀胱炎の原因として最も多いのが細菌感染です。ブドウ球菌とよばれる細菌が尿道から尿管を通って膀胱に達し、膀胱炎になります。

細菌感染の場合、オスに比べてメスの方が感染しやすいです。排泄ときに地面につく回数が多く、尿道が短いことがその理由です。

 

原因2.結石や結晶

膀胱の中にできた結石や結晶が、膀胱の粘膜を傷つけ炎症が起こり膀胱炎になります。食事や体質が関係しているとされています。

冬場など寒い時期に水を飲まなくなり、おしっこの量や回数が減るとおしっこが濃縮してしまいミネラルの成分が結石を作ることもあります。

 

原因3.腫瘍や外傷

膀胱腫瘍によって膀胱が傷つき膀胱炎にかかることもあります。交通事故などの外傷により膀胱が傷つき炎症を起こしてしまうことも原因の1つです。

 

犬の膀胱炎の治療方法、細菌感染には薬が有効

犬 眠い

 

細菌感染による膀胱炎

  • 抗菌剤を2~3週間服用する

細菌感染による膀胱炎の治療は抗菌作用をもつ抗生剤が有効です。2~3週間、細菌がいなくなるまで服用を続けます。

抗生剤を服用していても細菌が減らない場合には、抗生剤の種類があっていない可能性があります。抗生剤の種類を変えたり細菌の特定をする検査を受けたりしてください。

水をたくさん飲ませて尿を促して、膀胱内の細菌を排出させてあげることも有効な治療法の1つですよ。

 

犬の膀胱炎の治療方法、結石や結晶には療養食?

shutterstock_95187355

結石や結晶による膀胱炎は、結石や結晶の種類によって治療法が異なります。主な結石や結晶には「ストルバイト結石・結晶」「シュウ酸カルシウム結石・結晶」があります。

「ストルバイト結石・結晶」は療法食によって溶解させることができます。療法食は獣医が犬の状態や症状から選んでくれますよ。

再発のリスクが高いので療法食は生涯続けることになります。

 

犬の膀胱炎の治療方法、手術が必要な場合は?術後は?

ラブラドールレトリーバー_子犬
「シュウ酸カルシウム結石・結晶」は食餌療法で溶解させることができません。結石を摘出する手術が必要になります。また膀胱腫瘍による膀胱炎の場合は、悪性の移行上皮がんである可能性が高いため、外科手術、抗がん剤投薬が選択されます。

術後は獣医師の指示に従って、食事内容や手術跡の処置をしてあげます。手術が必要な膀胱炎は再発の可能性が高いため、定期的に通院して検診を受けると安心ですよね。

 

膀胱炎は未然に伏せごう!防ぐポイント

紀州犬3
尿閉塞を起こしたり腫瘍の可能性があったりと油断のできない膀胱炎ですが、なぜか軽視されがちです。「尿閉塞」などの危険な病気が併発する可能性もありますので、予防するべき病気です。

「ミニチュアシュナウザー」「ミニチュアダックスフンド」「ブルドッグ」「ダルメシアン」は膀胱炎になりやすい犬種なので注意してあげてくださいね。

トイレを清潔に保つ、水を多く飲ませて排泄をうながす、排泄後にお尻を拭くなど、こまめな気配りで予防できますよ。