犬のトイレトレーニング方法は?しつけのコツは失敗しても怒らない!

犬のトイレトレーニングは、しつけの中でも基本中の基本です。

室内犬であれば、一緒に生活をしていく上で覚えてもらうことは必須ですよね。

今回は、子犬のうちに教えられる簡単な「犬のトイレトレーニング」をご紹介します。

 

犬のトイレの場所を決めるのがしつけの第一歩!

犬 トイレ 素材

犬のトイレトレーニングをするために、まずは「トイレの場所」「寝る場所」を決ることが大切です。

トイレの場所を決めずコロコロと変えてしまうと、場所が分からなくなってしまうためトイレの場所を決めたら変えないようにしてください。トイレは寝る場所から離れていて、誰にも邪魔されず、静かに落ち着いてできる場所がおすすめです。

犬のトイレのセッティングですが、「ここがトイレ」だと簡単にわかるように天井のない狭い「サークル」を準備して、床においたペットシーツやトイレトレーを囲むようにします。

 

トイレトレーニングの基本は「排泄のタイミングを知る」

犬 トイレ 素材

トイレトレーニングをはじめるにあたり大切なのは、犬の「排泄のタイミングを知る」ことです。

次のような場合に排泄をしやすいので、覚えておいてくださいね。

 

目が覚めたとき

人と同じように寝起きはおしっこが溜まっている状態なので、トレーニングに最適です。

 

遊んだあと

体を動かした後はおしっこが出易いと言われています。

 

ご飯のあと

胃腸が動き、満腹になると腸の中の便が出易くなります。ウンチのトレーニングは食後が最適です。

 

水を飲んだあと

子犬は泌尿器系が未熟でおしっこを溜めることができません。水を飲むとおしっこが出易くなります。

 

犬のトイレトレーニングの方法「排泄のタイミングが来たらトイレに連れて行く」

犬 トイレ 素材

排泄のタイミングを意識していると、犬が排泄の合図を見せることがあります。

「しきりに床の匂いを嗅ぎながらウロウロ歩き回る」という行動をみせたら、排泄の合図なので、遊んでいる最中であっても、トイレに連れて行くようにします。トイレに連れて行ったら、吠えても鳴いても、排泄をするまで無視し続けてください。

その後、排泄をしたらすぐに大袈裟なぐらい褒めてあげます。しかし、しばらく経っても一向にトイレする素振りが見られない場合は、トイレから一度出してあげてください。

犬の排泄リズムは個体によって差があるので、愛犬の生活リズムの記録をつけることもおすすめです。「何時に、どこで、どんな様子で、排せつしているか」を一週間ほどメモして愛犬の排せつパターンを把握し、タイミングよくトイレに連れて行ってあげられると、トイレの成功率がアップします。

このトイレトレーニングを何度か繰り返すと、子犬はサークルをトイレとして覚え、おしっこをしたくなると自分からサークルに入っておしっこするようになりますよ。

 

犬のトイレ、しつけ方のコツは「失敗しても怒らない」こと

犬 トイレ 素材

トイレトレーニングで大切なのは、決して叱らないことです。

違うところでおしっこをするなどの失敗があっても、「あ!」や「ダメでしょ!」などと声を出して叱ってしまうと、子犬は飼主さんの前でトイレをすること自体がいけないことだと認識してしまい、カーテンの後ろやテーブルの下など隠れて排泄するようになってしまいます。

また、片付けをしているとき、犬に「ダメだよ」などと話し掛けたり、大騒ぎしたり、近付いてきた犬を振り払ったりといったことも避けてください。

犬が「トイレ以外の場所でおしっこをすると、飼い主が相手をしてくれる」「遊んでくれる」などと間違ったことを覚えてしまい、わざとトイレを失敗することもあるので要注意です。粗相の片付けは犬を「完全無視」して素早く行うようにしてくださいね。

 

しつけを総合サポート、無理せず学べる「こいぬすてっぷ」

こいぬすてっぷ ブリーダーワン

子犬を飼いだしたけど、どうしつけをしていいかわからないという不安や悩みってありますよね。

そんな不安解消をサポートし、しつけのハードルを下げてくれる画期的なサービスが「こいぬすてっぷ」です。

こいぬすてっぷオリジナルの「子犬成長カレンダー」に合わせ、無理のないペースで1歳までに必要なしつけをすべてカバーしたプログラムを子犬の月齢に合わせて届けてくれるサービスで、獣医行動診療科認定医である荒田獣医師が監修を努めており、専門家がオススメするしつけをご自宅で実践することができます。

子犬を迎える時期でもある2ヶ月号に、トイレトレーニングのレッスンがあるので、ぜひ、申し込みしてみてくださいね。2ヶ月を過ぎてしまったけれども、トイレトレーニングの復習をしたいという方も受け付けているとのことなので、利用してみてください。


 

繰り返しの粗相を防ぐため、適切な消臭・除菌を

犬 トイレ 素材

犬がトイレを失敗してしまうと、粗相をした場所に匂いが残りそこをトイレと認識するようになることで、繰り返し同じ場所に粗相をするようになります。

そのため、なるべく早く、適切な除菌と消臭を行なうことが大事です。犬は複数の匂いを嗅ぎ分けることができるため、良い香りを付けることで表面的に匂いを上書きするタイプの消臭剤はあまり効果がないとされているため、匂いの成分を分解するできる消臭剤を利用することが大事です。

一方で、消臭剤として市販されているものの中には、塩素系の除菌消臭剤のように犬にとって有害な成分が入っているものもあるので、安全性に気を配った消臭剤を選ぶようにしてくださいね。

 

 

トイレトレーニングは飼い主さんの忍耐も大切!

犬によっては、「カーテンのかげ」「ドアの向こう側」など、隠れられる場所でトイレをすることを好むので、愛犬に合った場所にトイレを設置してトレーニングをさせることも考えみてください。

トイレトレーニングには飼い主さんの忍耐も大切です。失敗しても怒らず、気長に続けることが成功の秘訣ですよ。がんばってくださいね。

 

編集部からのおすすめ:ペットのにおいの消臭・除菌に「カンファペット」

カンファペット

トイレを失敗してしまった時や、ペットを飼うにあたって気になるにおいには消臭剤「カンファペット」がおすすめです。

カンファペットは一般的な「においを香りで上書きする」消臭剤とは違い、においの発生源を分解・変質させ、無害化することによってにおい自体を消し去ることを可能にした消臭剤です。

強力な除菌・消臭効果があるにも関わらず、ペットにとっては全くの「無害」です。原料は全て人間の食品用として認可されたものを使用しており、「財団法人 日本食品分析センター」でもその安全性を認められています。ペットの目や口に入っても安心・安全ですよ。

今なら初回限定で詰替えパックが1個無料になります。トイレトレーニングのお供にぜひ使用してみてくださいね。

内容量ボトル300ml
+詰替え用300ml
価格1,520円

カンファペットの商品購入ページへ