ジャパニーズボブテイルの販売価格や餌代などお金まとめ

丸いポンポンのような丸い尻尾がキュートなジャパニーズボブテイルは、「招き猫」のモデルになったとされる日本原産の猫です。

優しく穏やかで人懐こい性格をしているので初心者の方でも飼いやすいですし、順応性が高いので小さな子供がいる家庭や猫の多頭飼いを考えている場合でも飼育しやすいですよ。

この記事ではジャパニーズボブテイルの販売価格や餌代など生涯にかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ジャパニーズボブテイルの販売価格と年間かかる餌代は?

ジャパニーズボブテイル_2

子猫の価格

  • 17万円

年間の餌代

  • 5万円程度

ジャパニーズボブテイルの子猫の価格は17万円前後が多いです。

日本原産の猫ですがペットショップで販売されていることは少ないので、ブリーダーさんにコンタクトをとり出産情報や子猫情報を事前に確認しておくことをおすすめします。

稀にですが里親の募集をしていることもありますよ。珍しい猫種を譲り受けることもできるので、興味ある方は調べてみてくださいね。

 

年間の餌代

猫は体重によって与える餌の量が決まります。餌代はキャットフードの種類によっても変わりますが、「シンプリー」で計算すると3~4.5kg前後のジャパニーズボブテイルであれば年間で約4.8万円かかります。

餌以外におやつを与えたりすることも考えて、年間5万円ほど見積もっておいた方がいいですよ。

cat2_symply

『シンプリーキャットフード』の購入サイトへ

 

ジャパニーズボブテイル、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ジャパニーズボブテイル

準備しておくもの

  • ケージ
  • キャットタワー
  • 食器類
  • ケア用品
  • トイレ用品
  • 暑さ対策グッズ

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • おもちゃ

ジャパニーズボブテイルの飼育に必要なものは「ケージ」「キャットタワー」「食器類」「ケア用品」「トイレ用品」などです。総額で3万円前後で揃えられますよ。

 

ケージ

ケージは病気療養の時や多頭飼いをしている場合にあると便利です。ドアを常に開けたままの状態にしておけば、出入り自由な寝床としても使うことができますよ。1~1.5万円ほど購入できます。

 

キャットタワー

ジャパニーズボブテイルは活発で運動能力にも優れているので、キャットタワーは必ず用意してあげてください。

高さが130~180cm程あり、安定感に優れる2本柱タイプがおすすめですよ。10000~15000円ほどで購入できます。

 

食器類

食器類は100円ショップで販売されているものでも大丈夫ですが、ある程度の重さがあり安定感のあるものを選んであげてください。

水飲みは留守番中でも倒す心配のない給水ボトルタイプがおすすめです。価格は1000円程度で購入できますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のコーム」「シャンプー」「爪とぎ・爪切り」などを用意します。

ジャパニーズボブテイルはダブルコートなので、週2~3回ほどコームを使ったブラッシングと1~2月に1回程度のシャンプーをしてあげてください。

コームは1500円程度、シャンプーは1500円程度、爪切り・爪とぎは1500円程度で購入できますよ。

 

トイレ用品

猫用のトイレはシステムタイプやトレータイプなど様々な種類の商品が販売されています。

猫砂も猫によって好みが違うので、様々なものを試してみて最適なものを選んであげてくださいね。トイレは3000円程度、猫砂は一袋500円ほどで販売されています。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーバッグ」「おもちゃ」などです。

キャリーバッグは病院へ連れて行く時や長距離の移動時に必要となります。3000~5000円ほどで販売されているので用意しておくと安心できますよ。

また、ジャパニーズボブテイルは運動量の多い猫ですが、太りやすい傾向があるのでボールなどの追いかけられるようなおもちゃがおすすめです。複数揃えても5000円程度で購入できます。

 

ジャパニーズボブテイルの飼育はどのくらいお金がかかる?

ジャパニーズボブテイル_1

飼育にかかる合計費用

  • 約140万円

ジャパニーズボブテイルの飼育にかかる初期費用は「子猫価格」「飼育環境の整備」を合わせた20万円ほどは最低でも用意しておかなければなりません。

また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費(ワクチン代など)」「ケア用品」を合わせて9万円程度かかります。ジャパニーズボブテイルの寿命は13年前後なので、生涯費用は137万円ほどかかると見積もっておく必要があります。

年齢を重ねてからの「尿結石」や「腎臓疾患」に気をつけたい猫種なので、医療費を抑えるためにも「ペット保険」への加入も考えてあげてくださいね。

 

子猫時のワクチン接種は忘れずに!

ジャパニーズボブテイル
ジャパニーズボブテイルは健康的な猫種ですが、「猫パルボウイルス」に罹りやすいといわれています。

致死率の極めて高い病気なので、愛猫との生活をより長く充実させるためにもワクチン接種は必ず受けさせるようにしてくださいね。