犬の車酔い、原因と症状、予防、対策まとめ。薬は飲める?

犬と生活していく中で、おでかけや病院に連れて行くときなど、車での移動は必要不可欠ではないでしょうか。でも、犬が車酔いをしてしまったら困りますよね。

今回は、犬の車酔いの原因と症状、予防法、対策、薬は飲めるのかなどについてご紹介します。

 

犬の車酔い、症状は?

shutterstock_155375468

車酔いの初期症状

  • 落ち着きをなくす
  • そわそわする
  • 吠える

犬が車に酔うと「落ち着きをなくす」「そわそわする」「吠える」といった症状がみられます。

次第に「あくびをする」「震える」「よだれをたらす」などの症状が現れ、ひどくなると「嘔吐する」ようになります。

車酔いしやすい犬の場合、車に乗ってすぐに吐いてしまうこともあります。

犬を車に乗せる時は、吐いてしまった時のことを考えてトイレシートやビニール袋を準備しておくと安心ですよ。

 

犬の車酔い、原因は?

犬_ドライビング

車酔いの原因

  • 三半規管への影響
  • 過去の嫌な記憶
  • 不安感

人間と同じく、平衡感覚をつかさどる「三半規管」に影響が出ることで犬も車酔いをします。揺れ続けることで「目に見える映像」と「感覚」とのずれが生じ、車酔いをしてしまいます。

個体差はありますが、足が細くバランスが取りづらい犬ほど車酔いしやすい傾向があります。

車という慣れない空間でのストレスや、以前に車に乗って嫌な思いをした、などの精神的要因も車酔いに繋がります。

環境の変化に不安を感じやすい性格の犬も車酔いしやすいといえます。

 

犬の車酔い、対策は?

犬_泳ぐ

犬の車酔いの症状が現れたら、できるだけ早く休憩して犬の体を休ませてあげてください。嘔吐してしまった場合も騒がず、冷静に片付けるようにします。

「犬の車酔い、原因は?」で紹介した「三半規管への影響」「過去の嫌な記憶」「不安感」の3つの車酔いの原因ごとに、対策をまとめました。

 

「三半規管への影響」の場合

急加速や急ブレーキを頻繁に行う運転は三半規管への影響が大きいです。

愛犬を乗せている時は、できるだけ一定の速度で運転してあげるようにしてあげてください。

 

「過去に嫌な記憶がある」場合

ドッグランなど愛犬が「楽しい思い」ができる場所に、車で向かうようにすると良いです。

車に乗ることにプラスのイメージを持てるようになると、車酔いは少し和らぎますよ。

 

「不安感」の場合

普段とは違う慣れない空間は精神的なストレスになります。少しでも不安を取り除いてあげられるように、優しく声をかけてあげてくださいね。

 

犬の車酔い、予防策は?

犬_運転中

犬の車酔いは事前の予防策で回避・軽減することができます。

 

いきなり長時間のドライブに連れて行かない

子犬の頃から、徐々に車に慣れさせていくことで車酔いを予防することができます。最初は10分程度のドライブから始め、犬の様子を見ながら徐々に乗車時間を伸ばしていきます。

家から目的地まで到着したら、たくさん褒めてあげてくださいね。

 

振動や犬のストレスを軽減するケージやキャリーを用意する

犬の平衡感覚は、人間と比べて非常に優れているので車の移動中に伝わってくる振動や揺れに対しても敏感です。人間よりも三半規管に影響が出やすい動物といえます。

犬を車に乗せる際は犬のドライブ用ケージや専用のキャリーを用意するか、車内での振動が伝わりにくい座席に座らせてあげてくださいね。

犬の場所を固定すると揺れが軽減されるので犬も安心できますし、ストレスが少なくなりますよ。

飼い主が抱っこした状態で車に乗せたり窓を開けて顔を出させたりする方もいますが、車酔いを悪化させるだけでなく愛犬と飼い主ともに危険を伴うのでやめてくださいね。

 

小まめに休憩をとる

時間に余裕を持って出かけるようにし、途中休憩時間を小まめにとってあげることも大切です。

最近ではドックランが併設されているサービスエリアなどが増えてきたので、利用すると愛犬の気分転換をさせることができますよ。

 

食事の量と時間に注意する

車酔いの原因になってしまうので、ドライブ直前に食べ物をお腹いっぱい与えたり、反対に空腹のままドライブに出発したりするのは避けてください。

車で出かける予定のあるときは、与える食事の量を通常の半分程度に減らすか、2~3時間前には済ませておくことをおすすめします。

 

車内の空調を快適にしておく

犬をドライブに連れて行くとき、気をつけたいのが「車内の空気」です。犬は嗅覚が敏感なので、強い芳香剤やタバコの臭いをとても不快に感じます。

乗車してからも「タバコを吸う」「臭いの強い食べ物を食べる」などは、極力控えてあげてくださいね。

犬が暑すぎてストレスを感じることがないよう、室内の温度管理にも注意してくださいね。

ミントの香りやジンジャーの香りは車酔い対策として効果があるといわれているので、アロマなどを嗅がせると症状が落ち着くこともありますよ。

 

車酔いの薬は飲ませても良い?

薬

車に慣れないうちから長時間のドライブを避けられない場合は、あらかじめ獣医に相談し処方された酔い止め薬を飲ませることもできます。

成分は人間用の酔い止め薬と変わりませんが、必要な分量の個体差もあるので飼い主の判断での服用はしないでくださいね。

最近は効き目の良い犬専用の嘔吐の薬が認可されており、1日1回の投与で車酔い防止に効果がありますよ。

もし「薬の副作用が気になる」「病院に行く時間がない」という場合には、犬の車酔い対策用サプリメントから試してみることもおすすめです。

飲ませやすいシロップタイプの車酔い対策サプリメントが販売されていますよ。

 

犬の車酔いは慣れてくることで改善される

犬 ドライブ
少しずつ犬を車に慣れさせることで、車酔いは改善できます。長距離の移動ができれば、愛犬との楽しいドライブや旅行が待っていますよ。

犬に負担がかからないように事前の予防策をしっかり行うとともに、ドライブ先で犬にたくさん楽しい思い出を作ってあげてくださいね。